新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1. 徳川家光 《兎図》 個人蔵  

    夏目漱石、伊藤若冲、徳川家光が描いた脱力系の問題作を見よ!【へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで】

         

    取材・文/藤田麻希昨今、「ゆるい」「脱力系」と表現されるような、決して上手く描かれたわけではないけれども魅力的なイラストやキャラクターなどが人気を集めています。このようなものを尊ぶことは、なにも近年始まったわけではありません。禅画、…

  2. 黒糸巻柄突兵拵(長船真長小太刀付属) 明治時代(19世紀)  静嘉堂文庫美術館蔵  

    高綱・行光の古備前刀工から一文字・長船など各流派まで|「刀剣王国」備前の在銘作32振コレクション【日本刀の華 備前刀】

         

    取材・文/池田充枝日本刀の主要製作地(山城・大和・備前・相模・美濃)のうち、備前(岡山県南東…

  3. 『幻の花 ブルーポピー』2001年  

    日本画家・堀文子さんの創作の軌跡を辿る|京都と東京で「生誕100年 堀文子追悼展─旅人の記憶─」開催

         

    2月5日、100歳で亡くなった日本画家・堀文子さん。とどまることのなかった創作の軌跡を辿ることができ…

  4. ステージ衣装のコーナー  

    メンバー自らがプロデュースした大規模世界巡回展「Exhibitionism-ザ・ローリングストーンズ展」開催中 !

         

    文/堀けいこ~結成からの歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、衣装、貴重なアーカイヴ、3Dコンサ…

  5. アウトサイド・ジャパン展  

    ヤンキー人類学から老人芸術まで、70名以上の作品が揃う大規模展覧会|【櫛野展正のアウトサイド・ジャパン展】ついに開催![PR]

         

    取材・文/末原美裕日本で唯一のアウトサイダー・キュレーター、櫛野展正(くしののぶまさ)さんに…

  6. トーベ・ヤンソン《イースターカード原画》1950年代 ムーミンキャラクターズ社蔵  

    家族そろってムーミンに会いに行こう【ムーミン展】

         

    取材・文/池田充枝フィンランドの芸術家、トーベ・ヤンソン(1914-2001)が生み…

  7. 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹  

    桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで

         

    文/堀けいこ和歌や歌謡をはじめ、芸能でもその美しさが謳われてきた「桜」は、歌舞伎の作品に…

  8. 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵  

    トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】

         

    取材・文/池田充枝オスマン帝国(1299年頃~1922年)の第7代スルタン、メフメト…

  9. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)  

    初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石畳スペースに一挙集結! 元町商店街とクラウンがコラボした「クラウンDay at Motomachi」![PR]

         

    観音開きドアの初代クラウンから現行型クラウンまで15台が勢ぞろい2月23日(土)・24日(日…

  10. 伊藤若冲 《紫陽花双鶏図》 絹本着色 一幅 139.4×85.1cm 米国・エツコ&ジョー・プライスコレクション  

    好評開催中の「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」|若冲以外のイチオシ絵師は岩佐又兵衛と狩野山雪

         

    取材・文/藤田麻希2016年に東京都美術館で開催された「若冲展」に、約45万人もの人が来場し…

  11. 高村光雲作「養蚕天女」大正13年(1924)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 ※展示期間:3月5日(火)~31日(日)  

    御即位30年記念「両陛下と文化交流―日本美を伝える―」

         

    取材・文/池田充枝2019年4月30日、天皇陛下が御退位されます。御即位から30年、この記念…

  12. 横山大観《蓬萊山》昭和23年(1948)足立美術館蔵  

    横山大観と日本画の錚々たる巨匠の作品を一堂に【日本画家のつながり 横山大観をめぐる人物相関図】

         

    取材・文/池田充枝近代の日本画家たちは、画塾だけでなく、美術学校などでも多くの画家と親交を深…

  13. 「皇居のタヌキ」(写真提供:宮内庁)  

    天皇陛下御即位三十年記念展示 企画展「天皇陛下の御研究と皇居の生きものたち」

         

    取材・文/池田充枝天皇陛下による生物学のご研究は広く知られています。特にお若いころか…

  14. ル・コルビュジエ「サヴォワ邸」(1928-31年)  

    国立西洋美術館開館60周年記念 ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代

         

    取材・文/池田充枝2016年、国立西洋美術館がユネスコ世界文化遺産に登録されました。…

  15. Culture NIPPON シンポジウム2018  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました

         

    来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック東京大会。この大会は、今年日本で開催されるラグビ…

  16.  

    奈良・興福寺の中金堂が約300年ぶりに再建!記念講演会のお知らせ

         

    天平の美を蘇らせた、奈良「興福寺 中金堂」 “七転び八起き”で約300年ぶりに再建!「青…

  17. 「プーとコブタが、狩りに出て…」『クマのプーさん』第3章、E.H.シェパード、ペン画、1926年、V&A所蔵 (C)The Shepard Trust  

    世界で一番有名なクマ【クマのプーさん展】

         

    取材・文/池田充枝食いしん坊でおっちょこちょい、今では誰もが知る世界で一番有名なクマである「…

  18. 二月堂縁起上巻(部分) 奈良・東大寺蔵  

    1200年を超える伝統行事の歴史【特別陳列 お水取り】

         

    取材・文/池田充枝奈良に春を告げる伝統行事「お水取り」。3月1日から14日間にわたって行われ…

  19. 奥村土牛《醍醐》1972(昭和47)年 絹本・彩色 山種美術館蔵  

    80歳にして初心、100歳にして現役【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 生誕130周年 奥村土牛】

         

    取材・文/池田充枝日本画の巨匠・奥村土牛(おくむら・とぎゅう1889-1990)は、画家志望…

  20. 浮世四十八手夜をふかして朝寝の手 溪斎英泉 個人蔵  

    多彩なひろがりをみせた園芸【江戸の園芸熱―浮世絵に見る庶民の草花愛―】

         

    取材・文/池田充枝江戸時代の人々は花や草木で季節の移ろいを感じており、四季折々の花の名所は、…

  21. 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 大判 天保初期( 1830-34 )頃 島根県立美術館 (新庄コレクション) (展示期間 2月 21 日(木)~ 3月 24 日(日) ※1月 17 日(木)~2月 18 日(月) は日本浮世絵博物館の作品を展示)  

    富士山だけではない! 北斎の多彩さを発見する展覧会【新・北斎展 HOKUSAI UPDATED】

         

    取材・文/藤田麻希遠景の富士山の手前に巨大な浪を描いた、「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏…

  22. 礼冠(玉冠)江戸時代 京都国立博物館蔵  

    興味深い日本の伝統的儀式【特集展示 初公開!天皇の即位図】

         

    取材・文/池田充枝2016(平成29)年8月8日、天皇陛下は「おことば」として譲位の意を表明…

  23.  

    【第83回人形町らくだ亭】3月27日開催/柳家小満んが『盃の殿様』を演じます

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。3月公演では…

  24. 酒呑童子絵巻(部分) 1巻 紙本着色・墨書 日本・室町時代 16世紀 根津美術館蔵  

    絵本のように絵巻を楽しむ【酒呑童子絵巻―鬼退治のものがたり】展

         

    取材・文/藤田麻希「鬼退治」と聞いて真っ先に思い浮かべるのは、皆さんご存知の「桃太郎」ですが…

  25. 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」中国・四国大会  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」中国・四国大会が行なわれました

         

    来年に迫った、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会。同大会は、文化の祭典でもある…

  26. 笈田ヨシ  

    新国立劇場が世界に放つ新作オペラ『紫苑物語』|世界の演劇界で活躍してきた三島由紀夫の愛弟子・笈田ヨシ85歳が、その演出に挑む!

         

    文/堀けいこ昨年暮れ、俳優として三島由紀夫の『豊穣の海』の舞台版で圧巻の演技を見せた笈田…

  27. 紅葵花蒔絵硯箱 尾形光琳作 江戸時代 畠山記念館蔵 展示期間:2月16日~3月17日  

    美の演出家 光悦と光琳【光悦と光琳―琳派の美】

         

    取材・文/池田充枝琳派の祖とされる本阿弥光悦(1558-1637)と、光悦の100年後に生ま…

  28. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました

         

    約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

  29. 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました  

    文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました

         

    約2年後に迫った、東京オリンピック・パラリンピック競技大会。スポーツが人間の営みであり、<人…

  30.  

    文学が繋ぐ人と人~Culture NIPPON シンポジウム 東京大会【参加者募集のお知らせ】

         

    来年開催される東京オリンピック・パラリンピックはスポーツのみならず文化の祭典でもある。ここに着目し、…

PAGE TOP