新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】

文/川口陽海身体をちょっとひねった拍子に『うっ・・・』下に落ちたものを拾おうとか…

アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】

文/中村康宏前回の記事『ストレスとうまく付き合うための注目メソッド【予防医療最前線】』で…

100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは?

文/鈴木拓也日本では100歳以上の百寿者の数は、いまや7万人近く。他国に比べて飛びぬ…

コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする?

最近、コンプライアンスという言葉が取り沙汰される機会が多い。企業においては法令や規則を守る、…

日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20

現在、東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」が好評だ。来場者もすでに10万人を突破した。今…

JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは?

文・写真/大井美紗子(海外書き人クラブ/アメリカ在住ライター)アメリカ映画――特に南北戦争か…

隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い

文/鈴木拓也日本には、県境が未確定なところが14か所もあるという。その1つが…

山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】

写真・文/山本益博今は、「おまかせ」の握りになると、鮨職人が白身のひらめやかれいから…

快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

文・イラスト/小池美波日常生活の様々なシーンで欠かせない靴ですが、足に合わないと思いながらも…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養ジャズ音楽

  1. JAZZ遺言状

    寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

    文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏はなにかと気になる存在であるだろう。惜しまれつつ今年の2018年2月28日に営業を終了した吉祥寺のジャズ喫茶「メグ」の店主であり、…

  2. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドームLIVEを観に行ったら……

    文/後藤雅洋(ジャズ評論家、ジャズ喫茶いーぐる店主)10月31日に東京ドームで行われたポール…

  3. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった!

    文/編集部いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日@東京…

  4. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由

    文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

  5. 隔週刊『JAZZ絶対名曲コレクション』とくにオススメの号はこれとこれ

    文/編集部10月2日に創刊となった、サライ責任編集 隔週刊CDつきマガジン『JAZZ絶対名曲…

  6. マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

  7. 「若冲レッド」と「マイルス・デイヴィス・ブルー」

  8. マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズを新発見する「JAZZ絶対名曲コレクション」、創刊

  9. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

  10. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

  11. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

  12. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

  13. カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

  14. ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

  15. 【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕の得意料理です」

  16. アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

  17. “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

  18. ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

  19. ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

  20. ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

  21. ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

  22. サックス四重奏による得も言われぬ恍惚たる音楽『トランス』【林田直樹の音盤ナビ】

  23. フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

  24. 50年続く奇跡のジャズ喫茶「いーぐる」が客を引きつけ続ける理由

  25. ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

  26. ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

  27. 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

  28. カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

  29. ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

  30. ビリー・ホリデイ|明と暗を併せ持つ異形の天才【ジャズ・ヴォーカル・コレクション35】

PAGE TOP