新着記事

江戸時代の有名事件に登場した犬の糞 江戸時代の犬にまつわるスキャンダル|有名事件に登場した犬の糞

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司時代劇のお殿様やお代官様は物静かで威厳があり、羽目…

つなん雪まつり【新潟県 新潟県 】 新潟県「つなん雪まつり」が1位を獲得!|行ってみたい冬の絶景スポットランキングTOP10

冬真っ盛り。株式会社リクルートライフスタイルが企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、「冬の絶景」に…

口ゴム超ゆったりパイル靴下|ゆったりとした穿き心地で足元を温める

昔から、首、手首、足首の“三首”を温めることが寒さや冷え対策の要といわれてきた。男性にとって…

猫と人は家族や友人のように親しくなれるのか 猫と人は友達になれるの?|猫と「楽しい時間」を過ごす方法

取材・文/渡辺陽「犬は人生最良の友」と言いますが、猫の場合はどうでしょうか。せっかく…

下図の(ア)は足長、(イ)は足囲を示しています 意外と知らない!靴のウィズ表記【快適に過ごせる靴との出会いvol.6】

文・イラスト/小池美波こんにちは。快適に過ごせる靴との出会い第6回目です。今回は靴の…

40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング 40代以上が選ぶ! 応援していた80年代アイドルランキング|3位は中山美穂、2位は小泉今日子、1位は?

アイドル群雄割拠と言われている現代。アイドルと言えばグループアイドルが圧倒的だが、80年代のアイ…

お洒落のポイントは眼鏡。その日の気分でかけかえる。手にしているのは『魔女の宅急便』の主人公キキの相棒、猫のジジのぬいぐるみ。 角野栄子さん(児童文学作家)「読書体験はものすごく大切。心の中に降り積もった言葉が、やがて生きる力になるのです」【サライ・インタビュー】

【サライ・インタビュー】角野栄子さん(かどの・えいこ、児童文学作家)――国際アンデルセン…

飼い主さんの想像以上に多い 誤飲事故は寒い今が危険 「うちの子〇〇を食べちゃったんです!」犬・猫の誤飲事故は冬が危険 |獣医が教える助けるために飼い主がすべきこと

文/柿川鮎子動物病院とペット保険による調査では、犬・猫の誤飲件数は、全国で約20万件…

コミュニケーション 【ビジネスの極意】「最近の若者は……」という言う前に実践したい|部下のコミュニケーション能力を上げる方法

コミュニケーションは組織の中で重要である。上司から部下へのコミュニケーションは特に重要だ。そ…

定番野菜で簡単減塩おかず2選 【管理栄養士が教える減塩レシピ】|栄養を逃さない一工夫! 定番野菜の簡単おかず2選

写真・文/矢崎海里前回、一日に不足している野菜を補う、野菜おかずレシピをご紹介しまし…

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養ジャズ音楽

  1. マーカス・ミラー

    マイルス・デイヴィスなどのトップ・アーティストに愛されてきたスーパー・ベーシスト、マーカス・ミラーがカウントダウン・ライブに登場!

    文/堀けいこその曲を耳にすると、あのときを思い出す‥‥。誰にでも、そんな心に刻まれたミュージシャンが奏でる音楽があるはず。いろいろあった2018年を楽しい思い出として残すために、年の瀬を特別なミュージシャンのライブで締めくくるのはいかが…

  2. JAZZ遺言状

    寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』

    文/印南敦史サライ世代の音楽ファン、とりわけジャズが好きな人であるなら、寺島靖国氏は…

  3. JAZZ界の重鎮・後藤雅洋さんがポール・マッカートニーの東京ドームLIVEを観に行ったら……

    文/後藤雅洋(ジャズ評論家、ジャズ喫茶いーぐる店主)10月31日に東京ドームで行われたポール…

  4. 来日中のポール・マッカートニーに「JAZZ専念アルバム」があった!

    文/編集部いよいよ今週からポール・マッカートニーの来日公演がスタートする(10月31日@東京…

  5. ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由

    文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

  6. 隔週刊『JAZZ絶対名曲コレクション』とくにオススメの号はこれとこれ

  7. マイルス・デイヴィス「ジャズ・ブルー・インク」をめぐる冒険

  8. 「若冲レッド」と「マイルス・デイヴィス・ブルー」

  9. マイケル・ジャクソン、ビートルズの名曲をジャズで楽しむ! ジャズを新発見する「JAZZ絶対名曲コレクション」、創刊

  10. ラテン・ジャズ界のスーパー・トランぺッター、アルトゥーロ・サンドヴァルの熱いライブを堪能する

  11. ボサ・ノヴァと現代ジャズと美空ひばりの意外すぎる共通項【ジャズ・ヴォーカル・コレクション52】

  12. 時代とともに変わりゆくジャズがなぜ魅力的なのか【ジャズ・ヴォーカル・コレクション51 現代のジャズ・ヴォーカルvol.2】

  13. ジャズ文脈から考えたビートルズの音楽の魅力とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション50】

  14. カウント・ベイシー・オーケストラ|最高のスイングでヴォーカルを牽引【ジャズ・ヴォーカル・コレクション49】

  15. ソウル・ミュージックの魅力は、味の濃さと哀愁感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション48】

  16. 【朝めし自慢】西 高志(ジャズシンガー)「朝のヴィシソワーズは僕の得意料理です」

  17. アニタ・オデイ|ジャズの自由を体現するヴォーカリスト【ジャズ・ヴォーカル・コレクション47】

  18. “歌手”オードリーが誕生した理由――映画音楽×ジャズの楽しみ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション46】

  19. ヘレン・メリル|声から溢れるウェットでリアルな情感【ジャズ・ヴォーカル・コレクション45】

  20. ガーシュウィンの楽曲がジャズで愛されてきた理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション44】

  21. ジャズ・ヴォーカルのデュエットを楽しむ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション43】

  22. ジュリー・ロンドン|誰をもユートピアへ誘う多重キャラ【ジャズ・ヴォーカル・コレクション42】

  23. サックス四重奏による得も言われぬ恍惚たる音楽『トランス』【林田直樹の音盤ナビ】

  24. フュージョン・ジャズとは何なのか?【ジャズ・ヴォーカル・コレクション41】

  25. 50年続く奇跡のジャズ喫茶「いーぐる」が客を引きつけ続ける理由

  26. ジャズ歌手にとってクリスマス・ソングが“難しい”理由とは【ジャズ・ヴォーカル・コレクション40】

  27. ビッグ・バンド・ジャズ・ヴォーカル|歌を彩る豪華絢爛ジャズ・サウンド【ジャズ・ヴォーカル・コレクション39】

  28. 昭和のジャズ・ヴォーカルvol.3|ジャズ歌の“日本的魅力”を再認識【ジャズ・ヴォーカル・コレクション38】

  29. カサンドラ・ウィルソン|21世紀ジャズ・ヴォーカルの牽引者【ジャズ・ヴォーカル・コレクション37】

  30. ビートルズ・ジャズ・ヴォーカル|新しい“スタンダード”の誕生【ジャズ・ヴォーカル・コレクション36】

PAGE TOP