新着記事

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

中華鍋で手軽に燻製作り鯖の燻製の作り方を東京・柳橋で居酒屋『玉椿』を営む山本功さん(52歳)に指…

2016年10月29日、「樹木希林の遺言」の演題で静岡市にて開催された講演の模様をDVDで初公開。希林さんが講演を引き受けることは滅多になく、講演自体が貴重な記録だ。講演では、希林さん独特の人生観、死生観が、時折笑いを交えながら、淡々と語られた。

女優・樹木希林が明かした“幸せの極意”|全身がん公表後の講演会がDVDブックで初公開

昨年9月に75歳で亡くなった女優・樹木希林さんの講演会の貴重な記録が、DVDつき書籍『樹木希林 ある…

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

文/晏生莉衣ラグビーワールドカップ、東京オリンピック・パラリンピックと、世界中から多…

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

ティーンやアラサーだけではない。最近は40代の魅力的な女性に人気が集まっている。 株式会社CMサ…

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

仕事でもよく聞く「ガバナンス」と「コンプライアンス」だが、その違い、本当にわかっているだろう…

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

文/藤原邦康これまでアゴとスポーツの知られざる関係性について述べてきましたが、その締めくくり…

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

文・絵/牧野良幸ショーケンこと萩原健一さんが3月に亡くなった。ご本人は2011年から…

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

文/編集部春は新しいことに挑戦したくなる季節。健康増進のため、感性や教養を磨くため、…

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  サライの通販「らくだ屋通信販売部」商品についての記事一覧

  1.  

    リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』|イギリスに学び日本で生まれた「究極の鞄」

         

    サライの連載『リンボウ先生のおとこの買いもの』でもおなじみ、イギリスの生活文化に詳しい作家・林望さんが監修した鞄が、ついに完成した。その名も『いのちの3WAYかばん』。リンボウ先生が鞄に求めるのは、「万一災害に遭遇しても、鞄…

  2.  

    西陣織の段違い格子柄ストール|シルクの肌触りと軽やかな巻き心地

         

    春先の肌寒いときには空気を含んで暖かく、汗ばむ季節には通気性に優れる、一年を通して快適に使え…

  3.  

    壺渋のバケットハット|柿渋染めした牛革製の上質な帽子

         

    「壺渋」とは、伝統の柿渋染めを改良し、熟練した職人が納得するまで何度も柿渋を生地へと染め重ね…

  4.  

    革の匠がつくった一枚革ベルト|肉厚の一枚革を使用、使い込むほどに風合いが増す

         

    イタリアンレザーの一枚牛革を贅沢に使った、肉厚のベルトである。その厚みは約4mm、どっしりと…

  5.  

    南部鉄器のふた付きフライパン|じっくり熱が伝わり食材のうま味を引き出す

         

    400年以上の歴史を誇る南部鉄器のフライパンである。鋳造技法で作られた分厚いフライパンは蓄熱…

  6.  

    江戸切子の桜の酒杯|小さなグラスにガラス工芸の技法を凝縮

         

    待ちに待った春の到来を寿ぐ、桜をあしらった江戸切子である。世界に誇るガラス工芸品である江戸切…

  7.  

    ストレッチデニムのカバーオール|作業から外出まで気軽に羽織れるデニム製の万能着

         

    庭仕事などの作業から外出まで、なんでもこなせるのがカバーオールのいいところ。当店に届いたのは…

  8.  

    絣紬の作務衣|軽快な着心地が爽やかなくつろぎ作務衣

         

    肌触りよく軽い着心地。これからの季節、思わず屋外に出かけたくなるような、軽快な作務衣をご紹介…

  9.  

    銀イオン配合バス3点セット|座面が高く立ち座りが楽!考え抜かれた浴室具

         

    毎日使うものだから、考え抜かれたデザインで体に楽なものを選びたい。ということで、今回は浴室の…

  10.  

    欅のこぶ付き指圧棒|絶妙な具合でツボを刺激する天然木の指圧棒

         

    指圧、叩き、腰のマッサージといった3通りの使い方ができる、国産材で作った指圧棒である。…

  11.  

    メイドイン京都の小さなおりん|澄んだ音色が心地よい手のひらサイズのおりんセット

         

    一度叩けば余韻が長く、高く澄んだ音色が耳に心地よい。「佐波理」という銅と錫の合金で作られた、…

  12.  

    出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品

         

    柿の古木のなかで黒い紋様が現れた材を「黒柿」と呼ぶ。黒柿はどの木にも出てくるものではなく、貴…

  13.  

    鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶

         

    鉄瓶といえば、このアラレ模様の姿をイメージする。アラレとは、表面に付けられた丸い凸部を指し、…

  14.  

    散歩や街歩きにちょうどよい!小振りな薄型レザーショルダーバッグ

         

    散歩や街歩きにちょうどよい大きさの牛革バッグをご紹介。体に馴染む薄型ながら収納が充実、財布や…

  15.  

    岡山デニムのレザーオンハット|デニムとレザーの渋い組み合わせが好相性

         

    倉敷市を中心にデニム関連企業が集積したことから、岡山で作られる生地は「岡山デニム」と呼ばれ、…

  16.  

    スーパー穴あきオタモ|軽く持てて清潔に使えるステンレス一体型ザル

         

    台所にあれば必ず重宝する、ステンレス一体型のザルをご紹介。ザルの目は金網ではなく、パンチング…

  17.  

    木と革の腕時計|着けたとたん木の温もりが伝わるドイツ製の名品

         

    ドイツの時計ブランド「ゼイソルズ」から届いた、洗練されたデザインと温かみが共存する木製腕時計…

  18.  

    名画マフラー伊藤若冲|躍動的な若冲の色世界を艶やかに再現!

         

    無造作に巻いても、豊かな表情を見せる美しいマフラーである。今号の特集で紹介している江戸中期の…

  19.  

    帆布と牛革の大人のランドセル|これぞ紳士のランドセル!な散歩リュック

         

    大きなフラップ(かぶせ蓋)が目を引く、ランドセルタイプのリュックである。フラップにはタンニン…

  20.  

    ミニかんすけ・匠|燗酒をもっと手軽に楽しめる純錫の酒器セット

         

    近年、各地に意欲的な蔵元が増え、日本酒のレベルがぐんぐん上がってきた。日本酒好きには大歓迎だ…

  21.  

    精密コマ NEXT-CHRONUS|時が止まったように回り続ける金属コマ

         

    鈍く光る金属製の物体。これはオブジェか、それとも何かの精密機器の部品か。その正体は、金属加工…

  22. 名前の音読みから「リンボウ先生」と通称される林望さんは、若き研究者時代にケンブリッジ大学とオックスフォード大学で研究生活を送り、英国での体験を綴った名エッセイ『イギリスはおいしい』や、『謹訳 源氏物語』などの古典翻訳でも知られています。  

    あの林望先生が考えた理想のバッグをサライ公式通販で発売!リンボウ先生の『いのちの3WAYかばん』

         

    雑誌『サライ』の連載「リンボウ先生のおとこの買いもの」が好評の作家/国文学者・林望(はやし・のぞむ)…

  23.  

    高さが変わる座椅子|木工職人の創意工夫が結実した画期的な椅子

         

    テレビを見るときや食事をするときなど、場面に合わせて、座面の高さを3段階に調節できる、じつに…

  24.  

    銅製の急須と茶筒|金属製品の里・燕の職人が丹精を凝らした茶器

         

    金属製品の製造が盛んな町、新潟県燕市。燕商工会議所では「メイド・イン・ツバメ」認定委員会を設…

  25.  

    華唐草の藍染めののれん|昔ながらの織機が紡ぐ武州正藍染の正統

         

    古来「武州」と称されてきた埼玉県一帯は、江戸時代から藍染め織物の生産が盛んとなり、明治の最盛…

  26.  

    おぼろ百年の極 フェイスタオル|老舗の夢を実現した究極のタオル

         

    三重県津市で、明治41(1908)年に創業した「おぼろタオル」は、その名のとおりタオルひと筋…

  27.  

    ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の極薄読書メガネ

         

    今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

  28.  

    ローレッツ 万年毛筆とボールペン|金属の輝きと美感が際立つ切削加工の高級筆記具

         

    「うちの強みは“超美麗”切削加工技術です」と胸を張るのは、長野県諏訪市にある丸安精機製作所取…

  29.  

    浅草・箱長 桐のパンケース|木の力でおいしさを保つ桐のパンケース

         

    いくら旨いパンでも、時間とともに劣化はする。放っておけば乾燥して固くなるし風味も落ちる。そこ…

  30.  

    欅のおーるいん椀|ぴたりときれいに重なる拭き漆の木椀

         

    「伝統的な漆器づくりにとどまらず、プラスチックの素地にウレタン塗装を施した合成漆器の生産に取…

PAGE TOP