新着記事

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

自己啓発本の元祖とも言われる、D・カーネギーの「人を動かす」という著作。そこには「盗人にも五…

片岡愛之助演じる今川義元

修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の大大名だった今川義元【麒麟がくる 満喫リポート】

『麒麟がくる』で展開された今川義元の出陣シーン。足利一門の名門がついに松平竹千代、織田信長と絡んでく…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養サライインタビュー

  1. 訪問診療で88歳のKさんと笑顔で対話。「こないだ代診の若い先生に、僕の知らない話をしてる。短時間睡眠で大丈夫だと」「ぐっすり眠るんです」「その格好で寒くない?」「平気です。ハルピン(中国東北部)で育って外で遊んでたら零下42度でした」「スーパーウーマンだね」  

    【インタビュー】小堀鷗一郎(訪問診療医・82歳)「その人らしい死を迎えるため、医師と患者が共に考えることが必要です」

         

    【サライ・インタビュー】小堀鷗一郎さん(こぼり・おういちろう 訪問診療医)――国立病院の外科医を定年退職後、在宅医療に携わって15年――「その人らしい死を迎えるため、医師と患者が共に考えることが必要です」※こ…

  2. 代表曲『神田川』を熱唱する南こうせつさん。「僕の音楽を聴いて、ひとりでも元気を出してもらえるなら、喉が続くかぎり歌っていきたい」  

    【インタビュー】南こうせつ(フォークシンガー・70歳)「誰にもある“楽しかった思い出”。懐かしむのは、明日の生きる薬です」

         

    【サライ・インタビュー】南こうせつさん(みなみ・こうせつ、フォークシンガー)――ファンに…

  3. 岩手県花巻市の自宅近くにある戸建ての書庫。研究・翻訳の対象になったシートン、ソローをはじめ、動物関係の文献が並ぶ。庭は動物の観察場所になっている。  

    【インタビュー】今泉吉晴(動物学者、翻訳家・79歳)「自分の目で見て、心で感じることこそ人間本来の“物事の知り方”です」

         

    【サライ・インタビュー】今泉吉晴さん(いまいずみ・よしはる、動物学者、翻訳家)――長年の…

  4.  

    【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

         

    【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

  5. (左)すがわら・すすむ 昭和22年9月21日、東京生まれ。青山学院大学卒業。ビリー・バンバンの弟で、ボーカルとギター、曲作りの多くを手がける。ソロ歌手としても活躍。 (右)すがわら・たかし 昭和19年8月7日、東京生まれ。慶應義塾大学卒業。兄弟デュオ、ビリー・バンバンの兄。主にボーカルを担当する。司会者、俳優としても活躍。  

    【インタビュー】ビリー・バンバン(歌手/菅原 孝・75歳、菅原 進・72歳)「病気を患ったからこそ、感じる幸せも大きい。人生観もぐっと深まります」

         

    【サライ・インタビュー】ビリー・バンバン(歌手/菅原 孝・75歳、菅原 進・72歳)――…

  6. 洋服の着こなしにも若々しいセンスが光る。「放送15周年のときに、ラジオを聞いてくださってる皆さんと、ハワイ旅行へ行きました。500人も集まったんですよ」  

    【インタビュー】浜村 淳(パーソナリティ、映画評論家・84歳)「すべてのご縁をいただいた方に感謝の気持ちを込めて放送しています」

         

    【サライ・インタビュー】浜村 淳さん(はまむら・じゅん、パーソナリティ、映画評論家)――…

  7. 「それでは、サヨナラ、サヨナラ……」小松政夫さんが、日本を代表する喜劇人へ駆け上がってゆく最初の起爆剤になった芸が、映画評論家・淀川長治の口真似と顔真似だった。  

    【インタビュー】小松政夫(コメディアン、俳優・77歳)「体が続く限り走り回り、飛び回って、最後にホロリと泣かせる芝居をしたい」

         

    【サライ・インタビュー】小松政夫さん(こまつ・まさお、コメディアン、俳優)――植木等の付…

  8. ファーブル昆虫館「虫の詩人の館やかた」(※東京都文京区千駄木5-46-6 電話:03・5815・6464(開館時のみ)、開館:土曜・日曜の13時〜17時、入場料:無料)ではファーブルの生家を再現。同時代の家財道具も展示。奥本さんが着用している帽子とコートもファーブル愛用のものと同じ。  

    【インタビュー】奥本大三郎(作家、ファーブル昆虫館「虫の詩人の館」館長・75歳)「研究成果は楽しい読み物で社会に伝える。ファーブルのおかげでそう決意しました」

         

    【サライ・インタビュー】奥本大三郎さん(おくもと・だいさぶろう、作家、ファーブル昆虫館「虫の…

  9. 仕事場の棚には、師・木村伊兵衛の作品が山積み。「代表を務める写真保存センターで、著名な写真家の仕事を語り継いでいくシステムをつくることも私の重要な仕事です」  

    【インタビュー】田沼武能(写真家・90歳)「写真家にゴールはない。命ある限り、世界の子供たちの写真を撮り続けたい」

         

    【サライ・インタビュー】田沼武能さん(たぬま・たけよし、写真家)――写真家として70年、…

  10. 古馴染みの東京・新宿のライブハウス『ピットイン』でサックスを吹く。今も年におよそ100ステージを各地でこなす。海外公演も多い。「僕は音楽を通して“生きる”ことの表現をしている」  

    【インタビュー】坂田 明(ミュージシャン・74歳)「引退するとしたら、死んだときです。100歳までサックスを吹き続けていたい」

         

    【サライ・インタビュー】坂田 明さん(さかた・あきら、ミュージシャン)――半世紀を超える…

  11. 観光列車の発着時刻に合わせて人吉駅のホームに姿勢よく立つ。駅弁を満載した木箱の重量はざっと15kg。後ろの列車は特急「かわせみ・やませみ」号、右奥は「いさぶろう・しんぺい」号。  

    【インタビュー】菖蒲豊實(「人吉駅弁やまぐち」販売員・75歳)「駅弁のお陰で家族を食わせられましたけんね。駅弁には感謝しかないです」

         

    【サライ・インタビュー】菖蒲豊實さん(しょうぶ・とよみ、「人吉駅弁やまぐち」販売員)――…

  12. カウンターの中に立ち、シェーカーを手にすると、自然と背筋が伸びる。下戸ゆえ、カクテルの味と香りは舌で嘗めて記憶するという。  

    井山計一さん(バーテンダー)「お客さんと話すのが大好き。一日でも長く健康を保ち、カウンターに立ち続けたい」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】井山計一さん(いやま・けいいち、バーテンダー)――バーテンダー歴…

  13. 美輪明宏  

    美輪明宏さん(歌手、俳優)「人には必ず役目がある。舞台を通して皆さんに活力を吸収していただくのが私の役目です」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】美輪明宏さん(みわ・あきひろ、歌手、俳優)――芸能活動68年、名…

  14. サービス精神旺盛で人が大好き。だから逆に人との付き合いを避け、絵に没入できるよう都会を離れた自然のなかに住む。神奈川県大磯の自宅で。  

    【インタビュー】追悼・堀文子さん(日本画家)「旅はひとり。事前に調べもしない、“行ってから驚く”体験主義者です」

         

    堀文子さん逝去 日本画家の堀文子さんが、2月5日(火)午前0時56分、心不全のため神奈川県平塚市…

  15.  

    古谷三敏さん(漫画家)「作品には自負があります。誰もやっていないテーマを、先んじて手がけてきました」【 サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】古谷三敏さん(ふるや・みつとし、漫画家)――漫画家デビュー63年…

  16. お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。  

    角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】角野栄子さん(かどの・えいこ、児童文学作家)――国際アンデルセン…

  17. ホキ徳田1  

    ホキ徳田さん(ジャズピアニスト、歌手)「気ままに、ひとりで、好きなように暮らし、今日が最後だと思って生きています」【サライ・インタビュー】

         

    取材・文/佐藤俊一 撮影/宮地 工【サライ・インタビュー】ホキ徳田さん(ほき・とくだ、ジ…

  18.  

    箱石シツイさん(理容師・101歳)「人生は根気と努力です。必要としてくれる人がいる限り、私は床屋を続けたい」【サライ・インタビュー】

         

    【サライ・インタビュー】箱石シツイさん(はこいし・しつい、理容師)――理容師になって82…

  19.  

    澤田長二郎さん(津軽鉄道代表取締役社長)「ピンチとチャンスは表裏一体。夢は津軽半島を一周する環状鉄道の実現です」

         

    【サライ・インタビュー】澤田長二郎さん(さわだ・ちょうにろう、津軽鉄道代表取締役社長)―…

  20.  

    【インタビュー】北見けんいち(漫画家・77歳)「企業戦士が全盛の時代、出世と無縁のサラリーマンをあえて主人公にすえました」

         

    【サライ・インタビュー】北見けんいちさん(きたみ・けんいち、漫画家)――『釣りバカ日誌』…

  21.  

    【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

         

    【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

  22.  

    【インタビュー】今井恭司さん(写真家)「サッカーと歩んで半世紀。“もっといい一枚”を目指して撮り続けます」

         

    【サライ・インタビュー】今井恭司さん(いまい・きょうじ、写真家)――日本サッカー殿堂入り…

  23.  

    【インタビュー】山﨑 努さん(俳優)「誰もが試行錯誤する“人間のアマチュア”なんです」

         

    【サライ・インタビュー】山﨑 努さん(やまざき・つとむ、俳優)――映画デビュー57年、1…

  24.  

    【インタビュー】伊東四朗さん(喜劇役者)「舞台が自分のホームグラウンドと思ってます」

         

    【サライ・インタビュー】伊東四朗さん(いとう・しろう、喜劇役者)――芸歴60年。舞台での…

  25.  

    【インタビュー】横山はる江さん(青森「はるえ食堂」店主)名物焼きおにぎりの旨さの秘訣は?

         

    【サライ・インタビュー】横山はる江さん(よこやま・はるえ、はるえ食堂店主)――青森の市場…

  26.  

    【インタビュー】林家木久扇さん(落語家)「よく笑う人は、人生の達人」

         

    【サライ・インタビュー】林家木久扇さん(はやしや・きくおう、落語家)――噺家生活57年、…

  27.  

    【インタビュー】小林稔侍さん(俳優)「高倉健さんとの出会いが、僕の生き方を決めた」

         

    【サライ・インタビュー】小林稔侍さん(こばやし・ねんじ、俳優)――俳優生活55 年で映画…

  28.  

    【インタビュー】藤戸竹喜さん(木彫家)|木彫りの熊でアイヌ文化を伝承

         

    【サライ・インタビュー】藤戸竹喜さん(ふじと・たけき、木彫家)――木彫りの熊でアイヌ文化…

  29.  

    【インタビュー】髙橋幸枝さん(精神科医)|27歳で医師を目指し39歳で病院開設。現役の精神科医

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

  30.  

    【インタビュー】原田哲子さん(アマチュア卓球選手)|55歳で卓球を再開。世界ベテラン卓球選手権で5度優勝

         

    サライ世代の範とすべき人生の先達の生き様を毎号お伝えしている『サライ』本誌連載「サライ・インタビュー…

PAGE TOP