新着記事

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、…

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

ビジネスパーソンにとってコミュニケーションは重要な要素であり、時には武器にもなる。だが、中に…

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

文/印南敦史まず、タイトルのセンスが秀逸である。これには、定年を過ぎた人、あるいは定年を間近に迎…

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクであ…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想…

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  催し物についての記事一覧

  1. アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum  

    “ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

         

    取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られているフリデリク・ショパン(1810-1849)。ショパンはポーランドのワルシャワ郊外で生まれ、「ポロネーズ」をわずか7歳で作曲する…

  2. フィンセント・ファン・ゴッホ《糸杉》1889年6月 メトロポリタン美術館 Image copyright (C)The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY  

    過去最大級の27か所からゴッホの作品が集合! 本邦初公開の『パリの屋根』も観られる!【ゴッホ展】

         

    取材・文/池田充枝強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(…

  3. 主任を勤める五街道雲助(71歳)。昭和43年、十代目金原亭馬生に入門。軽い噺は師匠譲りの顔芸を交じえ、人情噺は締まった口調で演じ、いずれも一級品。  

    【第87回人形町らくだ亭】12月13日開催/五街道雲助が『夢金』を演じます

         

    大雪の夜、大川に漕ぎ出した一艘の屋根船が舞台本誌が主催する「人形町らくだ亭」。今年最後の公演では…

  4. 大堰川対岸の桜越しに望む福田美術館  

    京都・嵯峨嵐山に和モダンの美術館誕生!!【開館記念 福美コレクション展】

         

    取材・文/池田充枝2019年10月1日、京都・嵐山の地に新しい美術館がオープンしました。…

  5.  

    1970年代以降のカルティエの現代作品が集合【カルティエ、時の結晶】

         

    取材・文/池田充枝1847年にルイ=フランソワ・カルティエがパリで宝飾店を創業し、2…

  6. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館  

    制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90年記念 岸田劉生展】

         

    取材・文/藤田麻希この二つの麗子像をご覧ください。どちらも画家の岸田劉生(1…

  7. wine  

    日本ワインウィーク2019@丸の内ハウス、無料試飲付きミニセミナーを開催!

         

    国産ぶどうを100%使用した日本ワインは、近年ますます注目度があがっています。昨年大好評だっ…

  8. 『冨嶽三十六景 凱風快晴(藍摺版)』茂木本家美術館蔵。(いずれも2019年9月10日から10月6日まで、「茂木本家美術館の北斎名品展」で展示)  

    北斎の裏名作「青富士」と、あの「躍るような波」は、いかにして生まれたのか?

         

    今年2019年は、葛飾北斎(1760-1849)が浅草聖天町遍照院境内の住まいで亡くなってから、ちょ…

  9. ジャン=ミシェル・バスキア Untitld,1982 Yusaku Maezawa Collection,Chiba Artwork (C) Estate of Jean-Michel Basquiat. Licensed by Artestar,New York  

    約130点の作品からバスキアと日本の関係を振り返る【バスキア展 メイド・イン・ジャパン】

         

    取材・文/池田充枝1980年代のアートシーンに彗星のごとく現れたジャン=ミシェル・バ…

  10. 2017『椿姫』2017年公演より 撮影:寺司正彦  

    心惹かれる歌手と出会える! 多彩なオペラの世界が楽しめる10作品

         

    文/堀けいこ秋晴、秋涼、紅葉、といった季語をつかう10月も、すぐ目の前。10月1日には国内外のオ…

  11.  

    150年経つ今も世界中で愛されるルイス・キャロルの世界的ベストセラーの魅力【不思議の国のアリス展】

         

    取材・文/池田充枝1865年の初版出版以来、170を超える言語に翻訳され、発行総部数1億部と…

  12. QUEEN  

    「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」が11月の日本の夜空を彩る

         

    フレディ・マーキュリーの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」が爆発的ヒットとなったQU…

  13. オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾く少女たち》1892年頃 Photo (c) RMN-Grand Palais(musée de l' Oangerie) / Franck Raux / distributed by AMF  

    ヨーロッパ屈指の絵画作品が21年振りに日本で公開【オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち】

         

    取材・文/池田充枝オランジュリー美術館は、19世紀後半から20世紀初頭のフランス美術を収蔵・…

  14.  

    「デビルマン」「マジンガーZ」無限の創造力を発揮する永井豪ワールド【画業50年“突破”記念 永井GO展】

         

    取材・文/池田充枝マンガ界の鬼才、永井豪(1945年、石川県輪島市生まれ)。幼少の頃…

  15.  

    月光写真家・石川賢治氏の写真展『宙の月光浴』が福岡で開催中

         

    満月の光だけで撮影された風景写真で名高い月光写真家・石川賢治氏が、7年の歳月をかけて撮り綴った作品群…

  16. チベット語で「五穀豊穣の女神の山」を意味するチョモランマ、と呼ばれるエベレスト。自然の恵みを、漆芸作家の手わざで作られたお椀でいただくことで、日常の生活に美を感じられる。サイズは、左/直径138×高さ89mm、中/直径126×高さ74mm、小/直116×64mm。  

    生活の中で楽しむ伝統工芸~サライ読者を、「四代 德田八十吉 陶展」の内覧会にご招待[PR]

         

    一流作家が手わざで美を競う日本の伝統工芸。その美を、日常の生活で、ハレとケとして楽しむのが、日本らし…

  17.  

    「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都画壇へ】

         

    取材・文/藤田麻希江戸時代の日本美術について少し聞きかじった方なら、「円山・四条派」(四条円…

  18. レジェンダリー・カウント・ベイシー・オーケストラ  

    カウント・ベイシーの意志を受け継ぐ伝説のオーケストラ・ジャズ

         

    文/堀けいこオーケストラを日本語で言うと、管弦楽団。クラシック音楽の編成では、管楽器、弦楽器…

  19. 横山大観《富士山》1933(昭和8)年 絹本・墨画淡彩 山種美術館蔵  

    日本画の発展を導いた巨匠の作品を一堂に【山種美術館 広尾開館10周年記念特別展 大観・春草・玉堂・龍子―日本画のパイオニア―】

         

    取材・文/池田充枝近代日本画を代表する横山大観(1868-1958)・菱田春草(18…

  20.  

    俳聖・松尾芭蕉の旅路を作品と共に辿る【奥の細道330年 芭蕉】

         

    取材・文/池田充枝俳句ブームといわれる今日、俳句をたしなむ人たちの間で俳聖と讃えられる存在の…

  21. トリを勤める柳家小満ん(77歳)。昭和36年、八代目桂文楽に入門。文楽没後、五代目柳家小さん門下に。昭和の名人ふたりから受けた薫陶を、令和の新時代へと語り継ぐ名匠。  

    【第86回人形町らくだ亭】『サライ』創刊30周年記念特別公演

         

    ベテランの噺家5人をレギュラーに据えた、『サライ』主催の古典落語の会「人形町らくだ亭」。10月公演は…

  22.  

    マカオの魅力をSNSで投稿!マカオ旅行が当たる「マカオ旅川柳」「Let’s go MACAOフォト&コメントキャンペーン」のお知らせ

         

    約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。かつてポルトガルの統治下にあったことから、…

  23. 国宝《風神雷神図屛風》・右隻 俵屋宗達筆 京都・建仁寺所蔵  

    京都国立博物館の国宝クラスの美術品が一堂に|「国際博物館会議」京都大会開催記念 特別企画【京博寄託の名宝ー美を守り、美を伝えるー】

         

    取材・文/池田充枝京都国立博物館は、明治30年(1897)に開館。その設立目的は、京…

  24. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園  

    明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具現化【原三溪の美術 伝説の大コレクション】展

         

    取材・文/藤田麻希根津美術館のコレクションを築いた根津嘉一郎、五島美術館の五島慶太、藤田美術…

  25. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵  

    ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆるい、かわいい、たのしい美術 ―】

         

    取材・文/藤田麻希現代社会では上手いとは言えないけれども、親しみがもてるような絵や字のことを…

  26. 1978年に東京・有楽町の日本劇場に登場した広告 提供:元20世紀フォックス宣伝本部長、古澤利夫氏撮影  

    『スター・ウォーズ』の歴史と進化を体感!「STAR WARS(TM) Identities:The Exhibition」

         

    取材・文/池田充枝「遠い昔、遥か彼方の銀河系」を舞台としたスター・ウォーズ・シリーズ…

  27. アルフォンス・ミュシャ《舞踏―連作〈四芸術〉より》1898年 カラーリトグラフ ミュシャ財団蔵 (C)Mucha Trust 2019  

    現代日本のマンガにも多大な影響を与えたミュシャ【みんなのミュシャからマンガへ――線の魔術】

         

    取材・文/池田充枝19世紀末から20世紀初頭にかけてパリで活躍し、アール・ヌーヴォー…

  28. 妖女襖絵  

    京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と藤井湧泉奉納襖絵特別公開】

         

    取材・文/末原美裕京都の夏の暑さは盆地ゆえに厳しい、とよく言われます。昔から酷暑に晒…

  29. デイノ二クス 復元骨格 (C) Courtesy of Yale Peabody Museum, photograph by Robert Lorenz  

    謎の恐竜『デイノケイルス』、北海道で発見された『むかわ竜』|恐竜研究の「新常識」を大迫力の展示で辿る!【特別展「恐竜博2019」】

         

    取材・文/池田充枝「恐ろしいツメ」を意味するデイノニクス。アメリカで発見された新種の肉食恐竜…

  30.  

    銭湯研究家・町田忍さん渾身の「銭湯ジオラマ」の圧倒的リアリティに脱帽!

         

    江戸時代、すでに町内に一軒はあったという銭湯は、老若男女問わず庶民の憩いの場だった。浮世風呂という言…

PAGE TOP