新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

ついに暑い夏がやって来ました。ショップジャパンが、これから夏本番を迎えるにあたり『夏場のエア…

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』  

    テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

         

    文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」前回に引き続き、ジョージ・ガーシュウィンの名曲をもう1曲。「バット・ノット・フォー・ミー(But Not For Me)」は、第…

  2. 「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】  

    「赤壁の戦い」の虚と実~どこまでが本当なのか?【中国歴史夜話 2】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)三国志のハイライトといえば、「赤壁(せきへき。湖北省)の戦い…

  3. マイ・ソングス/スティング(歌)  

    時代が変わっても、なおもファイティング・ポーズを止めない、真の男の風格|スティング【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1951年英国ニューカッスル生まれの歌手スティングは、今…

  4. 酒田市にある土門拳記念館の前で。XC90の車体色は7色から選べる(写真は漆黒のオニキスブラックメタリック)。全車種が4輪駆動で2輪駆動車はない。  

    ボルボ/XC90|高い静粛性と燃費性能。先進安全装備も充実のディーゼル車種が登場【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 2016年に車づくりを刷新したボルボ。その第1弾となった…

  5. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」  

    【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない。命ある限り、世界の子供たちの写真を撮り続けたい」

         

    【サライ・インタビュー】田沼武能さん(たぬま・たけよし、写真家)――写真家として70年、…

  6. (2)エラ・フィッツジェラルド『エラ・シングス・ガーシュウィン』  

    帝王シナトラと女王エラが、ともに「最初の曲」に選んだ絶品バラード【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道14】

         

    文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(9)「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミ…

  7. フェアレディの衝動買いには慣れた奥様ですが、自宅に運ばれたジャガーを目にした時は、さすがに唖然としたそうです。  

    【私のクルマ遍歴】念願だったローウィンドウの『フェアレディ』を購入! そして、オークションで真っ赤な『ジャガー』と出会う(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  8. 画像はのちに購入したフェアレディ。アメリカで補修用パーツの入手するためのノウハウは、日本に戻ってからも大いに役立っています。  

    【私のクルマ遍歴】はじめて購入したクルマは、エンジンの動かない『フェアレディ2000』!(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  9. シューベルト:フォルテピアノによる 4手連弾作品全集 第1巻エキゾ ティシズムと対位法  

    かつて家庭やサロンで演奏されていた連弾作品の真価をフォルテピアノにて問う【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)18世紀後半、すなわち古典派の始まりから、19世紀全般、…

  10.  

    「日本万国博覧会」「太陽の塔」大阪を通じて「昭和」を思う|『お邪魔しMAXデラックス 底抜けオオサカ観光局』

         

    文/印南敦史タイトルのみならず、表紙のイラストまでが期待度を高めてくれるのが、今回ご紹介…

  11. 蜂・ムカデ・ゴキブリまで⁉ 供養碑に見る日本人の動物愛護  

    命あるものは平等に尊いと考えた日本人| 供養碑に見る動物愛護の軌跡

         

    取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司日本人は世界に類を見ない、動物愛護精神をもった国民…

  12. 『エイプリル・イン・パリ〜チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』  

    数千ヴァージョンが存在するキング・オブ・スタンダード「サマータイム」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道13】

         

    文/池上信次第13回ジャズ・スタンダード必聴名曲(8)「サマータイム」ジョージ・ガー…

  13. 高山親子が居住していたとされる地に立つ「高山右近生誕地の碑」(大阪府豊能町)  

    キリシタン大名の数奇な人生|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【高山右近編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

  14. 「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】  

    「悲恋のヒロイン」ではなかった額田王~謎の女流歌人を追う【にっぽん歴史夜話17】

         

    文/砂原浩太朗(小説家)額田王(ぬかたのおおきみ)の名は、「万葉集」随一の女流歌人と…

  15. ドビュッシー:牧神の午後への 前奏曲  

    アルハンブラのカール5世宮殿での演奏会をDVDとCDで再現【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1971年パリ生まれの指揮者フランソワ=グザヴィエ・ロト…

  16. 1964年を振り返り、2020年に思いを馳せる 東京オリンピックが舞台の小説ランキング  

    1964年を振り返り、2020年に思いを馳せる|東京オリンピックが舞台の小説ランキング

         

    東京2020オリンピックの観戦チケットの抽選結果が発表され、悲喜こもごもでした。見事当選され…

  17.  

    【第85回人形町らくだ亭】8月27日開催「納涼公演」春風亭一朝が『野ざらし』を口演します

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。8月の納涼公…

  18. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』  

    ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

         

    文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

  19. ポストカード  

    ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

         

    『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

  20. 二巻-俺、つしま  

    「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

         

    『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

  21. 応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり  

    出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

         

    写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

  22. 『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会  

    猫との出会い ~窓から入って来た子猫~|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その1】

         

    『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part1 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

  23.  

    過激な音の乱舞!作曲家・西村朗の幻覚的で魔訶不思議な音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)日本のみならずアジア全域における伝統文化、宗教、美術など…

  24. サンドウィッチマン  

    サンドウィッチマンの好きなところランキング|1位は「ネタの面白さ」

         

    好感度ナンバーワンのお笑いコンビ、サンドウィッチマンの2人(伊達みきお、富澤たけし)。東京2020聖…

  25. 『あなたへ』  

    降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

         

    文・絵/牧野良幸今回は5月に惜しくも亡くなった降旗康男(ふるはた・やすお)監督の作品…

  26. スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】  

    ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

         

    文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

  27.  

    マックス・リヒターの音楽|暴力に傷ついた人々への悲しみの治療行為【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)もっとも重要な音楽的出来事は、常にジャンルの境界線上で起…

  28. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。  

    ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポーティなエコカー【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) F1などの競技で培かった技術を活かした高性能な車づくりに…

  29. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』  

    「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』がジャズ・スタンダードになるまで【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道10】

         

    文/池上信次第10回ジャズ・スタンダード必聴名曲(6)「いつか王子様が(Someday My P…

  30. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」  

    【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとしたら、死んだときです。100歳までサックスを吹き続けていたい」

         

    【サライ・インタビュー】坂田 明さん(さかた・あきら、ミュージシャン)――半世紀を超える…

PAGE TOP