新着記事

『腰がいつも痛い、重い…』の原因は“骨盤の骨ぎわの癒着”かも!?慢性腰痛を改善する筋膜リリース【川口陽海の腰痛改善教室 第31回】

「腰がいつも痛い、重い…」の原因は“骨盤の骨ぎわの癒着”かも!? 慢性腰痛を改善する筋膜リリース【川口陽海の腰痛改善教室 第31回】

文/川口陽海■腰がいつも痛い、重い…。■マッサージやストレッチをまめにしているのに腰…

脳を活性化させて若返らせる画期的な方法|『脳が若返る15の習慣』

人の名前が出てこなくなったら、始めたほうがいい!? 脳を活性化させて若返らせる習慣

文/印南敦史「このところ、物忘れがひどくなった気がする」「人の名前をすぐに思い出せない」…

1位:銀の鈴サンドパンケーキモンブラン [コロンバン/グランスタ] 1個 297円

年末年始の帰省に喜ばれる!「東京駅冬のお土産人気ランキング2019」ベスト10

今年の冬も新商品や冬季限定商品がずらりと並ぶ東京駅。数あるお土産ラインアップの中から、もらったら…

Google マップの超基本的な使い方【スマホ基本のき 第8回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ…

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

「アメリカ英語」の生みの親は誰? 米語辞典から学ぶ新しい英語(4)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編33】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

「老後の生活や年金」「台風・豪雨・洪水」「あおり運転」|令和元年、日本人の不安1位は?

高齢化や核家族化、ネット環境や情報機器の発達、地震や豪雨などの自然災害の多発など、社会のあり方や世相…

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

【ビジネスの極意】なぜ社員が失敗を素直に報告できない会社は成果がでないのか?

仕事の成果を得るにはチームのメンバーが鍵を握っている。優秀なメンバーが集まれば、それだけで成…

アゴをリラックスさせて魅力的な声に

顎をリラックスさせて魅力的な声に!|よく響く落ち着いた声で話す方法

文/藤原邦康艶やかで若い声を保つためには喉のコンディションを整えることが大切です。私…

MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。

“イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲学を巡る風景〜[PR]

130万人以上の動員を記録した第46回東京モーターショー2019も終了し、クルマロス!? になってい…

仕事ができる男=気遣いができる男!? “できる男”に共通する特徴とは?

みなさんの周りにも仕事ができる、かっこいい上司や同僚がいると思います。そういった“できる男”…

ピックアップ記事

  1. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  2. 鴨鍋
  3. 宝塚歌劇

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行半島をゆく

  1. 中浦ジュリアン  

    フロイスとジュリアン、長崎県西海市内で見たふたつの像【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編2】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイをお届けします。文・画/北村さゆり長崎県西海市内でふたつの像を見た。横瀬浦公園では、ルイスフロイス像。もうひ…

  2. (スケッチと実写の八の子島) 船上から見た八の子島。山頂の十字架が往時の雰囲気を醸し出す。  

    佐世保湾に浮かぶ十字架を頂いた神秘の小島をスケッチ【半島をゆく 西彼杵・島原半島 特別編1】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  3. 本丸跡にたつ天草四郎像。  

    天草・島原のキリシタン一揆はなぜ原古城に籠もったのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  4. 横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。  

    なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  5. イエズス会の巡察使として来日したヴァリニャーノ(南島原市口之津公園にある銅像)  

    「バテレン追放」|日本の植民地化危機を救った秀吉の決断【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  6.  

    キリシタンのまほろば|佐世保湾歴史クルージング【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵半島】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  7. 鶴岡八幡宮のスケッチ(「鶴岡八幡宮」完成画は「サライ」1月号に掲載されています)  

    日曜の鶴岡八幡宮で甲冑姿の人々をスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  8. 名越切通②  

    武家の古都・鎌倉で海と切通しをスケッチ【半島をゆく 三浦半島編 特別編】

         

    『サライ』本誌連載「半島をゆく」の装画を担当している日本画家・北村さゆりさんによる、取材同行エッセイ…

  9. 武士の都 鎌倉を象徴する鶴岡八幡宮  

    中世武士の聖都「鎌倉」の地形に隠された意味とは【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  10.  

    幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  11.  

    東京湾を守る旧日本軍の要塞跡地「千代ケ崎砲台跡」をスケッチ【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり私は、『サライ』で連載中の「半島をゆく」で風景を描いている。昨年9月号の国…

  12.  

    東京湾岸に築かれた「近代要塞」砲台跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  13.  

    人気のパワースポット三浦半島・走水神社から東京湾を望む【半島をゆく 特別編】

         

    文・画/北村さゆり「古代東海道」というものがあったことを、私は『サライ』誌の連載「半…

  14.  

    ニッポンの近代造船のゆりかご浦賀造船所跡を訪ねる【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  15.  

    ならぬことはならぬもの!会津人の心意気「什の教え」と斗南藩【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  16.  

    ああ斗南藩終焉す!突然の廃藩置県は何故起きたか?【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  17.  

    平将門ら坂東武士団が勃興した古代国家北辺の地【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  18.  

    紀伊半島と房総半島との意外な歴史的つながりとは?【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  19.  

    房総半島の小国の大名・里見氏はなぜ関東の覇者と渡り合えたのか【半島をゆく 歴史解説編 房総半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  20.  

    ああ悲劇の斗南藩、その苦難の道をゆく【半島をゆく 歴史解説編 下北半島 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  21.  

    周囲わずか1kmの小島から睨みをきかせた村上水軍の謎【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  22.  

    しまなみ海道で村上水軍が跋扈した海原を奔る【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  23.  

    備後「瀬戸内しまなみ海道」に村上海賊の史跡を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 瀬戸内しまなみ海道 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  24.  

    異界の入り口!国東半島「六郷満山」名所ツアー【半島をゆく 歴史解説編 国東半島3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  25.  

    八幡神社の総本山!国東半島「宇佐神宮」を訪ねた【半島をゆく 歴史解説編 国東半島2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  26.  

    宇佐の地方神「八幡神」が“国家神”となった衝撃的な事件とは【半島をゆく《歴史解説編》国東半島編1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  27.  

    【トークイベント】 「本能寺の変」の真相を語り尽す!安部龍太郎さん(歴史作家)×織田信孝さん(織田家現当主)

         

    織田信長の子孫は、今も健在だ。信長の次男・織田信雄の流れが信長の血脈を伝え、江戸時代に出羽天…

  28.  

    落城間近の大阪城から救出!知多半島に残る「ある屏風」に隠された驚くべきメッセージ

         

    慶長20年(1615)の「大坂夏の陣」では、真田信繁(さなだ・のぶしげ)ら豊臣方の武将たちの…

  29.  

    無慈悲な執行に一揆勃発!豊臣秀吉「奥州仕置」衝撃の真相【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】牡鹿半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「半島をゆく」。Webサイトでは本誌と連動した歴…

  30.  

    細川ガラシャ悲劇の序曲!本能寺の変後に丹後で何がおきたのか?【謎解き歴史紀行「半島をゆく」歴史解説編】丹後半島

         

    歴史作家・安部龍太郎氏による『サライ』本誌の好評連載「謎解き歴史紀行~半島をゆく」。「サライ…

PAGE TOP