新着記事

龍爪梅花皮の酒器|優美な白の縮れはこの世にひとつ

琵琶湖を望む滋賀県湖西地方の陶房「日ノ出窯」から届いた、釉薬の縮れがなんとも艶やかな酒器。光…

国宝 銅剣・銅鐸・銅矛(部分) 島根県出雲市 荒神谷遺跡出土 弥生時代・前2~前1世紀 文化庁蔵(島根県立古代出雲歴史博物館保管)

出雲と大和の名品を一堂に集めた展覧会【日本書紀成立1300年 特別展 出雲と大和】

取材・文/池田充枝令和2年(2020)は、わが国最古の正史『日本書紀』が編纂された養老4年(…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

【夫婦の距離】夫婦間で逆転! 広がりつつある年賀状格差~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

明智光秀謀反の陰に病あり??

明智光秀謀反の陰に病あり??|現役医師が「光秀のカルテ」を作る!

文/倉田大輔2020年NHK大河ドラマ『麒麟がくる』の主人公である明智光秀。…

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!

腰痛・坐骨神経痛を解消!腰やお尻の痛みを治す“殿筋ストレッチ”!【川口陽海の腰痛改善教室 第33回】

文/川口陽海■腰からお尻あたりにかけていつもなんとなく痛い、重い■ずっと座っていると…

『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

戦国物の大河ドラマで初の4K放送となる『麒麟がくる』。単純にハイビジョン放送の4倍の画素数という高画…

ポータブル蓄電池|自然災害による停電に備える 電気を備蓄する大容量蓄電池

毎年のように、台風や豪雨で大きな被害が発生するようになった。電気や水道などの社会インフラが機…

葛飾応為「吉原格子先之図」太田記念美術館蔵

この世に一枚の肉筆浮世絵の名品が勢ぞろい【肉筆浮世絵名品展 ―歌麿・北斎・応為】

取材・文/池田充枝浮世絵の大部分を占めるのは、絵師が版下絵を描き、彫師、摺師の手を経…

圧巻のコショウコーナー。何とも言えない爽やかな香りがショップ内に立ち込めて居心地がいい。皆ここでしばし足をとめて、真剣な面持ちでボックス内をのぞき込む。

料理好きがふらり集う、ドイツグルメ王監修のスパイスショップ「シューベック」(ミュンヘン)

文・写真/キュンメル斉藤めぐみ(海外書き人クラブ/ドイツ在住ライター)世界的に著名な政治家や実業…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養クラシック音楽

  1. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura  

    クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

         

    文/堀けいこいつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな、旅から生まれた数々の音楽(ものがたり)を、華やかな“音楽の祭典”で楽しみたい。旅の目的は人それぞれ。絶景との出会い、史跡めぐり、美術館…

  2. 松本零士  

    【インタビュー】松本零士さん(漫画家)「知る人ぞ知るクラシック漫画を描き続けたあの頃」

         

    小学館のFM放送番組表を中心にしたオーディオと音楽の情報誌『FMレコパル』(1974年創刊)…

  3. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉  

    エアチェック世代には懐かしい一冊! 松本零士幻の名作がCDつきで復刊

         

    70年代に隆盛を極めたFM誌『FMレコパル』。そこに連載されていた「ライブコミック」から、松…

  4.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  5.  

    ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

  6.  

    バンドネオンの革命児・小松亮太の面白すぎるベスト盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年デビュー20周年を迎えた、1973年生まれのバンドネ…

  7.  

    庄司紗矢香×テミルカーノフによる味わい深いヴァイオリン協奏曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)人の声のように親密に大切なことを語りかけてくるヴァイオリ…

  8.  

    名指揮者ラトルの本領発揮!新鮮で自由な空前のハイドン名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表する名指揮者サー・サイモン・ラトルは、長らく率…

  9.  

    カウンターテナーの新星ファジョーリの神の歌声を堪能『ヘンデル:アリア集』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)男が裏声で歌うカウンターテナーの中性的で気品ある魅力は、…

  10.  

    ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

  11.  

    ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)アフリカ南東部に浮かぶ大きな島、マダガスカルの音楽といっ…

  12.  

    現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今クラシック音楽の世界で、もっとも重要な潮流が、作曲家の…

  13.  

    大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

  14.  

    幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた

         

    文/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック音楽の殿堂として知られるサントリーホール(東京・…

  15.  

    若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)とてつもないピアニストが現れた。2011年に13歳でパリ…

  16.  

    後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)20世紀初頭に爛熟期を迎えていた後期ロマン派の、秘められ…

  17.  

    実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「シャンソンとはこのように歌われるべき」とジュリエット・…

  18.  

    朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1985年韓国生まれ、韓国と日本で育ったギタリストの朴葵…

  19.  

    プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑作ピアノデュオ【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)バルトークと並んで、近現代音楽への扉を開けてくれる最重要人物…

  20.  

    カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするような生々しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ハンガリー出身の作曲家バルトーク(1881~1945)ほ…

  21.  

    カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1966年スペイン東部カタルーニャ生まれのフラメンコ・ギ…

  22.  

    アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望の見事なモーツァルト【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1969年にポーランド人とハンガリー人の両親のもと生まれ…

  23.  

    プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1923年ドイツに生まれ、ナチスから逃れてからはアメリカ…

  24.  

    モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)こんなに美しいギター曲が、まだまだ世の中にはあったのだ!…

  25.  

    ファン・ディエゴ・フローレスのモーツァルト・アリア集|スター歌手の瑞々しい新境地【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代のオペラ界で――とりわけ19世紀前半のイタリアで興隆…

  26.  

    バルトロメイ&ビットマン|ウィーンの弦楽デュオによる無類に楽しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック音楽の世界も、いまどんどん変わってきている。名…

  27.  

    ザ・リアル・グループ|スウェーデンが誇るア・カペラ・ヴォーカル【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)スウェーデンが世界に誇るア・カペラ・ヴォーカル・アンサン…

  28.  

    円熟の巨匠ムーティ×ウィーン・フィルの香り高い響き【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)指揮者リッカルド・ムーティの芸境が最円熟期を迎えている。…

  29.  

    常に座右に置いておきたいバッハのヴァイオリン曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)風のような軽やかさと、深い味わいが楽しめるのが『J・S・…

  30.  

    鬼才クルレンツィスによる「悲愴」の悪魔的演奏【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)いま世界で最も騒がれている指揮界の風雲児で、西ウラルのペ…

PAGE TOP