新着記事

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

取材・文/池田充枝死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞…

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1. お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。  

    【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバイ。ここでは自動車やオートバイを溺愛することで歩んだ、彩りある軌跡をご紹介します。2人のお子さんが大きくなり、また足腰の弱っ…

  2. 茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。  

    【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

  3. アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)  

    明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

         

    幕末の日本でいち早く近代化を推進した小栗上野介忠順は、「徳川近代」を象徴する幕臣である。その小栗が維…

  4. マーラー:交響曲第6番イ短調《悲劇的》  

    クラシック界最注目の風雲児クルレンツィス渾身の「マラ6」に聴く”闇の力”【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ギリシャ出身で西シベリアのペルミを本拠に活躍する指揮者テ…

  5. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。  

    【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「駅弁のお陰で家族を食わせられましたけんね。駅弁には感謝しかないです」

         

    【サライ・インタビュー】菖蒲豊實さん(しょうぶ・とよみ、「人吉駅弁やまぐち」販売員)――…

  6. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)  

    クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

         

    第6回ジャズ・スタンダード必聴名曲(3)「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」…

  7.  

    【第84回人形町らくだ亭】6月26日開催/柳家さん喬が『船徳』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。6月公演では…

  8. ジョン・スコフィールド  

    ジャズ界の最前線で活躍し続けるギタリスト、ジョン・スコフィールド|炸裂するパワーと円熟味のある演奏は、聴衆の心をわしづかみにする!

         

    文/堀けいこ学生時代にギターをやっていた人は? サライ世代にこんな質問をしたら、きっと、あち…

  9. 好きな香取慎吾の主演ドラマランキング|1位は「人にやさしく」  

    好きな香取慎吾の主演ドラマランキング|1位は「人にやさしく」

         

    6月公開予定の映画『凪待ち』で主演を務めることでも話題を集めている香取慎吾。株式会社CMサイ…

  10. ブルック家に伝来する写真。左から勝海舟、赤松大三郎、小野友五郎。いずれも咸臨丸に乗船していた(G・Mブルック4世蔵)  

    咸臨丸の太平洋横断を「わが偉業」にしてしまった勝海舟の虚構【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 2】

         

    「歴史は勝者がつくるもの」とは世の理。敗者の歴史は後世顧みられることもなく、闇に埋もれてしまうことも…

  11.  

    ドビュッシー最晩年の傑作群を1枚に収録!没後100年企画の決定盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)昨年2018年は、フランス近代を代表する作曲家クロード・…

  12. 好きな稲垣吾郎の主演ドラマランキング|1位は「金田一耕助」  

    好きな稲垣吾郎の主演ドラマランキング|1位は「金田一耕助シリーズ」

         

    最近では洗髪剤のCMでも話題の稲垣吾郎。株式会社CMサイトのランキングサイト「ランキングー!…

  13. 5ドアハッチバックの小型車、リーフe イープラス+。車体と屋根の色が塗り分けられているのは特別塗装色で6種類から選べる。  

    日産リーフ|国産EVの草分け的存在、発売から9年を経て進化【石川真禧照の名車を利く】

         

    文/石川真禧照(自動車生活探険家) 昨今、世界中の自動車メーカーが電気自動車(EV)の開発に…

  14. 好きな草なぎ剛の主演ドラマ ランキング|1位は「僕の生きる道」  

    好きな草彅剛の主演ドラマ ランキング|1位は「僕の生きる道」

         

    役者として活躍中の草彅剛。2019年5月4日(土)から6月1日(土)に上映される舞台『家族のはな…

  15. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』  

    小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』

         

    文/印南敦史新元号の「令和」が発表されたことで、その出典元である「万葉集」が改めて注目さ…

  16. ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)|「アドリブ」とは何か【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】  

    ジャズの「アドリブ」とは何か?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道5】

         

    文/池上信次第5回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(3)~「アドリブ」とは何か…

  17.  

    中西進さんと万葉の大和路を歩く3|阿騎野(奈良県宇陀市)

         

    ※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当…

  18. 浦賀・燈明堂付近から黒船が停泊した地点を望む。激動の時代はここから始まった。  

    明治新政府が無かったことにした「徳川近代」とは何か?【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 1】

         

    「徳川近代」――。何やら聞きなれないフレーズを打ち出した本(『消された徳川近代 明治日本の欺瞞』)が…

  19.  

    マリー・アントワネットの音楽教師バルバトルの知られざる作品集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ひとつの時代が終わろうとするとき、文化は爛熟に達し、もっ…

  20.  

    巨匠・小津安二郎の映画音楽をピアノで聴く愉しみ『東京物語~斎藤高順ピアノ曲集』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)小津安二郎の映画といえば世界的にも評価の高い傑作揃いとし…

  21. 『心を整えルー―ティーが教えてくれた人生で大切なこと』  

    ルー大柴が説く、奥深いティー(茶)道の世界|『心を整えルー──ティーが教えてくれた人生で大切なこと』

         

    文/印南敦史タレントのルー大柴といえば、すぐに思い出すのは日本語と英語を“トゥギャザー”…

  22.  

    中西進さんと万葉の大和路を歩く2|吉野(奈良県吉野町)

         

    ※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当…

  23. 「スタンダード」という「共通言語」  

    スタンダード曲はジャズマンの共通言語である【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道4】

         

    文/池上信次第4回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(2)~「スタンダード」という「共…

  24.  

    中西進さんと万葉の大和路を歩く1|飛鳥(奈良県明日香村周辺)

         

    ※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当…

  25. コミック雑誌なんかいらない!  

    人も社会もパワーがあった80年代と内田裕也の存在感『コミック雑誌なんかいらない!』【面白すぎる日本映画 第30回】

         

    文・絵/牧野良幸昨年、女優の樹木希林さんが亡くなり、ここで取り上げたばかりなのに、今…

  26. 読むだけで銭湯に行きたくなる銭湯内部のイラストが満載|『銭湯図解』  

    読むだけで行きたくなる「銭湯俯瞰図」全24軒|『銭湯図解』

         

    文/鈴木拓也戦後の一時期にピークを迎えた銭湯は減少の一途を辿っているが、最近になって多方…

  27. 立杭陶の郷  

    【陶磁器の街を訪ねて】日本六古窯のひとつ、丹波立杭でうつわ巡り|見る・体験する・楽しむが全て揃う「立杭陶の郷」

         

    写真・文/矢崎海里日本六古窯、というのをご存じですか?越前、常滑、瀬戸、備前、信…

  28. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura  

    クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

         

    文/堀けいこいつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな…

  29. カラーリングはアメリカ海軍ブルーエンジェルス機を参考にしたとのこと。シートにまでこだわって仕上げました。  

    【私のクルマ遍歴】三菱『FTO』を手放し、出会ったシボレーの『コルベット』。アメ車の楽しさと、維持することの難しさを知る(後編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

  30. 鳴海さんの愛車は、顔つきやスタイルの愛らしさで評判となったオープンカー。その出会いと物語は【後編】で語ります。  

    【私のクルマ遍歴】「大衆車のボールより、性能の良いガンダムを!」後輩の助言で選んだのはホンダの2代目プレリュード(前編)

         

    取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

PAGE TOP