新着記事

絞り出し・至高急須|茶葉本来の魅力を引き出す、デザインの妙

難しく考えてしまいがちな独学を身近なものに|『独学のススメ-頑張らない! 「定年後」の学び方10か条』

頑張らない独学のススメ|「定年後」の学び方

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜とは…?|免疫力向上のために取り組んでいること第1位は「食事・栄養に気を配っている」!

免疫力を高めるために摂取すべきだと思う野菜1位はブロッコリー

【ビジネスの極意】 「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

【ビジネスの極意】「チーズはどこへ消えた?」から何を学ぶべきか?

姫革細工の長財布|華やかさと気品を添える、和モダン柄の美しい財布

コリン・フェルナンド、世話好きの配管工の彼の愛車は、1929年生まれのFORDだ

1929年生まれのFORDが愛車!|ニュージーランドはクラッシックカーを愛す

緑内障の要介護者、半数は自覚症状が出てから診断

中途失明の原因1位「緑内障」|約5割が「見え方の異常」から眼科受診で判明

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ヌアージュ|ジャズが芸術音楽になるとき【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第25巻より

文/後藤雅洋

ジャズはいろいろな点で特殊な音楽ですが、他の音楽ジャンルと比べた最大の特徴は「世界的広がり」をもっているところです。つまり、ヨーロッパや日本など、ジャズが生まれたアメリカ以外の地域でも幅広く演奏され、愛聴されているのです。もちろんタンゴやボサ・ノヴァなども、それらが生まれたアルゼンチンやブラジル以外の国々でも演奏され愛好されていますが、ミュージシャンの数やファン層の厚みでは、やはりジャズが突出しているようです。この号のテーマは、ヨーロッパのジャズにスポットを当て、その歴史・変遷・特徴を探るとともに、ジャズという音楽の伝播力の強さ、特殊性について考えてみようと思います。

北極に近づくほど距離が実際より離れて描かれる平らな「世界地図」ではピンときませんが、丸い地球儀を斜め上から眺めてみると、ジャズの中心地ニューヨークと大西洋を挟んだロンドン、パリは思いのほか近い。また、イギリスで弾圧されたピューリタン(清教徒)の一部が新大陸アメリカに移住したという建国の歴史もあって、アメリカとヨーロッパはきわめて近しい間柄。他方、はるばる陸路を辿り西海岸サンフランシスコから、大西洋よりはるかに広い太平洋を渡ってようやくたどり着く日本にもジャズは浸透してきたのですから、その伝播力はなかなかのものなのです。

ジャズがヨーロッパの人々に幅広く知られだしたのは、1914年に始まった第1次世界大戦がきっかけでした。17年にはアメリカも参戦し、それに伴って「軍楽隊」がヨーロッパ大陸に渡り、負傷兵の慰問など各地を巡演したのです。軍楽隊の演奏はジャズそのものではなく、ポピュラー・ミュージックを「ジャズ風」に演奏したものでしたが、それでもヨーロッパの聴衆の耳には新鮮に響きました。軍楽隊の中にはジャズマンもいて、彼らが仕事の合間を縫って現地のダンス・バンドなどに客演し、こうした交流から初めて「本場」のジャズマンにヨーロッパの聴衆が触れることになったのです。このあたりの事情は、第2次世界大戦後に日本に進駐してきたアメリカ軍の中にいたピアニスト、ハンプトン・ホーズなどが、「本場」のジャズを日本のミュージシャンたちに教えたこととちょっと似ていますね。

もうひとつの共通点は、戦後の日本人が「何か新しいもの」を求めていた気分に似たものが、当時のヨーロッパにはあったのです。それはクラシック音楽の「煮詰まり感」でした。ヨーロッパにはそれぞれフランスのシャンソンやスコットランド民謡、スペインのフラメンコなど地域ごとの民衆音楽がありますが、それらを覆うように君臨するクラシック音楽の伝統、影響力もきわめて大きかったのです。そのクラシックが聴衆の嗜好・日常感覚から遊離しはじめ、それを危惧した音楽家たちの中からも「新しい音楽」を求める気分がわき起こりつつありました。

まさにそうしたタイミングで「実際の演奏」としてジャズが聴衆の耳に届いた効果はたいへん大きく、一種のブームのようになったのです。「ブーム」の中身はエキゾチシズム趣味と言ってもよいかもしれません。アメリカに比べ黒人に対する偏見が希薄なヨーロッパでは、「黒人文化」としてのジャズがいい意味で好奇の眼で見られたフシがうかがえます。わかりやすい例は、25年「黒いヴィーナス」の異名をとった黒人ダンサー、ジョセフィン・ベイカーがパリのシャンゼリゼ劇場に登場し、一大センセーションを巻き起こしたことでしょう。彼女はベルリンはじめ、ウィーンやプラハなどヨーロッパ各地で魅惑的なダンス・レヴューを行ないましたが、その衣装は腰にバナナを吊しただけというたいへん刺激的なものでした。「ローリング・トウェンティーズ」あるいは「ジャズ・エイジ」などとも称された、20年代のちょっと騒々しいアメリカ風俗は、当時流行したチャールストン・ダンスなどとともにヨーロッパにも波及し、そうした「時代の気分」とともに「ジャズ」は大西洋を越えたのでした。

こうした風潮を背景に、第1次大戦終結後の30年代にはデューク・エリントンはじめ、ルイ・アームストロングなど本場の超一流ジャズマンが相次いでヨーロッパを巡演するようになり、ジャズのヨーロッパ伝播は確実なものとなったのです。アメリカとヨーロッパの距離的近さ、歴史的近さを感じさせる現象ですね。

■芸術音楽としてのジャズ

とはいえ、この時代のヨーロッパ・ジャズは模倣、学習の域を出ず、もっぱら本場ジャズマンのコピーに終始していました。このあたりの事情はまさに第2次大戦後の日本のジャズ・シーンを彷彿させます。しかし、唯一ともいえる例外がありました。ベルギーに生まれたロマ出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトです。彼は火事のため左指に火傷を負うというハンディキャップにもかかわらず、ジプシー・ミュージックとジャズをきわめて高度なレベルで融合させたのです。

こうした例外はありましたが、ヨーロッパ・ジャズもまた第2次大戦のため大きな停滞を余儀なくされます。ナチス・ドイツの台頭です。その人種差別は黒人にも及び、ジャズは「退廃芸術」として逼塞を迫られたのです。「敵性音楽」として禁止されたのは、枢軸国であるイタリア、日本も同じでした。しかし第2次大戦の終了とともに、それこそ押し付けられたバネが一気に弾けるようにして、再びジャズはヨーロッパで息を吹き返したのです。そしてここでも第1級のジャズマン、チャーリー・パーカーやマイルス・デイヴィスたちのヨーロッパ巡演が大きなきっかけとなりました。戦後間もない40年代後半のことでした。

とりわけ解放後のパリでは、地下の酒蔵を改造した「実存主義酒場」などという一風変わった空間で、ジャズ・トランペッターでもある作家ボリス・ヴィアンが、パリを訪れたチャーリー・パーカーを実存主義哲学で有名なジャン・ポール・サルトルに引き合わせたりという「変わった交流」が象徴するように、ジャズが「傾聴すべき芸術音楽」として時代の脚光を浴びたのです。

文/後藤雅洋(ごとう・まさひろ )
1947年、東京生まれ。67年に東京・四谷にジャズ喫茶『いーぐる』を開店。店主として店に立ち続ける一方、ジャズ評論家として著作、講演など幅広く活動。

>>「隔週刊CDつきジャズ耳養成マガジン JAZZ100年」のページを見る

ワルツ・フォー・デビイ〜ジャズに親しむにはピアノ・トリオから

マイ・ファニー・ヴァレンタイン〜なぜトランペットは「ジャズっぽい音」か

朝日のようにさわやかに〜ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり

チュニジアの夜〜テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由

センチメンタル・ジャーニー〜アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは

イパネマの娘〜ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは

奇妙な果実〜ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?

シング、シング、シング〜南部で生まれた黒人音楽の影響

グルーヴィン・ハイ〜ジャズを変えたビ・バップ革命

木の葉の子守唄〜映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”

クール・ストラッティン〜モダン・ジャズの完成形

死刑台のエレベーター ~ ジャズの〝新しい波〟

ストレート、ノー・チェイサー ~ ミュージカルや映画から名曲を借りる

ザ・サイドワインダー ~新しい波を起こした「ファンキー・ジャズ」

処女航海 ~ アドリブ手法を転換させた「モード・ジャズ」

ファイヤー・ワルツ 〜 ジャズの魅力は〝ライヴ〟にあり

ブルース・マーチ ~名演の陰に名ドラマーあり

ジャンゴ ~ エレクトリック・ギターの出現

スイート・ジョージア・ブラウン ~楽器の音色が演奏の〝温度〟を決める

リメンバー ~「B級」にこそジャズが匂い立つ

ラウンド・ミッドナイト ~個性のぶつかり合いから生まれるジャズ

フル・ハウス ~ジャズとブルースは兄弟として育った

ジャンピン・アット・ウッドサイド ~サウンドのビッグ・バンドと即興のコンボ

ア・デイ・イン・ザ・ライフ ~ミュージシャンとプロデューサーの役割分担

ヌアージュ ~ジャズが芸術音楽になるとき

この素晴らしき世界 ~男性ヴォーカルがわかれば「ジャズ耳」は完成

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日 「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入…
  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。 ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いてい…
  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。 なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイ…
  4. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』 モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ…
  5. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT) なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャ…
PAGE TOP