新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道1】

文/池上信次

ジャズを聴く技術~ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》

ジャズを聴く技術〜ジャズ「プロ・リスナー」への道《第1回》

はじめに

いきなりちょっと極端な言い方ですが、ミュージシャンの演奏技術に巧拙があるのと同じように、リスナーの「聴取・鑑賞」にも技術が必要です。もちろん、音楽はただ聴いて楽しめればそれでいいですし、100人いれば100とおりの聴き方があります。音楽とは本来そういうものだと思いますが、しかし音楽を「聴く技術」は確実に存在します。音楽を聴いてその面白さをどこまで感じるとることができるか。文章なら「読解力」というところですね。小説と新聞では読み方が異なるように、音楽もジャンルによって聴き方は違います。ここでは、そのなかでも「ハードルが高い」「難解」と思われがちな「ジャズ」の聴き方を紹介していきます。

もしこれまでジャズが苦手だったとしても、それは「聴きどころ」が掴めていないだけのこと。この連載ではジャズの「聴き方」を明快に紹介し、みなさんにジャズの深みにどっぷりとはまっていただこうと思います。「聴きどころ」がわかれば、誰でもジャズは最高に面白い音楽だと感じることができることでしょう。いわば、ジャズの「プロ・リスナー」(まあ、上級者ということですね)への道案内です。

ジャズには他の音楽にはないさまざまな特徴があります。専門用語もよく耳にしますよね? まずはそれらを少しずつ解き明かし、各回テーマに沿って楽曲や名演を聴きどころとともに紹介していくことにしましょう。

第1回 ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか?(1)~「スタンダード」という「土俵」

「ジャズの曲」と聞いて、みなさんはどんな曲を想像しますか? 「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」「枯葉」「虹の彼方に」「サマータイム」などがよく知られるところですね。では、演奏しているのは誰かと聞かれれば、同じ曲でもみなさん違う名前を挙げることでしょう。たとえば「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」なら、マイルス・デイヴィス(トランペット)、チェット・ベイカー(ヴォーカル&トランペット)、フランク・シナトラ(ヴォーカル)、ビル・エヴァンス(ピアノ)など、多くのジャズマンがこの曲を演奏しています。楽器も違えばスタイルもまるで異なるにもかかわらず、ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか。

一方、ポップスの世界に目を向けると、たとえば「ボヘミアン・ラプソディ」を歌っているのはクイーンだけですよね。まあ、「カヴァー」している人はいるでしょうが、どんな演奏でもクイーンにかなうはずはない。でも「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」は、マイルスもシナトラもエヴァンスも素晴らしい、というか比べようがないのです(ある程度ジャズを聴いている方なら体感していることでしょう)。

「ボヘミアン〜」はクイーンが演奏しなければ(もちろんフレディ・マーキュリーの歌でなければ)成立しない楽曲です。つまり、「ボヘミアン〜」は楽曲と演奏者が不可分ということ。言い換えればクイーンの独占的な「持ち歌」。ポップスはほとんどこの形ですね。でもジャズはこの逆で、「持ち歌」という考え方はしないのです。もちろん「十八番(おはこ)」はありますが、独占はおろか「持ち歌」ではないからこそ「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」を取り上げているのです。ここにジャズのひとつの大きな特徴が表れています。

では「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」のオリジナルは何かというと、リチャード・ロジャース作曲、ロレンツ・ハート作詞による、1937年のブロードウェイ・ミュージカル『ベイブス・イン・アームス』の劇中歌です。といっても、このミュージカルを知る人は、今ではほとんどいませんよね? ちなみにマイルスはその年11歳。マイルスだってオリジナルは知らないのです。ではなぜそんな曲を演奏しているのか。

もちろんジャズマンは「同じ曲」だけを演奏しているわけではありません。新しい「ネタ」も探して演奏します。この曲は、おそらくはフランク・シナトラが「新ネタ」としてミュージカル曲のカヴァーとして歌ったもの(53年録音)が、ジャズマンの間で「いい曲」として認識され、チェット・ベイカー(54年録音)、マイルス・デイヴィス(56年録音)らがさらにカヴァーするうちにミュージシャン、聴衆ともに広く知られ、そのくり返しから「スタンダード化」したのです。ジャズマンが演奏する「同じ曲」とは、このスタンダード曲のことです。ですからどんなスタンダード曲でも、当初は「違う曲」だったのですね。今ではこの曲は、なんと600を超える録音が残されているといいます。「カヴァー」とは「オリジナル」と対比する呼称ですから、オリジナルがよく知られる「ボヘミアン〜」は誰がやってもカヴァーですが、スタンダードとなった楽曲は、もはやオリジナルの意味はほとんどなくなっているので、ジャズではスタンダード曲の演奏はカヴァーとはいいません。言い換えれば、カヴァーの認識がなくなった曲がスタンダード曲ともいえましょう。

「同じ曲」の意味がわかったところで、あらためて、ジャズマンはなぜみんな同じ曲を演奏するのか? 答えのひとつを端的にいえば、ジャズマンは「楽曲の魅力だけで勝負しない」から。ジャズマンの勝負どころは、いかに自分だけの表現ができるかというところ。つまりジャズとは楽曲以上に「個性」を聴かせる音楽なのです。もちろん優れた作曲をするジャズマンもたくさんいますし、スタンダード曲も最初は「楽曲で勝負」だったわけですが、それ以上に音色や声、アドリブ(即興演奏)など、「演奏家」としてのスタンスを重視しているのです。その個性=他者との差異をアピールするためには、聴衆に広く知られた「同じ曲」を演奏するのがとてもわかりやすい。だからジャズマンはみんな同じ曲=スタンダード曲を(正確にはスタンダード曲「も」)演奏するのです。いわばスタンダード曲は、ジャズマン共通の「土俵」なのです。

ある程度ジャズを聴かれた方なら、「ジャズに名演あって名曲なし」という格言を聞いたことがあると思います。けっしてジャズに「名曲」がないということではありませんが、これは「まず演奏ありき」というジャズマンのスタンスをわかりやすく表したものなのです(この格言についてはまたあらためて紹介します)。

ですから、多くのジャズマンが「ボヘミアン・ラプソディ」をくり返し取り上げたら、将来もしかしたらジャズ・スタンダードの仲間入りを果たすかもしれませんね(ただ実際にはジャズでスタンダード化する曲にはそれなりの特徴があるので「ボヘミアン〜」は難しそうですが、その話題はまた追って)。

次回は「スタンダード曲」とその名演を聴いていきましょう。曲は、スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」。意外かもしれませんが、このポップス・ヒット曲も今やジャズ・スタンダードなんですよ。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

    「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  5. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  6. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  7. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  8. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  9. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  10. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  11. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  12. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  13. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  14. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  15. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  16. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP