新着記事

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

毎日出勤しても仕事が無い…「社内失業者」にならないために必要なこと

毎日、出勤していても仕事が無いというケースがあります。就労していながらの「社内失業」の実態と…

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

【ビジネスの極意】名門会社を失った、40代で働き盛りだった三代目の失敗から学ぶこと

オーナー社長の後継者は世襲制となっている会社も多いだろう。だが、その社長にリーダーシップがな…

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

生きていく上で欠かせないもののひとつが「お金」です。もちろん、お金がすべてではありませんが、…

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

近年、共働き世帯の増加によりPTA活動が大きな負担となり、PTAの必要性の議論やPTA廃止の…

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

陽光眩しい季節になりました。今年は新型コロナの影響で外出時間は減るかもしれません。それでも日焼けした…

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

文/池上信次「顔合わせ」の2回目です(前回はこちら)。ジャズは、誰とでも共演できるというのが…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

住まい人生を楽しむリフォーム

  1.  

    今の家を賢く住み継ぐ強い味方|大和ハウスの相談窓口『リブネス』[PR]

         

    空き家の未来を変える住み継ぐための賢い選択――大和ハウスグループの暮らし方提案窓口『リブネス』定年を迎える、子どもが巣立つ、孫が増えるなど、サライ世代にはさまざまな「暮らし方の変化」が訪れる。そんな変化をきっかけにして、住まいを…

  2.  

    背筋を伸ばして颯爽と暮らすためにホテルライクな家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例04】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  3.  

    先達の事例に学ぶ、夢のある「終の棲家」の作り方【定年本イッキ読み13】

         

    文/印南敦史歳を重ねていくにつれ、とりわけ定年というタイミングが近づいてくると、少なからず「…

  4.  

    TOTO『サザナ』|手入れしやすさと高級感を合わせ持つ水回り[PR]

         

    使い勝手のよい水まわりは快適な暮らしに欠かせない要素のひとつ。掃除の負担を減らす手入れのしやすさに加…

  5.  

    趣味を楽しめ、いつでも人を呼べる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例03】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  6.  

    アンティークと暮らす家の白いアイランドキッチン【余生を楽しむ住まい04】

         

    千葉県松戸市のHさんは、築20年が経過した家のあちこちに傷みが出てきていることを気にかけてい…

  7.  

    築100年以上の古民家をカフェ兼住まいに大改装【余生を楽しむ住まい03】

         

    もともと関西でマンション暮らしをしていたOさんご夫婦。住み慣れた環境はそれなりに快適だったが…

  8.  

    絵に隠された驚きの仕掛け!猫とアートが息づく住まい【建築家が語るリノベーション事例】

         

    文/久保田章敬(建築家)8年前にカスタムリフォームしたマンションを購入されたご夫婦。…

  9.  

    生活動線に合った「散らからない家」にする【人生後半を楽しむリフォーム事例02】

         

    人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら暮らすのではなく、自分たちに合った家に住み替えて、心豊か…

  10.  

    家族が気楽に集える!完全分離型の二世帯住宅【建築家が提案する住まいのヒント】

         

    文・写真/嶌陽一郎(建築家)近年では、仕事や子育てが終わってひと段落したあとに二世帯住宅を作…

  11.  

    夫婦と愛犬が伸び伸び暮らせる家にする【人生後半を楽しむリフォーム事例01】 

         

    取材・文/臼井美伸取材協力・監修/水越美枝子人生後半の年月を、住みづらい家で我慢しながら…

  12.  

    ちょうどいいサイズの終の棲家【余生を楽しむ住まい02】

         

    神奈川県座間市と町田市のほぼ中間に、その閑静な住宅地はある。日が落ちかけた夕方、雰囲気のいい街灯に照…

  13.  

    ホールのようなリビングで極上の音に包まれる家【余生を楽しむ住まい01】

         

    自分の趣味を思う存分堪能できる家で暮らしたいという思いは、誰もが抱いているはず。なかでも特に…

  14.  

    都会のマンションで心地よい和の空間を実現するリフォーム3つのポイント

         

    談/岸和郎(建築家)いま都市のマンションで暮らすことを選ぶ高齢者が増えています。…

PAGE TOP