新着記事

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

波佐見焼のおひつ2色セット|冷やご飯が、ふっくら炊き立てによみがえる

小高い山に囲まれた盆地に瓦屋根の静かな町並みが広がる長崎県波佐見町。この地で400年以上にわ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】旬のさんまを使った炊き込みご飯と蒲焼きレシピ

写真・文/矢崎海里食欲の秋の代表的な味覚のひとつとして、さんまが挙げられます。8…

スミカマの槌目模様の包丁|欧米で脚光を浴びる老舗が古風な包丁を近代的にアレンジ

刃物の産地として有名な岐阜県関市に、海外からも厚い支持を集める企業がある。従業員は30人ほど…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養クラシック音楽

  1. クラシックのコンサートとはいえ、観客はカジュアルな服装で会場に入ることができる。(c)teamMiura  

    クラシック音楽をもっとポピュラーに!|注目の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」が、GWに東京へやってくる

         

    文/堀けいこいつの時代にも、作曲家たちは新たなインスピレーションを求めて旅をした。そんな、旅から生まれた数々の音楽(ものがたり)を、華やかな“音楽の祭典”で楽しみたい。旅の目的は人それぞれ。絶景との出会い、史跡めぐり、美術館…

  2. 松本零士  

    【インタビュー】松本零士さん(漫画家)「知る人ぞ知るクラシック漫画を描き続けたあの頃」

         

    小学館のFM放送番組表を中心にしたオーディオと音楽の情報誌『FMレコパル』(1974年創刊)…

  3. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉  

    エアチェック世代には懐かしい一冊! 松本零士幻の名作がCDつきで復刊

         

    70年代に隆盛を極めたFM誌『FMレコパル』。そこに連載されていた「ライブコミック」から、松…

  4.  

    チェリビダッケ×ミュンヘン・フィルによる高純度のラヴェル名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)生前はクラシック音楽界の帝王カラヤンの最大のライバルとし…

  5.  

    ショパンのバラードの偉大さを雄弁に伝えるアンスネスの名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)あまりにも多く、軽々しく演奏されすぎているせいか、ショパ…

  6.  

    バンドネオンの革命児・小松亮太の面白すぎるベスト盤【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年デビュー20周年を迎えた、1973年生まれのバンドネ…

  7.  

    庄司紗矢香×テミルカーノフによる味わい深いヴァイオリン協奏曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)人の声のように親密に大切なことを語りかけてくるヴァイオリ…

  8.  

    名指揮者ラトルの本領発揮!新鮮で自由な空前のハイドン名曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代を代表する名指揮者サー・サイモン・ラトルは、長らく率…

  9.  

    カウンターテナーの新星ファジョーリの神の歌声を堪能『ヘンデル:アリア集』【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)男が裏声で歌うカウンターテナーの中性的で気品ある魅力は、…

  10.  

    ネルソンスのショスタコ4番&11番|丹念で緊密な合奏が描く2つの巨大交響曲【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「スターリンの影の下でのショスタコーヴィチ」シリーズ第3…

  11.  

    ギターのクールで美しい響きを楽しめるマダガスカルの音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)アフリカ南東部に浮かぶ大きな島、マダガスカルの音楽といっ…

  12.  

    現代と違う作曲当時の響きを実感できるラヴェル管弦楽集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今クラシック音楽の世界で、もっとも重要な潮流が、作曲家の…

  13.  

    大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

  14.  

    幻の音色!サントリーホール秘蔵の歴史的ピアノを試弾してみた

         

    文/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック音楽の殿堂として知られるサントリーホール(東京・…

  15.  

    若きピアニストのおそるべき才能に戦慄する1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)とてつもないピアニストが現れた。2011年に13歳でパリ…

  16.  

    後期ロマン派の知られざる秘曲に浸る愉悦の1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)20世紀初頭に爛熟期を迎えていた後期ロマン派の、秘められ…

  17.  

    実力派シャンソン歌手の明晰なる美唱に惚れる1枚【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)「シャンソンとはこのように歌われるべき」とジュリエット・…

  18.  

    朴葵姫『ハルモニア』|まろやかで濃厚な生ギターの音色に浸る喜び【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1985年韓国生まれ、韓国と日本で育ったギタリストの朴葵…

  19.  

    プロコフィエフ・フォー・トゥー|ギラギラとした色彩感ある音色の傑作ピアノデュオ【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)バルトークと並んで、近現代音楽への扉を開けてくれる最重要人物…

  20.  

    カピュソンのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲集|木の匂いのするような生々しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ハンガリー出身の作曲家バルトーク(1881~1945)ほ…

  21.  

    カニサレス《洞窟の神話》ギターの華麗さとセクシーさの極限を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1966年スペイン東部カタルーニャ生まれのフラメンコ・ギ…

  22.  

    アンデルシェフスキのモーツァルト:ピアノ協奏曲集|10年ぶり待望の見事なモーツァルト【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1969年にポーランド人とハンガリー人の両親のもと生まれ…

  23.  

    プレスラーのドビュッシー|現役最長老94歳ピアニストの奇跡的名演【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)1923年ドイツに生まれ、ナチスから逃れてからはアメリカ…

  24.  

    モレーノ=トローバのギター作品集|知られざる作曲家の美しきギター曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)こんなに美しいギター曲が、まだまだ世の中にはあったのだ!…

  25.  

    ファン・ディエゴ・フローレスのモーツァルト・アリア集|スター歌手の瑞々しい新境地【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)現代のオペラ界で――とりわけ19世紀前半のイタリアで興隆…

  26.  

    バルトロメイ&ビットマン|ウィーンの弦楽デュオによる無類に楽しい音楽【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)クラシック音楽の世界も、いまどんどん変わってきている。名…

  27.  

    ザ・リアル・グループ|スウェーデンが誇るア・カペラ・ヴォーカル【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)スウェーデンが世界に誇るア・カペラ・ヴォーカル・アンサン…

  28.  

    円熟の巨匠ムーティ×ウィーン・フィルの香り高い響き【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)指揮者リッカルド・ムーティの芸境が最円熟期を迎えている。…

  29.  

    常に座右に置いておきたいバッハのヴァイオリン曲集【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)風のような軽やかさと、深い味わいが楽しめるのが『J・S・…

  30.  

    鬼才クルレンツィスによる「悲愴」の悪魔的演奏【林田直樹の音盤ナビ】

         

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)いま世界で最も騒がれている指揮界の風雲児で、西ウラルのペ…

PAGE TOP