新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  住まいについての記事一覧

  1. 「2020年の東京オリンピックの時人気が出ていそうな街ランキング」発表!|新築マンション価格もこの6年で大幅に上昇!  

    2020年の東京オリンピックの時人気が出ていそうな街ランキング|新築マンションは6年で最大6000万円も上昇!

         

    2020年のオリンピックを控え、株式会社リクルート住まいカンパニーが、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象に「2020年の東京オリンピックの時人気が出ていそうな街ランキング」を集計しました。人気の街を新築…

  2. 【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合  

    【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

         

    取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】  

    親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

         

    取材・文/坂口鈴香中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハ…

  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】  

    親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

         

    取材・文/坂口鈴香政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレン…

  5. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。  

    老人ホームを夢のある住まいに変える。グッドタイム リビングの森川社長の信念がつくりだした「グッドタイム リビング」[PR]

         

    「『老人ホーム』とか『施設』とかいう言葉、使いたくないですよね。楽しいところではなく、仕方な…

  6.  

    60代で京都に住みかえ!絶好の立地で京文化にふれる日々を謳歌する|ライフハウス京都醒ヶ井[PR]

         

    京都駅から北へ約2㎞。大路・堀川通を東に一筋入ると、古い町並みが残る醒ヶ井通がある。この2つの通りに…

  7.  

    空の広がりを感じながら三世代が気持ちよく過ごす家|積水ハウスの重量鉄骨3・4階建て『ビエナ』[PR]

         

    「自分も両親、祖父母、曾祖母とともに四世代で暮らしていたので、二人の子供たちも祖父母と過ごす…

  8.  

    カタログギフト1万円相当が当たる!サライ4月号「住宅特集」アンケート

         

    『サライ』2019年4月号(3月9日発売号)の「住宅特集 時代を超えていまに生きる住まいと暮らし」に…

  9.  

    サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家には書斎がありますか?

         

    自宅に自分の「書斎」を持つことは、男にとってのひとつの憧れであろう。でも住宅環境や家庭環境と…

  10.  

    カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アンケート

         

    『サライ』2018年11月号(10月9日発売号)の「住宅特集 時を経てなお現代に生きる住まいの在り方…

  11.  

    積水ハウスの重量鉄骨3・4階建て『ビエナ』で空を感じる暮らしを[PR]

         

    3・4階建てでかなえる空を感じる暮らし――積水ハウスの重量鉄骨3・4階建て『ビエナ』都心…

  12.  

    今の家を賢く住み継ぐ強い味方|大和ハウスの相談窓口『リブネス』[PR]

         

    空き家の未来を変える住み継ぐための賢い選択――大和ハウスグループの暮らし方提案窓口『リブネス…

  13.  

    美食の都リマのトップレストラン3店| 世界のフーディーズが絶賛するペルー料理の魅力

         

    文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)今、ペルー料理の躍進が止まらない。…

  14.  

    老人ホーム、グループホーム、サ高住…一番食事がおいしいのはどこ?

         

    取材・文/坂口鈴香「食事がおいしいこと」――終の棲家選びにおいては、重要なポイントだ…

  15.  

    「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

         

    写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

  16.  

    東北の古都、弘前市に今も残るロマンあふれる洋館8棟

         

    取材・文/鈴木拓也江戸時代に津軽藩の城下町として栄えた弘前。明治時代に入って、外国人教育者や…

  17.  

    入居契約前にしっかり確認!失敗しない「サ高住」の見極めポイント

         

    取材・文/坂口鈴香前回の記事で解説したように、サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高…

  18.  

    サ高住ってどんな住まい?今さら聞けない「サ高住」の基礎知識

         

    取材・文/坂口鈴香「サービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住・さこうじゅう)」という…

  19.  

    複雑でわかりにくい「介護付き有料老人ホーム」料金の仕組み基礎知識

         

    取材・文/坂口鈴香老後の住まいを考えるとき、先立つのはお金だ。どんなに気に入っても、…

  20.  

    【老後を自宅で過ごしたいなら】「地域包括支援センター」知っておきたい基本のき

         

    取材・文/坂口鈴香前回は有料老人ホームやサ高住など、自宅以外の老後の住まいについて解説し…

  21.  

    有料老人ホームとサ高住の違いは?「老後の住まい」7種類の違いまとめ

         

    取材・文/坂口鈴香いずれ自分に介護が必要になっても、できれば自宅で過ごしたいと考えて…

  22.  

    藤田記念庭園|東北有数の広壮なる庭園付き大邸宅【古き佳き日本の住まい 第5回】

         

    写真・文/石津祐介西洋文化を取り入れてきた青森県・弘前(ひろさき)には、明治から大正期にかけ…

  23.  

    佐原の街並み|江戸の情緒が残る利根川沿いの水郷の町【日本の古い街並み紀行 第1回】

         

    写真・文/石津祐介千葉県の北東部に位置する佐原。江戸時代には水運で栄え、「お江戸見たけりゃ佐…

  24.  

    旧遠山家住宅|日興証券の創立者が最愛の母を思って建てた農家風の大邸宅【古き佳き日本の住まい 第4回】

         

    写真・文/石津祐介埼玉県の中央部に位置する比企郡川島町。のどかな田園地帯に建つ「旧遠山家住宅…

  25.  

    背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例04】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  26.  

    先達の事例に学ぶ、夢のある「終の棲家」の作り方【定年本イッキ読み13】

         

    文/印南敦史歳を重ねていくにつれ、とりわけ定年というタイミングが近づいてくると、少なからず「…

  27.  

    TOTO『サザナ』|手入れしやすさと高級感を合わせ持つ水回り[PR]

         

    使い勝手のよい水まわりは快適な暮らしに欠かせない要素のひとつ。掃除の負担を減らす手入れのしやすさに加…

  28.  

    趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例03】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  29.  

    市島邸|明治初期の風を残す北越屈指の豪農の邸宅【古き佳き日本の住まい 第3回】

         

    写真・文/石津祐介新潟県新発田市にある市島邸は、江戸時代に干拓事業を中心とした新田開発や薬種…

  30.  

    アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住まい04】

         

    千葉県松戸市のHさんは、築20年が経過した家のあちこちに傷みが出てきていることを気にかけてい…

PAGE TOP