新着記事

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

【ビジネスの極意】社長がトッププレイヤーであってはいけない理由

スカイポイントからゴールドコーストを一望

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ゴールドコースト編】

危険なドライバーの行為

愛犬を乗せて運転する人の危険な行為【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良にっぽん歴史夜話16】

「令和」の宴をともにした二人の万葉歌人~大伴旅人と山上憶良【にっぽん歴史夜話16】

秦始皇兵馬俑博物館に立つ始皇帝像(秦始皇彫像)

始皇帝の「キングダム」への想いを偲ぶ|「世界三大墳墓」秦始皇帝陵を囲む城壁跡を歩く(西安)

多彩な情報が詰まった焼酎の魅力が伝わる入門書|『本格焼酎マニアックBOOK』

焼酎について、どれぐらいのことを知っていますか?|『本格焼酎マニアックBOOK』

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けてくれたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】比べられることを嫌い、妹とは絶縁状態に。2人を再び結び付けたのは家族の危機だった~その2~

【娘のきもち】家族仲はよくていつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって~その1~

【娘のきもち】家族仲は良く、いつでもみんな一緒だった。でも、「双子のかわいくないほう」と周りから呼ばれるようになって……~その1~

榎本武揚ら旧幕府軍が拠点とした五稜郭

戊辰戦争は「近代的な新政府軍vs古臭い旧幕府軍」ではなかった!【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー4】

重文「無学祖元坐像」鎌倉時代 円覚寺

師の息遣いをも伝える、頂相(ちんそう)彫刻に注目! 【円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美】展

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

シニア住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

中西進さんと万葉の大和路を歩く1|飛鳥(奈良県明日香村周辺)

※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真やデータは掲載当時のものです。(取材・文/出井邦子 撮影/牧野貞之)

「万葉集を楽しむなら文献を離れ、万葉の風と光の現場に立ちましょう。そして万葉人が見たように山や川を、空や雲を眺めましょう」という中西進さんの案内で、飛鳥~吉野~阿騎野を巡った。

夏の盛りを迎えた天香久山。万葉を代表する山だが、標高は152mしかない。山容は中西さんによれば「どら焼き形」。

まず訪れたのは、持統天皇の藤原宮跡である。東に天香久山、北に耳成山、西に畝傍山が見渡せる。大和三山である。三山の中でも、とりわけ大和の象徴とされたのが天香久山。なぜ「天の」と修飾されるのだろう。

「それは万葉時代、天香久山が天から降ってきた神聖な山と考えられていたからです」と、中西さんはいう。

「香久山といえば持統天皇の歌が有名です。

春過ぎて 夏来(きた)るらし
白栲(しろたへ)の 衣乾(ほ)したり 天(あま)の香具山
持統天皇(巻一・二八)

夏の到来を詠んだ歌ですが、そもそも聖山に洗濯物を干すでしょうか。実は冬の歌で、山の雪を衣に見立て、春を一気に過ぎて夏が来たらしいと詠んだのではないでしょうか」

自由な解釈が、万葉の世界を一層楽しくする。

枕詞から生まれた地名表記

「飛鳥」と書いて「アスカ」と読むのは何故か。『万葉集』には〈飛ぶ鳥の明日香〉という言葉が登場する。「飛鳥」は元々「明日香」の地の枕詞だった。鳥が飛んでいる豊かで平和な場所という意味だ。

枕詞は歌のためではなく、土地を飾るための言葉として発祥した。それが歌に採用され、やがて地名表記として定着する。

「『万葉集』の枕詞は、風景の実体と結びついている。だから私は枕詞ではなく、連合表現と考えます」(中西さん)

『古今和歌集』以降、枕詞は形式化して添え物になるのだという。

中西進(なかにし・すすむ)さん。昭和4年、東京生まれ。東京大学大学院修了。『万葉集』研究の第一人者。※写真はサライ本誌掲載当時のものです。

山と川に縁取られた地で、国造りが始まった

藤原宮跡から甘樫丘に向かう。飛鳥を訪れたなら、この甘樫丘に登ってほしい。7世紀前半に権勢を誇った蘇我の蝦夷・入鹿父子の邸があった丘である。

『古事記』で倭建命は〈倭は 国の真秀ろば たたなづく 青垣 山籠れる 倭し麗し〉(『新編日本古典文学全集 古事記(』小学館)より)と歌った。その青垣、つまり大和盆地を囲む山々の連なりが、甘樫丘の頂から実感できる。

丘の麓を飛鳥川が流れ、その向こうに鎮座する小高い森は雷丘。大和三山を始め、遥か彼方には二上山、三輪山も見渡せる。

春を迎えた甘樫丘。標高148mで、遊歩道をのんびり歩いても10分ほどで頂上に着く。頂上には飛鳥を一望できる展望台がある。この甘樫丘か、飛鳥川対岸の雷丘のどちらかが、神の降臨する神南備山だったと考えられる。

国造りに欠かせない山と川

「水路が想像以上に重要だった古代に、飛鳥川は国造りの原点だったことでしょう。それは生活の川だけでなく、神南備川として尊ばれる聖なる川でもあったのです。つまり、飛鳥人の信仰の中心は神南備山にあり、それを取り巻く神南備川が飛鳥川なのです」と、中西さんは語る。

古代国家にとって、天上から神々が降りてくる神南備山と、聖なる水は欠かせない要素だった。神南備川が飛鳥川であることに異論はないが、飛鳥の神南備山は甘樫丘か、はたまた雷丘か――。

「『万葉集』での飛鳥は、飛鳥京時代よりむしろ、藤原京や平城京に遷ってから多く詠まれています。万葉人にとって、飛鳥は終生変わらぬ心の拠り所だったのです」

日の昇る山を恋い、日の沈む山に涙する

大和三山と並んで万葉の歌に多く詠まれた山が、三輪山と二上山(現在の一般的な読みは“にじょうさん”)である。

太古より、聖なる山として信仰の対象となってきた三輪山。標高467mで、境内摂社の狭井神社で許可を得れば、山頂まで登ることができる。

奈良盆地を囲む青垣の東の山が三輪山、それに対峙する西の青垣が二上山だ。太陽と月が昇る東の三輪山に対して、太陽と月が沈む西の二上山。万葉人にとって、このふたつの山は特別な存在、心の拠り所でもあった。

「日本には古代から、日の出を拝む太陽崇拝があり、また夕日を拝む落日信仰があります。太陽が昇るのは神の山、西に沈む夕日には仏教の影響か、浄土を拝む気持ちもあったでしょう」と、中西さんは解説する。

三輪山は秀麗に屹立する円錐形の山である。三輪王朝と呼ばれる崇神天皇の政権は、この神の信仰を背景に出来上がった。麓に大神神社があるが、山そのものがご神体なので、本殿はない。

三輪山を しかも隠すか
雲だにも 情(こころ)あらなむ 隠さふべしや
額田王(巻一・十八)

上の額田王の歌は667年、天智天皇の近江遷都に伴い、近江へ下る際に詠まれたものである。三輪山との別れは、飛鳥から遠く離れることを意味していた。

姉弟の愛を今に伝える山

二上山は雄岳と雌岳が寄り添う美しい山で、彼岸の中日にはこのふたつの峰の間に日が沈むという。

落日の二上山。雄岳(517m)と雌岳(474m)の美しい稜線を見せ、荘厳ささえ漂う。登山者も多い。

次の大来皇女(大伯皇女とも表記する)の歌は持統朝の時代、謀反の罪で刑死した弟の大津皇子(天武天皇の子)を偲んで詠んだもの。時に大津皇子24歳。疑いをかけられた弟を、姉はどうすることもできなかった。祟りを恐れてか、皇子は神聖なる二上山に葬られたという。

うつそみの 人にあるわれや
明日よりは 二上山(ふたかみやま)を 弟世(いろせ)とわが見む
大来皇女 (巻第二・一六五)

二上山の雄岳山頂近くには、今も大津皇子の墓が残る。大来皇女の歌からは、深い悲しみとともに、それでも自分はこの世に生きなければならない、という強い決意が伝わってくる。

※この記事はサライ2006年8月号の特集「『万葉集』を旅する」より転載しました。写真や情報は掲載当時のものです。(取材・文/出井邦子 撮影/牧野貞之)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 子どものような純粋な心で『万葉集』の本質に近づく|『中西進の万葉みらい塾』 小学生にもわかる『万葉集』の魅力|『中西進の万葉みらい塾』
  2. 中西進さんと万葉の大和路を歩く3|阿騎野(奈良県宇陀市)
  3. 中西進さんと万葉の大和路を歩く2|吉野(奈良県吉野町)
  4. 万葉学の泰斗、中西進さんに聞く『万葉集』の基礎知識
  5. 万葉集の名歌絶唱の地を写真で巡る展覧会|牧野貞之『万葉写真展』
PAGE TOP