新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイ…

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

よく耳にしますよね。「遺産分与の協議での揉め事」、或いは「不動産の名義変更の手続きの煩わしさ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関係で生じ…

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の…

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

文/印南敦史慢性的な疲れを抱え、「いくら寝ても疲れがとれない」という方も少なくないだろう…

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

文/砂原浩太朗(小説家)近年、戦国史の見直しが目覚ましいほどにすすんでいる。武将への…

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大によって長引いた学校の休校によって、にわかに議論されるよう…

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

昨今の社会情勢の影響で家での時間が増えている人は多いと思います。でもそのせいで、変化や刺激が…

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

昨今の情勢によって生活が苦しくなったとき、親に頼ることを考える人も多いはず。反対に、頼られた…

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

文/印南敦史きわめてニッチな一冊であると言えよう。なにしろ『名古屋の酒場』(大竹敏之…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  旅行についての記事一覧

  1. エイシンガのプラネタリウム  

    天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

         

    文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)2020年春、世界中が未知のウイルスである新型コロナウイルスに混乱を巻き起こされ、結果の見えない不安にさいなまれてる。けれどそんな風に、「未知の現象に見舞われ、世の人々が不…

  2. 南部以外ではなかなかお目にかかれないグリッツ。これはインスタント商品  

    『ザリガニの鳴くところ』のトウモロコシ粥(グリッツ)ってどんな味?【物語のアメリカ料理】

         

    文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)2020年3月に早川書房から発…

  3.  

    アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

         

    新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

  4. スマートフォンを見ながら、指示通りにノートに板書する  

    日本より進んでいる!? カンボジアのオンライン授業はSNSが大活躍

         

    文・写真/青山直子(海外書き人クラブ/カンボジア在住ライター)カンボジアに於いても、1月27日に…

  5. 裏は茶畑で駅前には水田が広がる駅。昔ながらの対面式ホームが残り、列車の待ち合わせも行なわれる。ここの木造駅舎も必見。  

    国鉄二俣線を引き継いだ天浜線(天竜浜名湖鉄道)|古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅

         

    独特の存在感を放ち、何ともいえない居心地のよさ。古き良き鉄道風景が残るローカル線の駅を巡る旅へご案内…

  6. 「佐賀~長崎~佐世保」コースでは、有明海や大村湾の絶景を眺めながらの列車旅が楽しめる。写真/松尾 諭  

    ごちそうともてなしに心なごむ「感動列車の旅」|作家・山本一力が乗る『或る列車』

         

    或る列車博多駅(福岡県)~ハウステンボス駅(長崎県)…

  7. オンライン授業でも教科書を使う  

    ロックダウン初日に中高生のオンライン授業を開始したニュージーランドの準備力

         

    文・写真/りんみゆき(ニュージーランド在住ライター)ニュージーランドでは全国のロックダウンが始ま…

  8.  

    コロナ禍でも猫と老人に優しいトルコ

         

    文・写真/横溝絢子(海外書き人クラブ/トルコ在住ライター)65歳以上の外出禁止コロナ禍に…

  9. 金ケ崎城跡から望む敦賀湾  

    信長、秀吉、家康+光秀が従軍した戦国史跡「金ケ崎の絶景」【「半島をゆく」越前・若狭編 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  10. 感染対策やシステムの説明を行うボランティアと集まった利用者。https://www.facebook.com/KindnessWarriorsPH/photos/a.100221344956388/134515034860352/?type=3&theater  

    コロナ禍を地域の絆で乗り切る、高校教師が始めた助け合いのシステム「思いやりステーション」(フィリピン)

         

    文/福田美智子(海外書き人クラブ/フィリピン在住ライター)このコロナ禍で、もし、あなたの住む街の…

  11. web学習には、子供一人ひとりにパソコン、タブレット等が必要になる。  

    コロナに負けない、IT大国インドのシリコンバレー「ベンガルール」の教育システムの現状

         

    文・写真/さいとうかずみ(海外書き人クラブ/インド 在住ライター)「おはよう、私…

  12. 毎日オンライン授業のある4年生。筆者友人提供  

    コロナ禍で試行錯誤が続く小学生の自宅学習の現状(ドイツ)

         

    文・北野令子(ドイツ在住ライター/海外書き人クラブ)ドイツ・バイエルン州の小学校が、いっせいに“…

  13. スーパーでのマスク販売のかご(4月16日撮影)  

    欧州で最も早く規制措置の緩和が始まったオーストリアの「新しい日常」

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)ヨーロッパでの感染爆発が起きたイタ…

  14. 自宅学習するオランダの小学生  

    コロナに負けない、ICT教育先進国のデジタルとアナログを上手に融合させた自宅学習(オランダ)

         

    文・写真/倉田直子(海外書き人クラブ/オランダ在住ライター)ICT化が進んでいたので、自宅学…

  15. 往時には北前船が行き交ったかもめ島  

    榎本武揚・土方歳三らが蝦夷共和国の夢を託した開陽丸。精緻に復元された幕府軍艦に思いを馳せる【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 5】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  16. ビールとVAWのメンバー。  

    コロナ禍でもロックダウンをしないスウェーデンの試み

         

    文・写真/中妻美奈子(海外書き人クラブ/スウェーデン在住ライター)世界でも珍しく完全ロックダウン…

  17. 物思いにふけるようなクマくん。設置の仕方で様々な表情を見せてくれる  

    「絆」を強める「テディベアハント」|コロナ規制でつながりだしたコミュニティー(オーストラリア)

         

    文・写真/柳沢有紀夫(海外書き人クラブ/オーストラリア在住)木の陰に潜むクマがいる。のんびり…

  18. 戦国時代の武将・上杉謙信の愛用の刀として知られる、備前刀の最高峰。無銘だが福岡一文字派の作品。鎺(はばき)付近に刃こぼれがあるのは、実戦の証か。『上杉景勝自筆腰物目録』には「山てうまう」(さんちょうもう)と記されている。号の由来は、変化に富んだ激しい刃文が鳥の羽毛の立つ様に見えるからとも、山野が燃えるようだからともいわれる。国宝 鎌倉時代 刃長79.0cm 反り3.2cm 備前長船刀剣博物館蔵 (画像提供/瀬戸内市)  

    【名刀を訪ねる】日本最大の刀剣の産地で作られた上杉謙信が愛用した備前刀の最高峰|備前おさふね刀剣の里(備前)

         

    名刀を鑑賞するなら、刀を愛した戦国武将や、高名な刀匠が作刀に勤しんだ産地こそふさわしい。武将ゆかりの…

  19. 南泉の名は、中国の高僧・南泉普願が鋭い切れ味の刀で猫を斬り、修行僧に悟りを開かせた故事に由来。刀身とは別に江戸時代に制作された拵(写真)は、華やかな装飾が見事。江戸時代 総長80cm(写真提供/徳川美術館)  

    【名刀を訪ねる】織田信長の安土城から明智光秀が奪い、尾張徳川家に伝来した“名物刀剣”|徳川美術館(尾張)

         

    名刀を鑑賞するなら、刀を愛した戦国武将や、高名な刀匠が作刀に勤しんだ産地こそふさわしい。武将ゆかりの…

  20. 越前産の石で造られた狛犬。  

    主従ではなくて平等ーー。和人とアイヌが混住していた北海道の戦国時代【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 4】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  21. 太刀銘 元弘三年六月一日実阿作  

    【名刀を訪ねる】御神体の草薙神剣を慕った武将が奉納した、数多の刀剣|熱田神宮宝物館(尾張)

         

    名刀を鑑賞するなら、刀を愛した戦国武将や、高名な刀匠が作刀に勤しんだ産地こそふさわしい。武将ゆかりの…

  22. 広大な勝山館。必見の価値あり。  

    サハリン、アムール川流域とも交易をした北方の中世都市と巨大城館「勝山館」【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 3】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  23.  

    日系人収容所、世界チャンピオン、資産家:とある日系三世の数奇な半生

         

    文・写真/賀茂美則(海外書き人クラブ/アメリカ、ルイジアナ州在住)1967年7月29日、カナダ、…

  24. 北端の天守閣・松前城。桜の名所でもある。  

    シャクシャインの戦いで出兵した津軽藩侍大将は、石田三成の孫だった【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 2】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  25.  

    コロナ禍が終息したら訪れたい「旅好きが選ぶ!日本人に人気の朝食のおいしいホテル2020」トップ20

         

    現在はコロナ禍で出かけることはできませんが、このコロナ禍が終息した暁には訪れたい、朝食のおい…

  26. 安藤一族が明との交易で入手したと思われる天目茶碗。  

    中世・謎の安藤一族とアイヌとのかかわり|発掘された「天目茶碗」と12の館【「半島をゆく」知られざる北海道の歴史 1】

         

    『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

  27.  

    ハプスブルク時代の建物に恐竜が住む、「ウィーン自然史博物館」の魅力(オーストリア)

         

    文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)世界三大美術館の一つに数えられる、…

  28. 1位:あ・ら・伊達な道の駅【宮城県】  

    「全国道の駅グランプリ2020」3位「道の駅 伊勢志摩」、2位「道の駅 猪苗代」、1位は?

         

    一般道の休憩施設、道の駅は、今や立ち寄りスポットではなく、旅の目的地としても人気。株式会社リ…

  29. 銀山温泉  

    行ってみたい・見てみたい ロケ地ランキングTOP10(東日本編)|3位「鶴ヶ城」、2位「美ヶ原高原」、1位は?

         

    日本の各地で撮影された映画のロケ地。風に明媚な観光地としての魅力だけでなく、舞台となったその場所に身…

  30. ラッテ(Latte)・チャモロ民族が遺した柱石の謎(グアム)  

    ラッテ(Latte)・チャモロ民族が遺した柱石の謎(グアム)

         

    文・写真/陣内真佐子(グアム在住ライター/海外書き人クラブ)太平洋に浮かぶ温暖な気候と美…

PAGE TOP