新着記事

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

江戸城・松の大廊下跡

「吉良上野介」は悪人だったのか~「忠臣蔵」敵役の真実【にっぽん歴史夜話23】【にっぽん歴史夜話23】

明智光秀が葬られたとされる桔梗塚。今も荒深一族が管理している。

光秀ゆかりの地・岐阜県山県市発 明智光秀生存伝説|関ケ原合戦参陣で溺死した老光秀と墓地を守り続ける光秀の末裔

古今亭志ん輔

【第88回人形町らくだ亭】2月25日開催/古今亭志ん輔が『居残り佐平次』を演じます

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

スタンダード曲はジャズマンの共通言語である【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道4】

文/池上信次

第4回ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(2)~「スタンダード」という「共通言語」

「スタンダード」という「共通言語」

ジャズマンが演奏する「同じ曲=スタンダード」は、アドリブで勝負するための同じ土俵であると第1回で説明しましたが、そのほかにもいくつも理由があります。そのひとつに、スタンダード曲はジャズマンの共通言語であるということがあります。

ジャズマンの多くは、いわゆる「バンド」編成で演奏します。ジャズには定型編成はありませんのでひとりだけで演奏する「ソロ」や、ビッグ・バンド(ジャズではオーケストラとも呼ばれます)、さらにデュオ(2人)や7人や11人のバンドでも珍しくはありませんが、全体からみれば少数派といえます。多くは4人から6人編成のバンドで、これらはコンボと呼ばれます。コンボとはsmall combinationが語源で、ビッグ・バンドに対して小編成という意味あいです。

ベースとドラムスのふたりをリズム・セクションと呼び、そこに伴奏の要となる楽器、つまりコード(和音)を演奏できるピアノやギターが加わったトリオ(3人編成)がバンドとしては最小限の編成です。そこにサックスやトランペットなどのソロ楽器が加わったものが、コンボと呼ばれる編成で、モダン・ジャズにおいてはもっとも基本的なバンド編成です。なお、ジャズは「〜でなければならない」というルールのない音楽(これこそがジャズの大きな特徴)ですので、例外はいくらもありますが、ここでは単純化して話をすすめていきます。

さて、モダン・ジャズのコンボでは、たとえばビートルズのようにグループ名を名乗り、そのバンドのオリジナルの「持ち歌」だけを演奏するのは少数派です。バンドの多くはレコーディング・セッションや特定のライヴのためだけに集められたメンバーによる臨時編成で、バンド名は「チャーリー・パーカー・カルテット」や、「マイルス・デイヴィス・クインテット」など、リーダー・ミュージシャンのあとに編成名を付けた便宜的な名称で呼ばれます(クインテットは5人編成、カルテットは4人編成の意味)。つまりリーダーこそが重要であって、バンドのメンバーはあくまでリーダーのバックアップをするという位置づけなのですね。

そして、その臨時編成バンドではスタンダード曲を演奏することがほとんどです。この理由は先に説明したように、ほかのバンドと同じ土俵で勝負するためですが、それ以前に、スタンダード曲は臨時編成=ジャム・セッションで演奏するための必修レパートリーなのです。いわば共通言語のようなもの。みんながすでに習得済みの曲であれば、たとえばリーダーが「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を演る、と一言いえば、初対面のミュージシャン同士でもすぐさまバンドで演奏できるというわけです。勝負どころはアドリブ・ソロなので、アレンジなどは二の次なのです。ですから、多くのスタンダード曲を演奏できることは、ジャズマンにとってとても大切なことなのです。それにより、多くの演奏機会を得ることができるのですから。

1957年に録音された『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)というアルバムがあります。今でもたいへん人気のあるアルバムですが、これはアート・ペッパー(アルト・サックス)と、当時のマイルス・デイヴィス・クインテットのリズム・セクション(ピアノ・ベース・ドラムス)によるアルバムです。当時のマイルスのクインテットはメンバーが固定化されており、このリズム・セクションはよく知られているのでこの名称になっていますが、とくにマイルスと関わる内容ではなく、ペッパーをリーダーにした典型的なレコーディング・ジャム・セッションです。ここで演奏されたのはほとんどがスタンダード曲と即席の(定型)ブルースでした。じつはペッパーは当日まで、レコーディングのことを忘れていたといいます。つまり、スタジオでのぶっつけ本番だったわけですが、全員が「共通言語」をもっていたので、滞りなく10曲を録音、しかも名演が生まれたのでした。

また、マイルスは1956年に、2日間で25曲26テイク(アルバム4枚超分)を一気に録音(マラソン・セッションと呼ばれます)しましたが、そのすべてがスタンダード曲とブルースでした。これは契約消化のために急いで録音したもので、当然リハーサルはなし、しかも1曲をのぞいてワン・テイクで終了、さらに結果は大名演という驚異的な記録となりました。固定メンバーによる「マイルス・デイヴィス・クインテット」とはいえ、普段このすべてをバンドのレパートリーにしていたわけではないでしょうから、これが実現したのもメンバー全員がスタンダード曲を多数演奏できたから。

こういったセッションの形だけ見れば、演奏できる曲を「せーの!」で録音するのですから、「ジャズっていいかげん」と思うかもしれませんが、それを名演に仕上げるためにはたいへんな技術の習得と努力の蓄積が必要なことを忘れてはいけません。スタンダード曲の習得はそのはじめの一歩にすぎないのです。

『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)

『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)

演奏:アート・ペッパー(アルト・サックス)、レッド・ガーランド(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラムス)
録音:1957年1月19日

まさに一期一会のセッション。初対面のぶっつけ本番であっても演奏が成り立ち、しかも名演が生まれるのは、スタンダード曲という共通言語があったから。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』

    音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道36】

  2. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』

    真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道35】

  3. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』

    ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道34】

  4. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

    「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

  5. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

    「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

  6. アート・テイタム『ピアノ・ソロズ』

    「ひけらかし」もジャズの個性。とてつもない技術に圧倒される「ソロ」の快感【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道31】

  7. ソニー・ロリンズ『ザ・ソロ・アルバム』(マイルストーン)

    自由すぎるジャズ・バンド。ひとりでも100人でもジャズなのだ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道30】

  8. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

  9. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

  10. ジョン・コルトレーン『マイ・フェイヴァリット・シングス~コルトレーン・アット・ニューポート』(インパルス)

    ミュージカル・ヒット=ジャズ・スタンダードではない。ミュージカルの「革新」はジャズも変えた!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道27】

  11. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

  12. ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』

    作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

  13. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

  14. チャーリー・パーカー『プレイズ・コール・ポーター』

    ミュージカルだけではない、コール・ポーターとパリの関係【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道23】

  15. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・コール・ポーター・ソング・ブック』

    「炎上商法」で名を上げた? コール・ポーターのヤバい名曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道22】

  16. フレッド・アステア『ザ・フレッド・アステア・ストーリー』

    ミュージカルとジャズの「仲のよさ」を感じる コール・ポーターの名曲「ナイト・アンド・デイ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道21】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
  2. ビル・エヴァンス『ザ・ソロ・セッションズ Vol. 2』 真夏に弾くクリスマス ビル・エヴァンスはサンタ好き!?【ジャズを…
  3. ビング・クロスビー『メリー・クリスマス』 ジャズ・スタンダードとしてのクリスマス名曲選【ジャズを聴く技術 …
  4. ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』 「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術…
  5. (2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』 「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く…
PAGE TOP