新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

季節の変わり目、そろそろ肌掛けだけでは少し寒く感じる頃になった。寝具も取り替えの時季、併せて…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味日本酒

  1.  

    越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ

         

    取材・文/編集部北陸・福井県の美味いものといえば、なんといっても「越前がに」が名高いが、じつは他にも知られざる旨し名物が多々ある。今回は、その一部を巡る旅にご案内しよう。*  *  *油揚げ(谷口屋)越前・福井は、知…

  2.  

    明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に…

  3.  

    日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

         

    江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境…

  4.  

    日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴

         

    ご存知のように、日本酒は米を主原料にして造られる醸造酒である。よって、用いる米によって酒の味…

  5.  

    日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品

         

    旨い日本酒を自宅で楽しもうと思ったら、旨い「つまみ」を合わせたいもの。それも、日本酒のタイプにあわせ…

  6.  

    日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント

         

    酒販店などで好みの日本酒を手に入れたら、自宅でじっくり楽しみたい。そのために、酒と器の相性を知ってお…

  7.  

    厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本

         

    毎年登場する日本酒の美酒の中から10本を選んでご紹介しよう。もちろんこれはあくまで一例。この…

  8.  

    行きつけにしたい酒販店3軒|好みの酒を手に入れて自宅で味わいたい

         

    居酒屋でいろいろな酒を飲んで試し、酒の味の“背骨”が見えてきたら、人口に膾炙していない隠れた逸品酒を…

  9.  

    当代きっての実力蔵の日本酒4銘柄をゆかりある居酒屋で飲む

         

    酒の旨さの本質とは何か。実力ある酒蔵の酒の味を利いていると、それぞれの味に「核」のようなものがあると…

  10.  

    旨い酒を知り、味わい、学ぶ。居酒屋は日本酒の世界を楽しむ男のホームグラウンド

         

    灯ともし頃、居酒屋の行灯看板に明かりが点くのを見ると心躍る。東京・大塚の居酒屋『きた…

  11.  

    サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

         

    『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わい…

  12.  

    窓乃梅|豪華列車「ななつ星 in 九州」にも採用された銘酒の誕生秘話

         

    元禄元年(1688年)の創業以来、300有余年に及ぶ長い歴史を誇る窓乃梅酒造は、佐賀県最古の…

  13.  

    達人に聞いた「粋な日本酒の遊びかた」基本の“七五三”とは

         

    写真・文/柳澤史樹ブーム、というよりすでにカルチャーとして定着した感のある「日本酒」。そもそ…

  14.  

    飲んで検証!5月のお題料理「桜鯛のあら炊き」に合う酒とは【旬の料理と異酒格闘技 第1回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)料理とお酒の新しい出逢い、その幸せなマリアージュを求めて…

  15.  

    路地裏に佇むジビエの聖地!六本木「ラ・シャッス」【山本益博の新ひと皿の歳時記2】

         

    文・写真/山本益博10年を超える歴史があるのに、長らくこの店の存在を忘れていた。…

  16.  

    小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

         

    文・写真/山本益博私が初めて『釜竹』(かまちく)を知ったのは、今から20年以上前、大…

  17.  

    カツをつまみに蕎麦前で一杯!東京・日暮里『川むら』のかつ煮【東京下町の美味探訪2】

         

    文・写真/秋山都最近は蕎麦屋でお酒を飲むことを「蕎麦前」と呼ぶが、その言葉、古いよう…

  18.  

    遊歩 純米吟醸無濾過生原酒・花さかゆうほ|これぞお花見用の酒(御祖酒造)【今宵の一献 第24回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今年も花見の季節がやってきました。全国各地の桜の…

  19.  

    高砂 辛口純米|富士の伏流水で仕込んだ和やかな辛口酒(富士高砂酒造)【今宵の一献 第23回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今宵の一献は「高砂 辛口純米」。静岡県は富士山の…

  20.  

    十六代九郎右衛門 山廃純米・金紋錦|柔らかい甘みに癒される濃醇な旨酒(湯川酒造店)【今宵の一献 第22回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)京都の三条大橋と江戸の日本橋を往還する山間の中山…

  21.  

    奥播磨 純米吟醸生・袋しぼり三十五號|肉料理との相性抜群な旨みあふれる日本酒(下村酒造店)【今宵の一献 第21回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今宵の一献、今回は兵庫県・姫路市、下村酒造店の『…

  22.  

    愛の力で「人を幸せにする酒」を醸す!千葉県の老舗酒蔵『寺田本家』の蔵見学に参加してみた

         

    あいかわらず日本酒のブームは続いていますが、日本酒のみならず、味噌・豆腐・納豆など日本古来の発酵食文…

  23.  

    大治郎 生酛純米生・渡船6号|霊山の麓で醸される素朴な旨口酒(畑酒造)【今宵の一献 第20回】

         

    文/藤本一路(酒販店『白菊屋』店長)今宵の一献、今回は滋賀県東近江市の酒蔵「畑酒造(はたしゅ…

  24.  

    横山五十 純米大吟醸|壱岐焼酎の蔵元が醸した芳醇な日本酒(重家酒造)【今宵の一献 第19回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

  25.  

    而今|ハレの日にふさわしい品格ある甘美な酒(木屋正酒造)【今宵の一献 第18回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

  26.  

    年末恒例サライの「日本酒」大特集!酒好き編集長が「旨い」と唸った日本酒はこれ

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)早くも日本酒の新酒が出回りはじめ、左党には嬉しい季節とな…

  27.  

    サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

         

    今号は年末恒例となった名物企画「日本酒」の大特集に、旬を迎えている「蟹を究める」の特集を加え…

  28.  

    酒造りへの思いを世界に発信!名酒『獺祭』(だっさい)がロブション氏と共同でパリ出店を発表

         

    今や料理人として世界的に名高い、ジョエル・ロブション氏。1976年、初来日のとき日本料理に興…

  29.  

    金鼓 濁酒|爽やかな酸味が弾ける古式伝承のにごり酒(奈良・大倉本家)【今宵の一献 第17回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

  30.  

    麒麟山 紅葉|秋にだけ味わえる贅沢な円熟味(麒麟山酒造)【今宵の一献 第16回】

         

    日本全国には大小1,500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)すお酒は種類…

PAGE TOP