新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

               【参加費無料】   アサヒグループ食品「シュワーベギンコ イチョウ…

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

ついに暑い夏がやって来ました。ショップジャパンが、これから夏本番を迎えるにあたり『夏場のエア…

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

         

    写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化すると、食欲の落ちる日が増えてくる方もいるかと思います。さっぱりメニューに活用したい食材が「レモン」。爽やかな香りや酸味だけではなく、…

  2. 今年、五つ星を受賞した15ワイナリーのワインが一堂に。  

    約300のワイナリーが日本ワインブームを支える!|第2回「日本ワイナリーアワード」は15ワイナリーが最高位の「5つ星」を獲得

         

    取材・文/鳥海美奈子日本のワイナリー数は現在、約300にも上り、大変な人気を博してい…

  3. 手前から鮭と鱈のフレークをご飯にのせた二色丼、鱈のフレーク、鮭のフレーク。切り身が細かくなっているほど、口当たりがよくなる。  

    旨すぎる保存食「鮭と鯛の紅白フレーク」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    食感と彩りの妙が味わえて多様な料理にも使える保存食東京・神楽坂の風情溢れる石畳の路地に店を構…

  4. 酢〆いわしのから揚げ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】一年で最も脂がのる!「入梅いわし」を味わおう

         

    写真・文/矢崎海里「入梅(にゅうばい)いわし」という言葉を聞いたことがありますか。…

  5. 二夜干しにしたスルメイカを、わたも一緒に焼き上げると酒肴に最適な一品になる。噛むほどにイカの旨みが広がり盃が進む。  

    自宅でトライ「イカのわた入り二夜干し」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    墨袋は破らずに丁寧に取り除き、塩水に1時間しっかり漬け込む古くは保存食として重宝された干物。…

  6. ゴーヤ入り野菜かき揚げ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】苦みを楽しむ!旬のゴーヤを使った「ゴーヤの肉詰め」「ゴーヤ入り野菜かき揚げ」

         

    写真・文/矢崎海里沖縄料理の定番食材、ゴーヤ。その苦みは好き嫌いが分かれるものの…

  7. 美しいサシが入る佐賀牛  

    食通が絶賛! 食材の宝庫、佐賀・唐津|「佐賀牛なかむら」のステーキ、「つく田」の九州前鮨を味わい尽くす

         

    取材・文/関屋淳子佐賀県の北西に位置する唐津市は玄界灘に面する風光明媚な地。じつは唐津は豊富な海…

  8. 西京漬けは焼いて食す。魚の旨みと味噌床の旨みが溶け合う。手前は食用菊の酢漬け。西京焼きには、酸味のあるあしらいが合う。  

    「鯛の西京漬け」と「鯛の松前漬け」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    甘酒を用いて味噌床を作り魚は塩をして酒をくぐらせる東京・神宮前にある『日本料理一凛』の店主・…

  9. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

         

    写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

  10. 汁が沸騰してからハマグリとアサリを先に、崩れやすい切り身と貝柱を次に入れる。加熱すると赤くなる海老を上にすれば彩りがよい。  

    魚介の旨みぎっしり「和風ブイヤベース」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    上品な香りのサフランを加え生臭さを消して、味を調える東京・神楽坂の鍋料理専門店『御料理 山さ…

  11. 縁起のよい酒場巡り|『開運酒場』  

    縁起のよい酒場巡りの楽しみ方|『開運酒場』

         

    文/印南敦史『開運酒場』(いからしひろき 著、芳澤ルミ子 写真、自由国民社)の著者は、旅…

  12. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】これからの季節に食べたい旬のみょうが  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】初夏に食べたい旬のみょうが|「チキンソテーみょうが香味ソース」「里芋のみょうがみそ和え」

         

    写真・文/矢崎海里暑くなってくると、冷や奴やそうめんが食べたくなりますね。夏の薬味に…

  13. 椀に鮭のアラとキャベツ、豆乳汁を盛り、仕上げにイクラをのせる。魚介と豆の蛋白質、野菜を同時に摂取できるため栄養価にも富む。  

    ヘルシーで旨い「鮭のアラの豆乳汁」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    栄養価に富む頭やカマなどのアラは、汁物にすると美味魚をおろしたあとに残る頭やカマ、中骨などの…

  14. イタリアンレストランの魚料理を思わせる仕上がりだが、食材すべてを鍋に入れて蒸すのみと簡単だ。客人が来た時にも向く。  

    簡単だけど本格的「カサゴのフィレのアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    繊細な味わいのフィレに香味野菜を加える「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し…

  15. 多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』  

    焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

         

    文/鈴木拓也レモンサワーのブームで今注目の焼酎。糖質が含まれていないため、糖分を控え…

  16. さんまの梅しそ巻き  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】梅干しパワーで梅雨を乗り切る! 「うめびしお」の作り方

         

    写真・文/矢崎海里今年ももうすぐ梅雨の季節がやってきますね。梅雨の時期は、気温差…

  17. 世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。  

    小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「L…

  18. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

         

    写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

  19. 蛸や本しめじ、生姜の風味が一体となった、旨みに満ちた味わい。きのこは椎茸やえのきなど、家庭にあるものを使って構わない。  

    土鍋で「蛸めし」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土蛸は冷凍してから出汁に通し、柔らかく仕上げる土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、前回に引き続き…

  20. サバ缶と身近な食材だけでお手軽な薬膳ができる|『「サバ薬膳」簡単レシピ』  

    肩こりから美肌まで様々な効能あり|「サバ薬膳」簡単レシピ

         

    文/鈴木拓也日本人の健康志向に乗ってブームが続くサバ缶だが、サバと薬膳を組み合わせて…

  21. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】母の日メニューに!|料理初心者でもできる「和風カルボナーラ」「キャベツたっぷり豚玉」

         

    写真・文/矢崎海里大型連休も終わり、今週は母の日ですね。今回は普段料理をしない人でも…

  22. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。  

    日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」の現在

         

    取材・文/鳥海美奈子山梨県甲州市勝沼には、約30ものワイナリーがあります。勝沼はもともと生食…

  23. 蓋をして、中火で約15分間蒸す。蓋を時々開けて、スプーンでソースをカサゴに回しかける。  

    豪華な「カサゴ丸ごとアクアパッツァ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    魚一尾の旨みや持ち味をそのまま生かす「アクアパッツア」は、イタリア・ナポリ名物の魚介の蒸し料…

  24. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句にぶりを食べよう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】端午の節句に出世魚「ぶり」でお祝いしませんか?|「ぶりのあつめし」「ぶりの南蛮和え」

         

    写真・文/矢崎海里5月5日は「こどもの日」ですね。「こどもの日」は小さいお子さん…

  25. ねぎま鍋は鮪の旨みが染みた葱も美味しい。「味が強い鮪には、香味野菜の芹せりやクレソンなどが合います」と山崎さんは話す。  

    達人直伝!鮪の「ねぎま鍋」の上手な作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    大トロと中トロのサクを用意。しっかり煮るのが美味の秘訣ねぎま鍋は、江戸の町で生まれた庶民の味…

  26. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。  

    人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたのか?|長野県高山村の挑戦

         

    取材・文/鳥海美奈子個性的な生産者が多々登場し、質も向上していることから、ブームが続く日本ワ…

  27. 15分間蒸らしたあと、山椒の実を振りかける。塩茹で処理された市販のものを購入する。鯛の身をほぐし、椀に盛り付ける。上品な鯛と出汁の味を山椒の香りが引き立てる。  

    土鍋で「鯛の姿飯」を上手に炊くコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    土鍋の熱により米の甘みに鯛の旨みが染み込む土鍋を使った魚の炊き込みご飯を、東京・代々木の割烹…

  28. たっぷりの湯で茹でたパスタ麺の上に鍋のトマトソースを盛り付け、好みでパルミジャーノレッジャーノを振りかける。  

    人気の鯖缶を利用「鯖と茄子のトマトソースパスタ」の作り方【プロ直伝の技とコツ】

         

    味わい深く種類豊富な鯖の缶詰。その旨みと栄養が凝縮したひと皿近年、鯖の缶詰の人気が高…

  29. 【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう  

    【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

         

    写真・文/矢崎海里新じゃがや新玉葱、春キャベツ・・・。春は旬の野菜がたくさんあって、…

  30. 薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)  

    酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

         

    中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

PAGE TOP