新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫射手座さ…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(4/6~4/12)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

新型コロナウイルスが4月新入社員研修に与える影

講義型研修はオンライン化進む|新型コロナウイルスで「新入社員研修」どうなる?

未だ収束の兆しも見えない新型コロナウイルス感染の拡大。ビジネスゲーム研修を中心とした研修内製化教材(…

信長と帰蝶の関係からも目が離せない。

織田信秀死す! まだ10代の信長・帰蝶夫妻に降りかかる尾張の国難【麒麟がくる 満喫リポート】

織田信長の登場、斎藤道三息女・帰蝶との結婚と続き、第12話で信長の父・信秀が亡くなる展開となった『麒…

【働き手のお財布事情】20代~40代の2割が貯金なし、3割が毎月の貯金をしていない!

「人生百年時代」と言われるなか、「今後いくらお金があれば足りるのか」といった不安を感じている…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。この事件を担当した裁判官は、閉廷後にその母を呼び止めて……。(後編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(後編)

取材・文/長嶺超輝パートで働きながら2人の子どもを育てていた、とあるシングルマザーの女は…

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母。(前編)

【裁判長の説諭】失踪した夫の借金返済を肩代わり。生活費に困り、子どもたちを育てるために食材を万引きし続けた母(前編)

取材・文/長嶺超輝あまり知られていないが、裁判官には、契約や相続などのトラブルを裁く「民事裁判官…

犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。

犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)「犬を飼うと散歩が大変」というわけで猫を飼う人が増えている…

明智光秀像 滋賀県・坂本城址公園

明智光秀の妻【にっぽん歴史夜話26】

文/砂原浩太朗(小説家)織田信長を討った逆臣、という明智光秀(?~1582)のイメー…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  健康についての記事一覧

  1. 犬の散歩は犬のためだけに行うのではない。人の健康にも大きな効果。  

    犬は最高のパーソナルトレーナー。犬の散歩は人の健康寿命を延ばす

         

    取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)「犬を飼うと散歩が大変」というわけで猫を飼う人が増えているそうですが、犬の散歩は、人の健康に大きな影響を及ぼしていることが分かっているそうです。早稲田大学スポーツ科学学術院 岡浩一朗教授にお話を伺い…

  2. 医師が教えるパンデミックからの護身術! 今できる新型コロナウイルス対策  

    医師が教える、今できる新型コロナウイルス対策|「暮らしの中での感染予防」5つのポイント

         

    文/中村康宏新型コロナウイルスの蔓延により、健康だけでなく実生活に影響を及ぼしていま…

  3. 「定年70歳以上」は元気で健康的でいるためのチャンス!|『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないのか?』  

    学術的に「正しい」若い体のつくり方|老けない、病気にならないための食事のコツ

         

    文/印南敦史『新装版 学術的に「正しい」若い体のつくり方 - なぜあの人だけが老けないの…

  4. 【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて  

    その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

         

    株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

  5.  

    大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

         

    春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

  6. 【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?  

    瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

         

    瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

  7.  

    50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

         

    「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

  8. 味噌カレー牛乳ラーメン  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

         

    写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

  9. 腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア  

    人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

         

    文/鈴木拓也■患者数はおよそ580万人人の背骨は、全部で24個の椎骨(ついこつ)が積…

  10.  

    自律神経を整えるのはどっち?|長いデスクワーク後のストレス解消は、ランニングで一気に、ウォーキングで徐々に?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

         

    文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

  11. 前列左から時計回りに、オートミール(酢漬けレーズン)、牛乳、砂糖、季節の果物(マスカット・苺いちご・缶詰の蜜み 柑かん)、梅干し、トマトジュース、ハムエッグ。 オートミールには牛乳と砂糖をかけていただく。缶詰の蜜柑が大好物で、一年を通して食卓に登場。トマトジュースは、高リコピントマトに林檎と生姜をブレンドした『カゴメ』の「トマトボーテ」を愛飲している。  

    【朝めし自慢】藤舎名生(横笛奏者・78歳)「レーズンの酢漬けを添えたオートミールです」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆一管ひと筋に70余年。横笛の人間国宝の健康は、朝のオートミー…

  12. 「空腹」と「満腹」を数字に置き換えて客観的に。食べ過ぎ傾向をメリハリある食習慣に改善  

    ダイエットの邪魔をする「ついつい」食べ過ぎを防ぐ方法

         

    文/藤原邦康ダイエットの邪魔をする「ついつい」食べ過ぎの原因ダイエットの邪魔をする「つい…

  13. 花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】  

    花粉症は薬を飲みつづけていれば治るのか?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第19回】

         

    抗ヒスタミン薬を飲みつづけても花粉症は治らない前回、抗ヒスタミン薬の効能についてご説明しましたが…

  14. かぶのグラタンスープ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】地域でさまざまな品種がある「かぶ」の栄養を逃さず食べる方法

         

    写真・文/矢崎海里春の七草では「すずな」という名前で親しまれているかぶ。かぶの旬は諸説あ…

  15.  

    自律神経を整えるのはどっち?|長時間労働が続く時の休息は、勤務中こまめに、帰宅後ゆっくりと?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

         

    文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

  16. 腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰痛改善教室 第37回】  

    腰痛改善ストレッチ 肋骨をゆるめると腰痛が良くなる【川口陽海の腰痛改善教室 第37回】

         

    文/川口陽海・肋骨が固いと背骨やその周囲の筋肉が固くなり、腰痛の原因となる…

  17.  

    自律神経を整えるのはどっち?|精神的な疲労が溜まったら、運動で解消、食事で解消?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

         

    文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

  18. ドラッグストアで買える「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】  

    ドラッグストアで買える“花粉症の薬”「抗ヒスタミン薬」の効果は?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第18回】

         

    花粉症の薬の第1世代、第2世代とは?今年も花粉に悩まされている人が多いようです。毎年、抗ヒスタミ…

  19. 鯛のソテーフレッシュトマトソース  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】白身の代表「鯛」! 刺身でも切り身でも上品な身を味わおう

         

    写真・文/矢崎海里鯛は白身の代表格。真鯛や黒鯛、ち鯛などの品種が流通しています。…

  20.  

    自律神経を整えるのはどっち?|寝坊してしまったら朝食は、とる、とらない?【不摂生でも病気にならない人の習慣】

         

    文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

  21. どのような運動が心臓病の予防によいのかをわかりやすく|『心臓によい運動、悪い運動』  

    どのような運動が心臓病の予防によいのか? 心臓によい運動、悪い運動

         

    文/印南敦史『心臓によい運動、悪い運動』(古川哲史 著、新潮新書)の著者は、循環器医と心…

  22. 「代謝・吸収が悪くなった」と感じている50代以上女性の栄養摂取方法とは…?  

    お肉や油っぽいものを食べる量が減った……|50代以上の女性のリアルな食生活

         

    いつからか大好きなお肉を食べなくなり、油っぽいものも受け付けなくなった……と、年齢を重ねると食の…

  23. 水菜と油揚げの塩昆布サラダ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】シャキシャキ食感を楽しむ! 栄養満点、旬の水菜を使ったレシピ2品

         

    写真・文/矢崎海里シャキシャキ食感が楽しく、みずみずしい水菜。関西では京菜とも呼ばれ…

  24. フィットネスクラブのエグゼクティブトレーナーが教える、運動を続ける秘訣|質的効果を感じる  

    フィットネスクラブのエグゼクティブトレーナーが教える「運動を続ける秘訣」|いつまでも健康でいるために必要なこと

         

    取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)メタボだけでなく、加齢によって運動能力が衰えていくのを…

  25.  

    花粉症持ち1,114人に聞いた、屋内と屋外の花粉症対策

         

    日本気象協会が発表した、2020年春の花粉飛散予測によると、スギ花粉の飛散開始時期は、九州か…

  26. 『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』  

    『うちの夫が糖尿病になっちゃった!』に学ぶ血糖値を下げる方法

         

    文/印南敦史『うちの夫が糖尿病になっちゃった! ズボラ夫が血糖値を下げた方法』(マルコ …

  27. 腰痛・坐骨神経痛 痛みがある時に運動しても大丈夫? しない方が良い?【川口陽海の腰痛改善教室 第36回】  

    【腰痛・坐骨神経痛】痛みがある時に運動しても大丈夫? しない方が良い?【川口陽海の腰痛改善教室 第36回】

         

    文/川口陽海・慢性の腰痛・坐骨神経痛では、原則的に運動量を維持、増進していくこと…

  28. 前列右から時計回りに、おつゆ(韓国製海藻・乾燥生姜・青葱)、雑穀ご飯、胡き瓜の浅漬け、温野菜サ ラダ(子芋・人参・さつまいも・椎茸・牛蒡・真菰筍・柚味噌)。韓国製海藻は娟卿(ヨンギヨン)夫人の実家から届く乾燥品。これに自家製の乾燥生姜を加え、熱々の出汁を注ぐ。温野菜は柚味噌をつけていただく。人参と真菰筍以外は田中泯さんの畑で取れたもの。真菰筍は、工房があることから定期的に訪れる鹿児島県奄美大島産だ。  

    【朝めし自慢】山口源兵衛(帯匠10代目・71歳)「雑穀ご飯と、季節の温野菜サラダです」

         

    取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆老舗の伝統技術と革新の精神で、“織り”の可能性に挑む帯匠10…

  29.  

    新型コロナウイルスの感染を警戒!今こそ気をつけたい「安心できる病院の選び方」

         

    新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、時差出勤や大規模イベントの中止など社…

  30. フィットネスクラブ、エグゼクティブトレーナーが教える運動を続ける秘訣|あなたはやせて何をしたいのか?  

    フィットネスクラブのエグゼクティブトレーナーが教える「運動を続ける秘訣」|あなたはやせて何をしたいのか?

         

    取材・文/渡辺陽(わたなべ・よう)フィットネスクラブに入会したけれど、なんとなくやめてし…

PAGE TOP