新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと

人材確保が難しいといわれている。どこの企業にとって即戦力になる人材は喉から手が出るほど欲しい…

今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線

取材・文/渡辺陽3月に入ってから花粉の量もぐっと増え、鼻づまりや目のかゆみにうんざり…

『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう

写真・文/矢崎海里前回、干し貝柱を使っただしのレシピをご紹介しました。今回は…

6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】

文/砂原浩太朗(小説家)明治、大正、昭和、平成……。ふだんごく普通に使ってはいても、…

《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味日本酒

  1. 越前がにだけじゃない!食べに行きたい福井県の美味いもの5つ

    取材・文/編集部北陸・福井県の美味いものといえば、なんといっても「越前がに」が名高いが、じつは他にも知られざる旨し名物が多々ある。今回は、その一部を巡る旅にご案内しよう。*  *  *油揚げ(谷口屋)越前・福井は、知…

  2. 明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

    文/小坂眞吾(サライ編集長)日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に…

  3. 日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

    江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境…

  4. 日本酒の味の基本を決める「酒造好適米(酒米)」10種の特徴

    ご存知のように、日本酒は米を主原料にして造られる醸造酒である。よって、用いる米によって酒の味…

  5. 日本酒のタイプに合わせて簡単に作れる旨い「酒つまみ」6品

    旨い日本酒を自宅で楽しもうと思ったら、旨い「つまみ」を合わせたいもの。それも、日本酒のタイプにあわせ…

  6. 日本酒をさらにおいしく味わうための酒器選び4つのポイント

  7. 厳選!サライが選んだ「次世代の旨い日本酒」10本

  8. 行きつけにしたい酒販店3軒|好みの酒を手に入れて自宅で味わいたい

  9. 当代きっての実力蔵の日本酒4銘柄をゆかりある居酒屋で飲む

  10. 旨い酒を知り、味わい、学ぶ。居酒屋は日本酒の世界を楽しむ男のホームグラウンド

  11. サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

  12. 窓乃梅|豪華列車「ななつ星 in 九州」にも採用された銘酒の誕生秘話

  13. 達人に聞いた「粋な日本酒の遊びかた」基本の“七五三”とは

  14. 飲んで検証!5月のお題料理「桜鯛のあら炊き」に合う酒とは【旬の料理と異酒格闘技 第1回】

  15. 路地裏に佇むジビエの聖地!六本木「ラ・シャッス」【山本益博の新ひと皿の歳時記2】

  16. 小麦の味を純粋に楽しむ!根津『釜竹』の細ざるうどん【山本益博の新ひと皿の歳時記1】

  17. カツをつまみに蕎麦前で一杯!東京・日暮里『川むら』のかつ煮【東京下町の美味探訪2】

  18. 遊歩 純米吟醸無濾過生原酒・花さかゆうほ|これぞお花見用の酒(御祖酒造)【今宵の一献 第24回】

  19. 高砂 辛口純米|富士の伏流水で仕込んだ和やかな辛口酒(富士高砂酒造)【今宵の一献 第23回】

  20. 十六代九郎右衛門 山廃純米・金紋錦|柔らかい甘みに癒される濃醇な旨酒(湯川酒造店)【今宵の一献 第22回】

  21. 奥播磨 純米吟醸生・袋しぼり三十五號|肉料理との相性抜群な旨みあふれる日本酒(下村酒造店)【今宵の一献 第21回】

  22. 愛の力で「人を幸せにする酒」を醸す!千葉県の老舗酒蔵『寺田本家』の蔵見学に参加してみた

  23. 大治郎 生酛純米生・渡船6号|霊山の麓で醸される素朴な旨口酒(畑酒造)【今宵の一献 第20回】

  24. 横山五十 純米大吟醸|壱岐焼酎の蔵元が醸した芳醇な日本酒(重家酒造)【今宵の一献 第19回】

  25. 而今|ハレの日にふさわしい品格ある甘美な酒(木屋正酒造)【今宵の一献 第18回】

  26. 年末恒例サライの「日本酒」大特集!酒好き編集長が「旨い」と唸った日本酒はこれ

  27. サライ1月号は「日本酒」と「蟹」の2大特集+特製ショルダーバッグ!

  28. 酒造りへの思いを世界に発信!名酒『獺祭』(だっさい)がロブション氏と共同でパリ出店を発表

  29. 金鼓 濁酒|爽やかな酸味が弾ける古式伝承のにごり酒(奈良・大倉本家)【今宵の一献 第17回】

  30. 麒麟山 紅葉|秋にだけ味わえる贅沢な円熟味(麒麟山酒造)【今宵の一献 第16回】

PAGE TOP