新着記事

年収1000万円以上の保護者が子どもにしている「マネー教育」の中身

PTA活動はみんなやりたくない? 年齢別にみると明らかな結果が。生の声をそのまま公開します!

ボスママ、マウント、利権争い、「PTA活動」参加したくない意外な理由

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

第6回ジャズ・スタンダード必聴名曲(3)「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」

文/池上信次
今回は第4回で取り上げた、アート・ペッパーの「一期一会」セッションで演奏されたスタンダード曲、「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」を紹介します。

「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ(原題:You’d Be So Nice To Come Home To)」は、ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠ソングライター、コール・ポーター(1891〜1964年)によるもの。ブロードウェイ・ミュージカルでは、多くは作詞・作曲が分業ですが、ポーターはその両方をこなす天才的ソングライターです。ときにアブない言葉を織り交ぜたひねりを効かせた歌詞、転調やリズムの変化を使ったドラマチックな曲想など、ポーターの楽曲の特徴は、とくにジャズ演奏においては、歌手にも楽器演奏者にも魅力的なものでした。というわけで「ナイト・アンド・デイ」「ラヴ・フォー・セール」「ビギン・ザ・ビギン」「エニシング・ゴーズ」など多くのポーターの楽曲がジャズ・スタンダード曲となって現在も演奏され続けています。

さて、「ユード・ビー・ソー〜」ですが、その昔は「帰ってくれたらうれしいわ」という邦題で呼ばれていました。しかしこれは誤訳ということで次第に使われなくなり、現在では「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」という長い原題カタカナで表記されています。これは文法的にはかなりまわりくどい表現ですが(これもポーターらしさでもあるのですが)、「あなたのいる家に帰って行けたらなんと素敵なことだろう」という意味になります。これは1943年の映画『サムシング・トゥ・シャウト・アバウト』の主題歌として書かれたもの。映画はヒットしなかったようですが、曲は、受賞はできなかったもののアカデミー賞主題歌賞にノミネートされ、映画公開同年にジャズ・ヴォーカリストのダイナ・ショアがこの曲のシングル盤をリリースして大ヒットとなりました。当時は第2次世界大戦中で、この歌詞が共感を得たのがヒットの理由のひとつでしょう。

ミュージカル界の大御所、コール・ポーターの楽曲がスタンダードに

ポーターはミュージカル界の大御所で、1950年代前半までには多くの作品がジャズ・スタンダード化しており、ジャズ版の『プレイズ/シングス・コール・ポーター』の類のアルバムはたくさん出ていましたが、当時「ユード・ビー〜」はほとんど取り上げられていません。ヒット・カヴァーはあっても、ポーターの作品群の中では「二軍」のポジションだったと思われます。まあ、これ以上に人気の楽曲がたくさんあったということでもあるのしょうが、少なくとも代表作に上げられる楽曲ではなく、スタンダードとはいえませんでした。しかしそれが、1950年代後半に突如としてジャズ・スタンダード化していくのです。

映画公開、そして最初のカヴァー・ヒットから10年以上が過ぎた1954年の末、ヴォーカリストのヘレン・メリルがデビュー作『ヘレン・メリル』(エマーシー)で取り上げます。リリースは1955年。日本盤タイトルが『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(1)となっているように、これはトランペットの天才、ブラウンがゲスト参加したアルバム。ブラウンはマックス・ローチと新しいグループを組んで活動中の、ジャズ界注目の存在でした。

収録曲は有名スタンダード曲ばかりで、それらに比較すれば「ユード・ビー〜」だけは無名といってもいいくらいの曲だったと思われます。しかし、現在ではこれがこのアルバムのもっとも人気のトラックとなっています。というのはメリルの歌も素晴らしいのですが、ブラウンの凄いアドリブ・ソロがあるからです。これはたとえば速いフレーズや超高音といったようなトランペットの技をひけらかすようなものではなく、歌うようなメロディと構成力で聴かせる「通好み」ともいえるもの。当時は、同業者であるジャズ・ミュージシャンがいちはやくそこに注目したようです。

そう思わせるのは、メリルのリリース同年1955年のキャノンボール・アダレイ(アルト・サックス)の『ジュリアン・キャノンボール・アダレイ』(エマーシー)に始まり、1956年あたりからこの曲の録音が急激に増えるのですね。隠れていた名曲が、ジャズマンの間で一気に広まったのです。先述したアート・ペッパーの『ミーツ・ザ・リズム・セクション』(2)では、57年1月の時点ですでにメンバー間でスタンダード曲としての共通認識があることを示していますし、そこに参加しているポール・チェンバース(ベース)の同年7月のレコーディング・セッション『ベース・オン・トップ』(ブルーノート)でも「リハーサルなし」でこの曲を録音しています。そして57年からの数年間で、インストではチェット・ベイカー(3)、デイヴ・ブルーベック(ピアノ)、ソニー・スティット(テナー・サックス)、アル・コーン&ズート・シムズ(テナー・サックス)らが演奏を残し、ヴォーカルではフランク・シナトラ、バーバラ・リー、サラ・ヴォーン、アニタ・オデイ、マット・デニス、ジュリー・ロンドン(4)らが取り上げています。この曲の発表と最初のヒットからは10年以上経っていたわけですから、これは隠れていた名曲の「再評価・再認識」とみるべきでしょう。その後は、現在にいたるまでスタンダード曲として膨大な数の録音が残されています。

ブラウンのただ1回の素晴らしいアドリブ・ソロがこの曲を一躍有名にし、それが楽曲の再評価に結びついたのです。なお、このメリル&ブラウンのヴァージョンのアレンジは当時新進のクインシー・ジョーンズ。じつは翌年のキャノンボール・アダレイのアルバムでの同曲のアレンジもクインシーなのです。「掘りおこし」のアイデアはクインシーだったのかはわかりませんが、好調なソロもアレンジあってのことと考えれば、クインシーももうひとりの立役者といえるでしょう。クインシーがいなければ、この名曲もいまだにポーターの「二軍」曲のままだったかもしれませんね。

「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」名演収録アルバムと聴きどころ

(1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)
(1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)

(1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』

演奏:ヘレン・メリル(ヴォーカル)、クリフフォード・ブラウン(トランペット)、ダニー・バンク(バリトン・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、バリー・ガルブレイス(ギター)、ミルト・ヒントン(ベース)、オシー・ジョンソン(ドラムス)、クリンシー・ジョーンズ(編曲・指揮)

録音:1954年12月22〜24日

この曲をジャズ・スタンダードにした決定的名演。「ニューヨークのため息」の愛称で知られるメリルのハスキー・ヴォイスの情感豊かな歌唱も魅力的ですが、ブラウンのトランペット・ソロがそれを上回る印象を残してしまう素晴らしさ。音色も歌い回しも構成も完璧といえる、ジャズのアドリブ・ソロの永遠のお手本。

(2)『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)
『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』(コンテンポラリー)

(2)『アート・ペッパー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』

演奏:アート・ペッパー(アルト・サックス)、レッド・ガーランド(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(ドラムス)
録音:1957年1月19日

主役のペッパーは当日までセッションのことを忘れていたため、この演奏はぶっつけ本番で録音されました。演奏曲はすべては現場で決められたのですが、この曲が選ばれたのは、全員が知っていたから。つまりこの時期すでにジャズ・スタンダードになっていたということですね。結果は、ジャズマンたちの底力を感じる超名演が生まれました。

(3)チェット・ベイカー『チェット』
(3)チェット・ベイカー『チェット』

(3)チェット・ベイカー『チェット』

演奏:チェット・ベイカー(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ペッパー・アダムス(バリトン・サックス)、ビル・エヴァンス(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)、コニー・ケイ(ドラムス)
録音:1958年12月30日

アルバムのサブ・タイトルは『バラード・バイ・チェット』。チェットはここでは歌わず、トランペットのスローなバラード演奏を披露します。ブラウンとの比較など考えさせもしない、まるで別の曲のよう。こういったアレンジにできるのもスタンダードとして広く認知された証拠でしょう。ビル・エヴァンスのさりげなくも美しい伴奏にも注目。

(4)ジュリー・ロンドン『ジュリー・アット・ホーム』(リバティ)
(4)ジュリー・ロンドン『ジュリー・アット・ホーム』(リバティ)

(4)ジュリー・ロンドン『ジュリー・アット・ホーム』

演奏:ジュリー・ロンドン(ヴォーカル)、ジミー・ロウルズ(ピアノ)、エミル・リチャーズ(ヴァイブラフォン)、アル・ヴィオラ(ギター)、ドン・バグレイ(ベース)、アール・パーマー(ドラムス)
録音:1960年3月4日

アルバム・タイトルのとおり、ジュリーの自宅で録音されたセッション。音質はスタジオとなんら変わらないのですが、自宅ゆえか寛いだ親しみやすい雰囲気にあふれています。ちょっと力の入ったヘレン・メリルの歌唱とはまるで違うアプローチ。同じ楽曲でも、とりわけヴォーカルは歌詞表現が大きな武器ということがよくわかります。

(5)ジャッキー・テラソン『プッシュ』(コンコード)
(5)ジャッキー・テラソン『プッシュ』

(5)ジャッキー・テラソン『プッシュ』

演奏:ジャッキー・テラソン(ピアノ)、ベン・ウィリアムス(ベース)、ジャマイア・ウィリアムス(ドラムス)
録音:2009年9月

この演奏では、テーマ・メロディは断片しか表れず、コード進行もわずかな痕跡を残すだけで、楽曲は完全に「素材」としての扱いになっています。それでも、ポーターの曲を演奏していると表明しているところがジャズのジャズたる部分なのです。力強い4ビートに乗った、三人三様の自由奔放な展開は、まさにジャズ・ピアノ・トリオの最新型。

※本稿では『 』はアルバム・タイトル、そのあとに続く( )はレーベルを示します。ジャケット写真は一部のみ掲載しています。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

    「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

    「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』

    ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道54】

  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

    じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】

  5. ペギー・リー『ビューティ・アンド・ザ・ビート』(キャピトル)

    じつは「ライヴ」ではなかったあの「ライヴ名盤」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道52】

  6. ビル・エヴァンス『ザ・コンプリート・ヴィレッジ・ヴァンガード・レコーディングス 1961』

    CDの「家ライヴ」ががぜん楽しくなる方法【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道51】

  7. ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』(ブルーノート)

    何回演れば「完成」なのか? 超人たちの「難産セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道50 】

  8. マイルス・デイヴィス『クッキン』

    最高のコスト・パフォーマンス!? マイルスの「短距離走セッション」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道49 】

  9. (1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

    ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

  10. (1)ビル・エヴァンス『フロム・レフト・トゥ・ライト』(MGM) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、サム・ブラウン(ギター)、エディ・ゴメス(ベース)、ジョン・ビール(エレクトリック・ベース)、マーティ・モレル(ドラムス)、ミッキー・レナード(編曲、指揮)、ストリングス 録音:1969~70年

    ジャズの「定説」を見直す。ビル・エヴァンスはエレピの名手!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道47】

  11. (1)ソニー・ロリンズ『サキソフォン・コロッサス』 演奏:ソニー・ロリンズ(テナー・サックス)、トミー・フラナガン(ピアノ)、ダグ・ワトキンス(ベース)、マックス・ローチ(ドラムス) 録音:1956年6月22日

    あのライヴ名盤が日曜日に生まれた理由とは!?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道46】

  12. (1)ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』

    名盤は日曜日に生まれる!?~読んで楽しむ録音データ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道45】

  13. 渡辺香津美『MOBO』

    1曲3分から1曲68分。メディアの進歩がジャズを動かした【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道44】

  14. 『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

    再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

  15. チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

    録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

  16. 「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

    「3分しばり」が名演を生んだ~SPレコードの楽しみ方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道41】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』 「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技…
  2. ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』 「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを…
  3. シンガーズ・アンリミテッド『イン・チューン』 ジャズの「リアル」はどこにある?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プ…
  4. じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道53】 じつは「ライヴ」ではなかった あの「ライヴ名盤」(その2)【ジャ…
  5. 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち 新型コロナウイルスに倒れたジャズ・レジェンドたち
PAGE TOP