新着記事

【第89回人形町らくだ亭】4月16日開催/中止およびチケット払い戻しのご案内

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

【ビジネスの極意】伝説のロックバンド「クイーン」に学ぶビジネスの基本

ほたるいかと菜の花のアーリオオーリオ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】プリプリ&旨味凝縮! 春の味覚ほたるいかを使ったレシピ2品

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

文/後藤雅洋

何ごともその歴史を知っていると「なるほど、そういうことだったのか」と理解が早まります。私もジャズの歴史を学んだことで、ジャズの聴きどころがたいへん掴みやすくなりました。

ジャズの歴史はジャズ・スタイル変遷の歴史であり、つまりは「音の歴史」です。その「変遷」の要所要所には、ルイ・アームストロング(トランペット、ヴォーカル)をはじめ、デューク・エリントン(ピアノ)やらチャーリー・パーカー(アルト・サックス)といった、私たちがその名をよく知るジャズマンが姿を現します。そしてレコード(現在ではCDですが)のおかげで、今でも彼らの演奏を聴くことができるのです。

彼らの演奏はたしかに昔のものですが、その中には、快適なリズムやアンサンブルの魅力、そしてジャズ特有の個性的な表現法など、今私たちが“ジャズ”と呼んで楽しんでいる音楽の重要なエッセンスが間違いなく凝縮されているのです。

そしてそれらのエッセンスこそが、ジャズをほかの音楽ジャンルと区別する重要なポイントであり、また、ジャズの“聴きどころ”でもあるのです。つまりジャズ史はけっして「お勉強」ではなく、ジャズの魅力を知る近道でもあり、また、ジャズの聴きどころを探る重要な手がかりを提供してくれるのです。

ですから私は、ジャズの歴史を「音の歴史」として解説しようと思います。つまり、演奏が面白くなかったり、次の世代のジャズマンに影響を与えていないようなミュージシャンについては思いきって省略し、ザックリと現代に連なる、ジャズの大きな流れを紹介していこうと思います。

細部に関心をもたれた方は、あらためて専門書をお読みになってください。現在最良のジャズ通史として、故油井正一先生の名著『ジャズの歴史物語』(アルテスパブリッシング)をお薦めしておきます。

ジャズの歴史は時代による演奏形態の変化の記述でもあるので、ジャズ史を知っていると、マニアが口にするさまざまなジャズ・スタイル、たとえば“ニューオルリンズ・ジャズ” “スイング” “ビ・バップ” “モダン・ジャズ”といった、ちょっと難解な用語の中身がスッキリと時代順に整理され、どういうふうにジャズの形が変わってきたのかということも頭に入りやすくなります。

歴史はさまざまな要因が複雑に絡み合って動いていくものですが、ジャズの場合はそれが特定のミュージシャンの活動に集約される傾向があります。ということはジャズ史早わかりのコツは、キーパーソンとなるジャズマンの動きを追っていけばよいということになります。

■ジャズの歴史は変化の連続

ジャズ史の1回目は、ジャズの始まりといわれた“ニューオルリンズ・ジャズ”から、ジャズがアメリカを代表する大衆音楽として一世を風靡した“スイング時代”までをわかりやすくご説明いたします。

今号のキーパーソンは、今に連なるジャズの基本形を作ったルイ・アームストロング、それぞれ持ち味の異なるデューク・エリントンとカウント・ベイシー(ピアノ)の2大ビッグ・バンド、そしてジャズを白人社会にも広めた功労者ベニー・グッドマン(クラリネット)です。

ジャズの歴史はジャズマンの歴史だとお話ししましたが、それはジャズがジャズとして形を現してからのことで、その発祥の実態はじつはよくわかっていません。というのも、奴隷として差別されていたアフリカン・アメリカンの音楽など、昔のアメリカ人はまったく関心を示さず、はっきりとした記録が残っていないのです。

ですから、今のところ定説とされているのは「19世紀末にアメリカ南部の港湾都市、ニューオルリンズで自然発生した黒人音楽」といったごく大ざっぱな事実だけなのです。しかし私たちジャズ・ファンはこれだけ知っていれば充分でしょう。

ポイントはふたつです。まず黒人音楽であるということ。現在ではアメリカ白人だけでなく、日本人も含めた世界じゅうの人々によって演奏され親しまれているジャズのルーツは、アメリカの黒人音楽であるという重要な事実です。

また、多くの無名黒人ミュージシャンたちによって少しずつ形作られてきたジャズは、あらかじめ決められたルールなどなかったので、できあがった音楽を「後から」“ジャズ”と名付けました。ですからジャズの定義といわれるものも、すべて「後付け」で、「こういうふうにやらなければジャズじゃない」というような決まりは、じつはほとんどないといってもよいのです。

その結果、ジャズは時代によって大きくスタイルを変えてきました。100年以上も昔に誕生した“ニューオルリンズ・ジャズ”と、現在世界じゅうで演奏されている最新のジャズは、「同じジャンルの音楽」とは思えないほど姿かたちを変えていますが、それでも同じ“ジャズ”と呼ばれています。これは考えてみれば不思議なことです。

しかしジャズの歴史を丁寧に辿っていくと、「なるほど」とおわかりになることでしょう。あらかじめ答えを用意すれば、そこには明らかな「連続性」を聴き取ることができるからです。自然発生的に誕生したジャズがしだいに姿かたちを整え、多くのジャズ・ミュージシャンたちによって演奏されるうちに、それは紛れもない黒人文化、伝統となっていきました。

しかしここからが面白いのですが、ジャズではその伝統がつねに革新されてきたのです。

そして途中からは、ベニー・グッドマンのような白人ミュージシャンたちもこの音楽に魅了され、「改革」に少しずつ参画していくのです。そしてその結果として、初めてジャズがアメリカを代表する大衆音楽たりえることともなったのです。

文/後藤雅洋(ごとう・まさひろ )
1947年、東京生まれ。67年に東京・四谷にジャズ喫茶『いーぐる』を開店。店主として店に立ち続ける一方、ジャズ評論家として著作、講演など幅広く活動。

>>「隔週刊CDつきジャズ耳養成マガジン JAZZ100年」のページを見る

ワルツ・フォー・デビイ〜ジャズに親しむにはピアノ・トリオから

マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜なぜトランペットは「ジャズっぽい音」か

朝日のようにさわやかに〜ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり

チュニジアの夜〜テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由

センチメンタル・ジャーニー〜アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは

イパネマの娘〜ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは

奇妙な果実〜ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?

シング、シング、シング〜南部で生まれた黒人音楽の影響

グルーヴィン・ハイ〜ジャズを変えたビ・バップ革命

木の葉の子守唄〜映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”

クール・ストラッティン〜モダン・ジャズの完成形

死刑台のエレベーター ~ ジャズの〝新しい波〟

ストレート、ノー・チェイサー ~ ミュージカルや映画から名曲を借りる

ザ・サイドワインダー ~新しい波を起こした「ファンキー・ジャズ」

処女航海 ~ アドリブ手法を転換させた「モード・ジャズ」

ファイヤー・ワルツ 〜 ジャズの魅力は〝ライヴ〟にあり

ブルース・マーチ ~名演の陰に名ドラマーあり

ジャンゴ ~ エレクトリック・ギターの出現

スイート・ジョージア・ブラウン ~楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める

リメンバー ~「B級」にこそジャズが匂い立つ

ラウンド・ミッドナイト ~個性のぶつかり合いから生まれるジャズ

フル・ハウス ~ジャズとブルースは兄弟として育った

ジャンピン・アット・ウッドサイド ~サウンドのビッグ・バンドと即興のコンボ

ア・デイ・イン・ザ・ライフ ~ミュージシャンとプロデューサーの役割分担

ヌアージュ ~ジャズが芸術音楽になるとき

この素晴らしき世界 ~男性ヴォーカルがわかれば「ジャズ耳」は完成

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。 ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャ…
  2. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年 ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジ…
  3. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日 あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 …
  4. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』 名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く…
  5. 今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方(後編)
PAGE TOP