新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

季節の変わり目、そろそろ肌掛けだけでは少し寒く感じる頃になった。寝具も取り替えの時季、併せて…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養サライインタビュー

  1. 「それでは、サヨナラ、サヨナラ……」小松政夫さんが、日本を代表する喜劇人へ駆け上がってゆく最初の起爆剤になった芸が、映画評論家・淀川長治の口真似と顔真似だった。  

    【インタビュー】小松政夫(コメディアン、俳優・77歳)「体が続く限り走り回り、飛び回って、最後にホロリと泣かせる芝居をしたい」

         

    【サライ・インタビュー】小松政夫さん(こまつ・まさお、コメディアン、俳優)――植木等の付き人から始めて芸能生活55年。――「体が続く限り走り回り、飛び回って、最後にホロリと泣かせる芝居をしたい」※この記事は『サラ…

  2. ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。  

    【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

         

    【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

  3. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」  

    【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない。命ある限り、世界の子供たちの写真を撮り続けたい」

         

    【サライ・インタビュー】田沼武能さん(たぬま・たけよし、写真家)――写真家として70年、…

  4. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」  

    【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとしたら、死んだときです。100歳までサックスを吹き続けていたい」

         

    【サライ・インタビュー】坂田 明さん(さかた・あきら、ミュージシャン)――半世紀を超える…

  5. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。  

    【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「駅弁のお陰で家族を食わせられましたけんね。駅弁には感謝しかないです」

         

    【サライ・インタビュー】菖蒲豊實さん(しょうぶ・とよみ、「人吉駅弁やまぐち」販売員)――…

  6. カウンターの中に立ち、シェーカーを手にすると、自然と背筋が伸びる。下戸ゆえ、カクテルの味と香りは舌で嘗めて記憶するという。  

    井山計一さん(バーテンダー)「お客さんと話すのが大好き。一日でも長く健康を保ち、カウンターに立ち続けたい」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】井山計一さん(いやま・けいいち、バーテンダー)――バーテンダー歴…

  7. 美輪明宏  

    美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆さんに活力を吸収していただくのが私の役目です」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】美輪明宏さん(みわ・あきひろ、歌手、俳優)――芸能活動68年、名…

  8. サービス精神旺盛で人が大好き。だから逆に人との付き合いを避け、絵に没入できるよう都会を離れた自然のなかに住む。神奈川県大磯の自宅で。  

    【インタビュー】追悼・堀文子さん(日本画家)「旅はひとり。事前に調べもしない、“行ってから驚く”体験主義者です」

         

    堀文子さん逝去 日本画家の堀文子さんが、2月5日(火)午前0時56分、心不全のため神奈川県平塚市…

  9.  

    古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】古谷三敏さん(ふるや・みつとし、漫画家)――漫画家デビュー63年…

  10. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。  

    角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】角野栄子さん(かどの・えいこ、児童文学作家)――国際アンデルセン…

  11. ホキ徳田1  

    ホキ徳田さん(ジャズピアニスト、歌手)「気ままに、ひとりで、好きなように暮らし、今日が最後だと思って生きています」【サライ・インタビュー】

         

    取材・文/佐藤俊一 撮影/宮地 工【サライ・インタビュー】ホキ徳田さん(ほき・とくだ、ジ…

  12.  

    箱石シツイさん(理容師・101歳)「人生は根気と努力です。必要としてくれる人がいる限り、私は床屋を続けたい」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】箱石シツイさん(はこいし・しつい、理容師)――理容師になって82…

  13.  

    澤田長二郎さん(津軽鉄道代表取締役社長)「ピンチとチャンスは表裏一体。夢は津軽半島を一周する環状鉄道の実現です」

         

    【サライ・インタビュー】澤田長二郎さん(さわだ・ちょうにろう、津軽鉄道代表取締役社長)―…

  14.  

    【インタビュー】北見けんいち(漫画家・77歳)「企業戦士が全盛の時代、出世と無縁のサラリーマンをあえて主人公にすえました」

         

    【サライ・インタビュー】北見けんいちさん(きたみ・けんいち、漫画家)――『釣りバカ日誌』…

  15.  

    【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

         

    【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

  16.  

    【インタビュー】今井恭司さん(写真家)「サッカーと歩んで半世紀。“もっといい一枚”を目指して撮り続けます」

         

    【サライ・インタビュー】今井恭司さん(いまい・きょうじ、写真家)――日本サッカー殿堂入り…

  17.  

    【インタビュー】山﨑 努さん(俳優)「誰もが試行錯誤する“人間のアマチュア”なんです」

         

    【サライ・インタビュー】山﨑 努さん(やまざき・つとむ、俳優)――映画デビュー57年、1…

  18.  

    【インタビュー】伊東四朗さん(喜劇役者)「舞台が自分のホームグラウンドと思ってます」

         

    【サライ・インタビュー】伊東四朗さん(いとう・しろう、喜劇役者)――芸歴60年。舞台での…

  19.  

    【インタビュー】横山はる江さん(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

         

    【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

  20.  

    【インタビュー】林家木久扇さん(落語家)「よく笑う人は、人生の達人」

         

    【サライ・インタビュー】林家木久扇さん(はやしや・きくおう、落語家)――噺家生活57年、…

  21.  

    【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕の生き方を決めた」

         

    【サライ・インタビュー】小林稔侍さん(こばやし・ねんじ、俳優)――俳優生活55 年で映画…

  22.  

    【インタビュー】藤戸竹喜さん(木彫家)|木彫りの熊でアイヌ文化を伝承

         

    【サライ・インタビュー】藤戸竹喜さん(ふじと・たけき、木彫家)――木彫りの熊でアイヌ文化…

  23.  

    【インタビュー】髙橋幸枝さん(精神科医)|27歳で医師を目指し39歳で病院開設。現役の精神科医

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  24.  

    【インタビュー】原田哲子さん(アマチュア卓球選手)|55歳で卓球を再開。世界ベテラン卓球選手権で5度優勝

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  25.  

    【インタビュー】桑田ミサオさん(笹餅製造者)|75歳で起業した笹餅ばあちゃんの秘密

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  26.  

    【インタビュー】ちばてつやさん(漫画家)|漫画家デビュー60年、戦争体験を描き続ける

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  27.  

    【インタビュー】小泉和子さん(生活史研究家)|家具をはじめ生活道具の歴史を研究して半世紀

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  28.  

    【インタビュー】富岡畦草さん(記録写真家)|定点観測式写真で時代の変化を記録し続けて70年

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  29.  

    【インタビュー】中谷健太郎さん(亀の井別荘相談役)|さびれた温泉地を滞在型保養地に変革

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  30.  

    【インタビュー】辻 惟雄さん(美術史家)|奇想の画家たちを発掘し、日本の美術史を書き換える

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

PAGE TOP