新着記事

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

株式会社博報堂の次世代育児アイテムPechat(http://pechat.jp/)開発チームと博報…

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

春。肌の露出も増えてくるこの時期、30歳以上の「大人女子」のみなさんにとって、顔はもちろん、…

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

文/池上信次前回の続きで、ビル・エヴァンスの定説の見直しです。エヴァンスはけっして「ピアノ・…

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

瞑想がストレス軽減や生産性向上に繋がることはご存知でしょうか?瞑想は、世界中で5億人以上が実践し…

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

「最近風邪を引いても治りにくい」、「寝ても疲れが取れない」、「花粉症などアレルギー症状が出る…

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

写真・文/矢崎海里コロナウイルスにより、さまざまな業界が打撃を受けています。なかでも一斉休校…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(11月22日~12月21日) きじとら猫今週は、…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

自己啓発本の元祖とも言われる、D・カーネギーの「人を動かす」という著作。そこには「盗人にも五…

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味ワイン

  1. 「ワインの王様」と呼ばれるピノ・ノワールは、飲み手にとっても造り手にとっても思い入れを抱きがちなぶどう品種。  

    『noma(ノーマ)』のワインリストにも掲載! 日本産ピノ・ノワールの現在「第3回日本ワイン ピノ・ノワールサミット」

         

    取材・文/鳥海美奈子2月中旬、都内で「第3回日本ワイン ピノ・ノワールサミット」が開催されました。日本各地からワイン生産者が集い、消費者と交わりながら、ピノ・ノワールを試飲提供するイベントです。涼しい気候を好…

  2.  

    「日本庭園」のようなワインとは? 1000年のワイン造りを目指すシャトー・メルシャンと、十六代目佐野藤右衛門氏の日本庭園の関係~その2~

         

    日本庭園のようなワインとは何か。その真意を究明すべく、シャトー・メルシャンのチーフ・ワインメーカー安…

  3.  

    「日本庭園」のようなワインとは? 1000年のワイン造りを目指すシャトー・メルシャンと、十六代目佐野藤右衛門氏の日本庭園の関係~その1~

         

    近年、日本ワインの国際的評価が極めて高くなっている。葡萄の栽培技術や醸造技術の進歩という理由もあるけ…

  4. サッシカイアの3銘柄。「サッシカイア2016」 2万2000円。カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カベルネ・フラン15%。カシスなどブラックベリーの香りとしなやかなタンニン。「グイダルベルト 2017」6500円 カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロ40%。 「レ・ディフェーゼ 2017」3900円 カベルネ・ソーヴィニヨン70%、サンジョヴェーゼ30%。※価格は2020年1月時点。問:エノテカ・オンライン0120・81・3634(フリーダイヤル)  

    イタリア中部のトスカーナ州に誕生したワインのスター生産者たち=スーパータスカン「サッシカイア」の奇跡

         

    取材・文/鳥海美奈子イタリアワインにそれほど詳しくない人でも、“スーパータスカン”という言葉…

  5. 病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。  

    【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

         

    取材・文/鳥海美奈子【その1はこちらです】小山田さんが志向するのは、日本の風土を表現…

  6. 「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。  

    【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

         

    取材・文/鳥海美奈子「ワイン造りは、農業としての芸術表現だ」山梨県にあるドメ…

  7. ビオで栽培されたブドウ。農薬や化学肥料を使わず、下草を生やすことで生物多様性を守る。  

    オーガニック栽培で造る新しいドイツワイン|ビオワインの中心地、ドイツ・ラインヘッセンの試み

         

    取材・文/鳥海美奈子ヨーロッパのなかで、ドイツは環境問題において先駆的な役割を果たし…

  8. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。  

    スパイシーな中華料理にも合う赤のスパークリングワイン|肉に合わせて楽しめる、新しいスタイルの“赤い泡”[PR]

         

    国内では珍しい赤のスパークリングワインが登場し、話題を集めている。香辛料などを使ったスパイシーな…

  9. wine  

    日本ワインウィーク2019@丸の内ハウス、無料試飲付きミニセミナーを開催!

         

    国産ぶどうを100%使用した日本ワインは、近年ますます注目度があがっています。昨年大好評だっ…

  10.  

    だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

         

    文/遠藤利三郎(ワイン評論家) 日本を代表するワインを産み続けるシャトー…

  11. 酒井ワイナリーのワインは決して高価ではないが、「他国の3000円代のワインと比較して、よりいいと思ってもらわなければいけない。危機感がある」と話す。  

    【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書家の栽培醸造家が、その思考と哲学を結晶させたワイン~その2~

         

    取材・文/鳥海美奈子【その1はこちらです】酒井一平さんは、今年40歳になった…

  12.  

    【日本ワイン生産者の肖像7】酒井一平さん(酒井ワイナリー)|読書家の栽培醸造家が、その思考と哲学を結晶させたワイン~その1~

         

    取材・文/鳥海美奈子ワイン造りはレヴィ=ストロースの構造主義と同じワインを真に識るこ…

  13. 今年、五つ星を受賞した15ワイナリーのワインが一堂に。  

    約300のワイナリーが日本ワインブームを支える!|第2回「日本ワイナリーアワード」は15ワイナリーが最高位の「5つ星」を獲得

         

    取材・文/鳥海美奈子日本のワイナリー数は現在、約300にも上り、大変な人気を博してい…

  14. 世界中からプレスやソムリエなどが集まり、現在のシャンパーニュの最新の流れや傾向を知るため試飲を繰り返す。  

    小さな農家の生産者が造るオリジナルのシャンパーニュ|シャンパンの新潮流を味わう(フランス・ランス)

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスのシャンパーニュ地方では毎年、4月になると約1週間にわたり、「L…

  15. 試飲会に出た甲州ワイン。生産者の考えにより、さまざまな味わいのバリエーションがある。  

    日本のワイン造りの始まった地「勝沼」の新たな魅力|「甲州ワイン」の現在

         

    取材・文/鳥海美奈子山梨県甲州市勝沼には、約30ものワイナリーがあります。勝沼はもともと生食…

  16. 左は信州たかやまワイナリーの「メルロー&カベルネ2017年」、右はカンティーナ・リエゾーの「チャオ・チャオ ロッソ・メルロー2017」。  

    人口7200人ほどの小さな村は、なぜ日本ワインの名産地になれたのか?|長野県高山村の挑戦

         

    取材・文/鳥海美奈子個性的な生産者が多々登場し、質も向上していることから、ブームが続く日本ワ…

  17. 新しい表示基準で日本ワインはこう変わる  

    ー原材料や生産地などがより明確にー新しい表示基準で日本ワインはこう変わる|『第5回 日本ワイン祭り~JAPAN WINE FESTIVAL~』

         

    国産葡萄を100%使用することが「日本ワイン」の絶対条件。産地呼称など生産者は対応を余儀なくされてい…

  18. 幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。  

    【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

         

    取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

  19.  

    サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集です

         

    文/編集部食や酒をテーマにしたサライムック『美味サライ』の最新刊を発売しました。前号では銀座…

  20.  

    オーストリアの「緑のワイン」をワイン居酒屋「ホイリゲ」で満喫

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)オーストリアは紀元前からの歴史を持…

  21.  

    【日本ワイン生産者の肖像5】中澤一行・由紀子さん夫妻(ナカザワヴィンヤード)|会社員からワイン生産者に。次代へと繋ぐワイン造りの理性と情熱

         

    取材・文/鳥海美奈子その白ワインは、可憐な少女のような佇まいを持っている。決して大胆に、飲み…

  22.  

    オキュズギョズにボアズケレ!? トルコワインのブドウ品種名が不思議すぎ

         

    文・写真/横溝絢子(トルコ在住ライター)トルコワインの歴史は古く、その始まりは紀元前…

  23.  

    【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

         

    取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

  24.  

    檀ふみさんが「ワインブーケ」で極上シャンパーニュを個人輸入してみた[PR]

         

    ワイン好きで知られる女優の檀ふみさんが、スマートフォンからワイン購入サイトの「ワインブーケ」(htt…

  25.  

    ドメーヌ・ド・ラルロ|銘醸地ニュイ・サン・ジョルジュで醸される繊細なワイン

         

    取材・文/鳥海美奈子世界に冠たるフランス・ブルゴーニュワイン。とりわけ銘釀地として知られるコ…

  26.  

    シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの有機農業振興団体アジャンス・ビオによれば、2015年の…

  27.  

    【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイナリー)|北海道・空知でつむぐ理想のワイン造り

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワイン“中興の祖”。ブルース・ガットラヴさんには、そんな形容…

  28.  

    【日本ワイン生産者の肖像2】佐々木賢さん・佳津子さん(農楽蔵)|自然と調和した「北海道らしいワイン」を求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子身体になんの違和感もなく、するりと喉から胃腑へと滑り落ちていく。…

  29.  

    【日本ワイン生産者の肖像1】曽我貴彦さん(ドメーヌ・タカヒコ)|日本の風土に合うピノ・ノワールを求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワインにおける、ピノ・ノワールの可能性を切り拓いた人物。ドメ…

  30.  

    ドメーヌ・ビゾ|偉大なるグラン・ヴァンを生む秘訣とは【ブルゴーニュのワイン生産者を巡る】

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスのブルゴーニュ地方は、世界的に高く評価されるワインの銘醸…

PAGE TOP