新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ「MJQ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道17】

文/池上信次

第17回モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?

ビートルズ、クイーン、ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ポリス、ビーチ・ボーイズ(昔のバンドばかりですが……)などなど、ロックやポップスではグループには必ず固有の名前がありました。一方、ジャズはといえば?

古くは1917年の「世界初のジャズのレコーディング」で知られるオリジナル・ディキシーランド・ジャス(ジャズ)・バンド、20年代にはルイ・アームストロング率いるホット・ファイヴやホット・セヴンがグループ名としては知られるところですが、ほかにはなかなか名前が出てきませんね。ジャズは「グループの音楽」にもかかわらず、グループ名のほとんどが「個人名+編成」です。たとえばチャーリー・パーカー・クインテットだったり、バド・パウエル・トリオ、デューク・エリントン・オーケストラなど、編成の大小に関係なく同様です。

この理由は、そもそもジャズにおいては固定メンバーで演奏するという考えがなかったから。というか、固定メンバーで演奏しなくても成立するのがジャズの大きな特徴なのですね。言い換えれば、リーダー個人の個性を表現するのがジャズであり、ライヴでもレコーディングでもその場限りの「リーダー+(非固定)バック・バンド」でよかったわけです。そして、これでは名前の付けようもありませんので「誰それがリーダーのグループ」と呼称したのです。もちろんメンバーを固定しているグループもありますが、それでも「誰それがリーダーのグループ」でした。たとえば60年代まではマイルス・デイヴィスのバンドは、つねに「マイルス・デイヴィス・クインテット」でしたし、ジョン・コルトレーンは「ジョン・コルトレーン・カルテット」でした。いずれも全盛期は「黄金の」とアタマにつけられて紹介されるほどの優れた固定メンバーで知られていたにもかかわらず、です。

大編成でバンド・メンバーを固定していた、デューク・エリントン・オーケストラとカウント・ベイシー・オーケストラ

大編成でバンド・メンバーを固定していたのは、メンバーの個性に合わせて曲を書いたデューク・エリントン・オーケストラと、メンバーの個性を自由に発揮させたカウント・ベイシー・オーケストラくらいでしょう。エリントンやベイシーのオーケストラでは、メンバーが一部変われば如実にサウンドが変わりましたが、たとえばベニー・グッドマンやグレン・ミラーのオーケストラではサウンドは変わりませんでした。しかし、それも含めてエリントン、グッドマンらバンドリーダー個人の特徴・個性になっているわけです。ジャズは、編成が「グループの音楽」でありながら、ビッグ・バンドであっても突き詰めれば「個人の音楽」なのですね。

逆にいえば、ロックやポップスのグループは「グループとしての個性」こそが売りであるということですね。ポップスやロックはグループが一人格なので、名前が必要なのです。ビートルズはあの4人が作った音楽です。先に挙げたなかではディープ・パープルはメンバー・チェンジしながら現在も活動していますが、昔に確立された「ディープ・パープル」を律儀に継承していますよね。

グループの個性で新風を巻き起こした「モダン・ジャズ・カルテット」

さて、その「個人」全盛のモダン・ジャズの時代に、「グループの個性」で新風を巻き起こしたのが「MJQ」こと「モダン・ジャズ・カルテット」です。彼らはモダン・ジャズに「グループならではの表現」を意識的に取り入れた最初のグループといえるでしょう(同時代の「ジャズ・メッセンジャーズ」も有名ですが、こちらはアタマに「アート・ブレイキー・アンド」と付くようにブレイキーのグループといえます)。

『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』

『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』

ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、ケニー・クラーク(ドラムス)によるこのカルテットは、1952年にレコーディング・デビューしました。この音源はのちにLP化された際には、わざと略称が同じMJQであるミルト・ジャクソン・クインテットの音源と一緒に収録してその特徴を明確に示しました(1)。

MJQの特徴は、小編成なのに「緻密なアレンジとアンサンブル」と、「クラシック音楽要素の取り込み」です。いわば、ジャズ版室内楽といったところ。音楽監督であるジョン・ルイスはドラムスのフレーズまで譜面に書き込んでいたといいます。また対位法などクラシックの編曲手法が随所に登場します。ビ・バップに始まる、「現場でアレンジ、アドリブがすべて」というモダン・ジャズの流れとは逆をいくコンセプト。にもかかわらず、グループ名は「モダン・ジャズ」ですから、これは大きな挑戦と挑発だったのかもしれません。

この「クラシック路線」はジョン・ルイスの主導によるものですが、ルイスがリーダーではありません。またルイスが他のメンバーと組んだとしてもMJQのサウンドは生まれなかったでしょう。フロントに立つソロイストが、ブルース・フィーリングを身上とするミルト・ジャクソンだったからこそ「ジャズ」に軸足を置くことができ、そこから「ルイスのグループ」ではなく、「MJQの個性」が生まれたのです。また、クラシック路線を明確にするためか、グループはいつしかタキシードがユニフォームとなり、これも「グループ感」を強く印象づけました。

55年にドラムスのケニー・クラークがヨーロッパに移住することになり、コニー・ケイに替わりますが、以来74年の一時解散までMJQは不動のメンバーで確固としたグループ・サウンドを表現しつづけました。MJQに類似するスタイルのグループは当時も現在もなく、MJQはまさに孤高の存在となりました。

なお、ジャズは70年代にフュージョンの時代が到来します。そのシーンを賑わせたのは、ウェザー・リポート、リターン・トゥ・フォーエヴァー、マハヴィシュヌ・オーケストラ、ヘッドハンターズといった「グループ」たち。モダン・ジャズの時代には異端であった「グループ・サウンド」は、ジャズの時代を動かす主流となっていったのでした。

【モダン・ジャズ・カルテットの代表的アルバム】
(1)『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』(プレスティッジ)
『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』

『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』

演奏:ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、ケニー・クラーク(ドラムス)[B面のミルト・ジャクソン・クインテットはデータ割愛]
録音:1952年12月22日

モダン・ジャズ・カルテットの正式初録音収録。同じ「MJQ」であるミルト・ジャクソン・クインテットをLPのB面に収録しているところがミソ。ジャクソン個人のプレイの違いから、グループ・サウンドがより明確に聴こえてきます。なお、サヴォイ・レーベルに、この4人が参加した1951年録音の『モダン・ジャズ・カルテット』というアルバムがありますが、これは当初『ザ・カルテット』としてリリースされたものがのちにタイトル変更されたもの。グループ・サウンドはまだ確立されていません。

(2)モダン・ジャズ・カルテット『ジャンゴ』(プレスティッジ)
モダン・ジャズ・カルテット『ジャンゴ』

モダン・ジャズ・カルテット『ジャンゴ』

演奏:ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、ケニー・クラーク(ドラムス)
録音:1953〜55年

ケニー・クラーク在籍時、初代メンバーによる演奏をまとめたアルバム。クラシック的アレンジが随所に登場し、MJQは結成最初期からグループとしての明確な個性をもっていることがわかります。タイトルの『ジャンゴ』は、ベルギーのギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトのことで、53年の彼の死去に際してルイスが書いた曲。ルイスの視線はヨーロッパに向いていたのです。

(3)モダン・ジャズ・カルテット『コンコルド』(プレスティッジ)
モダン・ジャズ・カルテット『コンコルド』

モダン・ジャズ・カルテット『コンコルド』

演奏:ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、コニー・ケイ(ドラムス)
録音:1955年7月2日

ここからドラムスがコニー・ケイに替わりますが、路線はまったく変わらないどころか、ますます強固なコンセプトを主張していきます。『コンコルド』はパリのコンコルド広場のこと。クラシックへの傾倒はますます深くなり、バロック調のイントロから始まる「朝日のようにさわやかに」は、MJQらしさが横溢する、グループを代表する名演で、この後は看板曲として長くレパートリーとなりました。

(4)モダン・ジャズ・カルテット&スウィングル・シンガーズ『ヴァンドーム広場』(フィリップス)
モダン・ジャズ・カルテット&スイングル・シンガーズ『ヴァンドーム広場』

モダン・ジャズ・カルテット&スイングル・シンガーズ『ヴァンドーム広場』

演奏:ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、コニー・ケイ(ドラムス)、スイングル・シンガーズ
録音:1966年9月27日、10月30日

スウィングル・シンガーズは、当時フランスで活動していた8人編成のコーラス・グループ。クラシック楽曲をジャジーなコーラスで「ダバダバ」歌うのが特徴なので、MJQとの相性は抜群。MJQはついにパリに飛びました。ここではルイスのオリジナルのほか、「G線上のアリア」などクラシック楽曲も演奏しています。

(5)モダン・ジャズ・カルテット『ラスト・コンサート』(アトランティック)

演奏:ミルト・ジャクソン(ヴァイブラフォン)、ジョン・ルイス(ピアノ)、パーシー・ヒース(ベース)、コニー・ケイ(ドラムス)
録音:1974年11月25日

74年にジャクソンはグループ脱退を宣言します。でもこの4人でなければこのサウンドは出せないということで、メンバー・チェンジはせずにグループは解散しました。これはそのラスト・コンサートのライヴ・アルバム。しかし81年にはジャクソンが戻ってグループは再結成を果たし、95年にケイが死去するまで同じメンバー、同じ路線で活動を続けました。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日 「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入…
  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。 ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いてい…
  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。 なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイ…
  4. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT) なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャ…
  5. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』 テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの…
PAGE TOP