新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  暮らしについての記事一覧

  1. 退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】  

    退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

         

    【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立てておきたい「使いみち」退職時には多くの人がまとまった額の退職金を受け取りますが、無計画に使っていると、気がついたときにはなくなっていた、…

  2. 「優しいリーダー」が注目される理由  

    【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

         

    リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

  3. バランス栄養食品  

    朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

         

    忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

  4.  

    【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  5.  

    【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  6. “マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査  

    “犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

         

    9月20日~26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まってい…

  7. 洗剤  

    「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

         

    日々の洗濯で使う「衣料用洗剤」や洗濯の仕方についてマイボイスコム株式会社が6回目となるインタ…

  8. 難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』  

    頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

         

    文/印南敦史『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』(若宮正子 著、中…

  9. 【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?  

    【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

         

    20年ほど前にベストセラーとなった『チーズはどこへ消えた?』。あえて今、リーダーシップとマネ…

  10. 今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】  

    老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

         

    今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

  11. 定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』  

    老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

         

    文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

  12. 中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し  

    息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

         

    全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

  13. 【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書  

    【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

         

    現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

  14. 「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん|『人生はいーからかん』  

    【人生100年時代の生き方】「終活ってなんだ?」カメラマンが見続けた片品村のカヲルさん

         

    取材・文/坂口鈴香写真/高木あつ子群馬県片品村で農業を営む須藤カヲルさんは今年92歳…

  15. 3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人、64.8%、仕事での理不尽エピソード公開  

    3人に1人は夏休み明けに転職を考えたことがある|会社に対して不満がある人は64.8%

         

    夏休み・お盆休みのようないつもより長い休み明けのタイミングで転職を考える人は意外と多いようで…

  16. モーニングクルーズ  

    「モーニングクルーズ」知ってますか?|車好きの聖地、「代官山蔦屋書店」の楽しみ方【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美森の図書館とも呼ばれている「代官山蔦屋書店」を訪れたことはありますか?…

  17.  

    【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違いに夫婦の難しさを見た~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

  18.  

    【家族のかたち】熟年離婚のきっかけは父親の早期退職。両親のすれ違いに夫婦の難しさを見た~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

  19. 【ビジネスの極意】なぜ日本企業が海外で苦戦するのか?  

    【ビジネスの極意】なぜ日本企業が海外で苦戦するのか?

         

    日本企業が海外進出するのに重要なポイントとは何か? リーダーシップとマネジメントに悩む、すべ…

  20. 新時代の孫消費事情|「お盆玉」認知度初の40%突破!「シニアのリアル調査」結果より  

    平均29,700円!今どきシニアの4割以上が帰省してくる子や孫の交通費を負担している!?

         

    「Brilliant60s=輝ける60代」 2,000人に聞いた「シニアのリアル調査」結果より「…

  21. 50代~70代のハーレクイン世代女性に聞いた「夫婦関係」  

    「ハーレクイン」世代の夫婦関係|夫の「知性」「経済力」には満足だが、「性の相性」にはやや不満!?

         

    今年は、ロマンス小説「ハーレクイン」の日本上陸40周年。「ハーレクイン」が日本に初上陸したときに…

  22. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=375631&action=edit  

    財形貯蓄、確定拠出年金、投資信託、あなたに合うのはどれ?|目標額と期間から考える貯蓄計画【今からはじめるリタイアメントプランニング】

         

    今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

  23. 【ビジネスの極意】課長のマネジメント力を高める「グーグルの8習慣」  

    【ビジネスの極意】課長のマネジメント力を高める「グーグルの8習慣」

         

    経営者として、部下の要たる部長や課長のマネジメント力を高めることは重要なことだ。それには「グ…

  24. モラハラ夫遭遇率 「何でも反対夫」は44%  

    既婚女性の8割以上が夫からのモラハラを経験|妻の半数は「絶対に謝らない夫」に悩む

         

    ストレスで胃がキリキリ痛むなど、ストレスは心と体にダメージを与える。そんなストレスの原因は、仕事…

  25. 写真は代々木パーキングエリアの無料休憩所  

    首都高グルメグランプリを味わう【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

         

    写真・文/鈴木珠美2019年6月13日、都内某所で首都高グルメグランプリが開催されました…

  26.  

    【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その2~

         

    取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

  27.  

    【娘のきもち】マタハラに負けなかった責任感は母親ゆずり。今だからわかる親の強さ~その1~

         

    取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

  28. 働く女性の約4割が「保有資産なし」、日本はおばあちゃん大国時代に突入!女性 たちは定年後をどう生きる?  

    働く女性の約4割が「保有資産なし」|女性たちは定年後をどう生きる?

         

    2018年に総務省が発表した推計によると、女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えたという(出…

  29. 『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語の「歴史は韻を踏む」【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編21】  

    『平家』は『FEIQE』。ローマから文字が伝わって、英語と日本語の「歴史は韻を踏む」【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編21】

         

    文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多くの外国人が…

  30. 【ビジネスの極意】マーク・ザッカーバーグはなぜ「Facebook」を生み出せたのか?  

    【ビジネスの極意】マーク・ザッカーバーグはなぜ「Facebook」を生み出せたのか?

         

    世界最大のSNS、Facebook。そのトップであるマーク・ザッカーバーグは、いかにして「F…

PAGE TOP