新着記事

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

ギラギラと容赦なく照りつける太陽……。熱中症予防のためにも、夏の外出に帽子は必須アイテムです…

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

文・絵/牧野良幸今回は5月に惜しくも亡くなった降旗康男(ふるはた・やすお)監督の作品…

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

登山・ハイキングの意欲がわいてくる夏が近づいてきました。日本には山登りに適した景勝地が数多く…

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

現在日本には高血圧対象者が約4,300万人(※1)いるとされている。2019年4月25日に発表さ…

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

畳のあの香りって、なんであんなに安らげるのでしょう! そんなすばらしい香りにつつまれてまどろ…

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

文/印南敦史スーパーやコンビニではさまざまな食品が売られているが、それらはすべて2種類の…

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

親族をはじめ、友人・知人、仕事関係などの葬儀に参列することは幾度かあっても、人生の中で、自分…

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

『サライ』7月号では「焼酎」を大特集していますが、こちらではお気に入りの焼酎をさらにおいしく…

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

来年「文化の祭典」でもあるオリンピック・パラリンピックを迎える東京。その伝統工芸品を扱った展示『進化…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行京都

  1. 華やかでシンプルな器  

    【陶磁器の街を訪ねて】清水寺参道でうつわ巡り|茶わん坂・五条坂で清水焼に触れる旅

         

    写真・文/矢崎海里京都の伝統工芸品である「京焼・清水焼」。かつて「京焼」は江戸時代初期から東山山麓地域を中心に、「清水焼」は清水寺参道で作られていました。現在では京都で焼かれる焼き物を総称して「京焼・清水焼」と呼び、現在…

  2. 青もみじ  

    令和元年に訪れたい「もうひとつの京都」【令和ゆかりの神社・青もみじの名所・蛍まつり】

         

    令和元年がスタートして一ヶ月。新たな気持ちでスタートしたい人におすすめの…

  3. マンションの1階、豊かな緑と青い庇が目印です。  

    【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|京都アーティスト交流の場「ギャラリーカフェアンドバー・ハピイ」

         

    取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく感動と出…

  4. 水田玉雲堂の唐板  

    【京都人のお墨付き】狂言師・茂山茂さんおすすめの京都手土産「水田玉雲堂の唐板」

         

    取材・文/末原美裕鴨川の流れが刻々と告げる四季の移り変わり、今日もどこかで催されてい…

  5. 早朝こそ美しい京都の寺3選  

    お坊さんも太鼓判! 早朝こそ美しい京都の寺3選

         

    8取材・文/末原美裕京都は風光明媚な寺社仏閣が多数存在し魅力的な街だけど、人ごみの中…

  6. うずらがゆ  

    「これを食べるために京都へ来た」と言わしめる、「瓢亭」の季節限定・朝食をいただく

         

    取材・文/末原美裕「瓢亭」と言えば、450年以上もの間、京都とともに歴史を歩んできた…

PAGE TOP