新着記事

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

30代を過ぎると、10代・20代の頃には無縁だった肌トラブルや悩みが出てきます。何歳になって…

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

■御朱印の次は「御城印」がブームお寺・神社で授与される御朱印を集めるのがブームになって久しいが、…

40代~50代女性1,015人の第二の人生でしたいこととは…?

40代~50代女性1,015人が考える「第二の人生でしたいこと」

40歳を過ぎたあたりから、仕事や育児が落ち着きはじめ「第二の人生」を意識し始める女性も多いという。「…

食事を楽しみ健康寿命を延ばす、舌のエクササイズ

食事を楽しみ健康寿命を延ばす「舌のエクササイズ」

文/藤原邦康残念ながら、今年も東京都内だけでも17人の高齢者が喉に餅を詰まらせて病院に搬送さ…

人情に厚くスジを通した生き方の役『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

人情に厚くスジを通した生き方の役柄が俳優・梅宮辰夫への信望に『仁義なき戦い』【面白すぎる日本映画 第38回】

文・絵/牧野良幸梅宮辰夫さんが昨年の暮れに亡くなった。享年81歳だった。ご冥福をお祈りすると…

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』が選ぶ、“本当に使える”商品発表!

家事代行件数20,854件の『家事のプロ』だからわかる! 本当に買うべき「料理」「掃除」「整理収納」アイテム9選

毎日の家事を少しでも簡単に便利にしたい! シェアリングエコノミーの家事代行マッチングサービス「タ…

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

インフルエンザ薬「ゾフルーザ」に早くも耐性ウイルス問題|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第13回】

新薬「ゾフルーザ」発売後1シーズンで耐性化毎年このシーズンになるとインフルエンザが話題になり…

ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』

ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道40】

文/池上信次前回に続いて「編成で聴くジャズ」、今回はひとり増えた3人編成の「トリオ」です。ジャズ…

タクシー乗車時、運転手と会話する人80.5%

タクシー乗車時、運転手と会話しますか? タクシー利用者のリアルな声

急な要件や体調が悪いときなど、タクシーに助けられたことがある方も多いことでしょう。ミドル…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい人生を楽しむリフォーム

  1.  

    今の家を賢く住み継ぐ強い味方|大和ハウスの相談窓口『リブネス』[PR]

         

    空き家の未来を変える住み継ぐための賢い選択――大和ハウスグループの暮らし方提案窓口『リブネス』定年を迎える、子どもが巣立つ、孫が増えるなど、サライ世代にはさまざまな「暮らし方の変化」が訪れる。そんな変化をきっかけにして、住まいを…

  2.  

    背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例04】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  3.  

    先達の事例に学ぶ、夢のある「終の棲家」の作り方【定年本イッキ読み13】

         

    文/印南敦史歳を重ねていくにつれ、とりわけ定年というタイミングが近づいてくると、少なからず「…

  4.  

    TOTO『サザナ』|手入れしやすさと高級感を合わせ持つ水回り[PR]

         

    使い勝手のよい水まわりは快適な暮らしに欠かせない要素のひとつ。掃除の負担を減らす手入れのしやすさに加…

  5.  

    趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例03】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  6.  

    アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住まい04】

         

    千葉県松戸市のHさんは、築20年が経過した家のあちこちに傷みが出てきていることを気にかけてい…

  7.  

    築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住まい03】

         

    もともと関西でマンション暮らしをしていたOさんご夫婦。住み慣れた環境はそれなりに快適だったが…

  8.  

    絵に隠された驚きの仕掛け!猫とアートが息づく住まい【建築家が語るリノベーション事例】

         

    文/久保田章敬(建築家)8年前にカスタムリフォームしたマンションを購入されたご夫婦。…

  9.  

    生活動線に合った「散らからない家」にする【人生後半を楽しむリフォーム事例02】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  10.  

    家族が気楽に集える!完全分離型の二世帯住宅【建築家が提案する住まいのヒント】

         

    文・写真/嶌陽一郎(建築家)近年では、仕事や子育てが終わってひと段落したあとに二世帯住宅を作…

  11.  

    夫婦と愛犬が伸び伸び暮らせる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例01】 

         

    取材・文/臼井美伸取材協力・監修/水越美枝子人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら…

  12.  

    ちょうどいいサイズの終の棲家【余生を楽しむ住まい02】

         

    神奈川県座間市と町田市のほぼ中間に、その閑静な住宅地はある。日が落ちかけた夕方、雰囲気のいい街灯に照…

  13.  

    ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家【余生を楽しむ住まい01】

         

    自分の趣味を思う存分堪能できる家で暮らしたいという思いは、誰もが抱いているはず。なかでも特に…

  14.  

    都会のマンションで心地よい和の空間を実現するリフォーム3つのポイント

         

    談/岸和郎(建築家)いま都市のマンションで暮らすことを選ぶ高齢者が増えています。…

PAGE TOP