新着記事

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

文/印南敦史多くの方は、「脂質は減らすべき」だという考えているのではないだろうか。だからこそ…

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    無理なく続けられる、週末料理のすすめ(コウケンテツの料理コラム 第11回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、コウケンテツさんが執筆します。文・写真/コウケンテツ(料理家)結婚して子どもが生まれ…

  2.  

    ラオスのお母さんのご飯が伝える、息子への想い(コウケンテツの料理コラム 第10回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  3.  

    【名門校の青春食堂 第4回】筑波大学付属駒場高等学校×井上のポークピカタ(東京・駒場)

         

    文/鈴木隆祐将来のエリートたちの小腹を満たす「太田屋」のフライと「井上」のポークピカタ…

  4.  

    明治屋「おいしい缶詰」は酒のアテとしてどうか?日本酒好き編集長が食べて検証《プレゼントあり》

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)日本酒、特に純米酒の美味しさに目覚めて20年近く。毎週末、酒屋に…

  5.  

    毎日食べたい!自宅でつくる簡単もち麦料理レシピ6選

         

    食生活にもち麦を取り入れるには、白米に混ぜて炊く「もち麦ご飯」がおすすめだ。理想の割合は、白…

  6.  

    2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(後編)(コウケンテツの料理コラム 第9回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  7.  

    大阪・住之江の老舗洋食店『源ちゃん』名物「やまいものグラタン」【大阪旨いもん巡り】

         

    取材・文/わたなべあや大阪の繁華街といえば、中心をなすのはキタとミナミ。しかし、本当に美味し…

  8.  

    2000年も受け継がれてきた、フィリピンの棚田(前編)(コウケンテツの料理コラム 第8回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  9.  

    シャンパーニュ・オーギュスタン|「ビオディナミ」シャンパーニュ最先端の作り手

         

    取材・文/鳥海美奈子フランスの有機農業振興団体アジャンス・ビオによれば、2015年の…

  10.  

    国循直伝の「マインド食+かるしおレシピ」で認知症を予防【名医に聞く健康の秘訣】

         

    取材・文/わたなべあや認知症は、一度発症してしまうと治療するのは難しい病気です。根治…

  11.  

    【名門校の青春食堂 第3回】武蔵高等学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

         

    文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

  12.  

    一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  13.  

    手でつまむか、箸で食べるか?握り寿司の上手な食べ方【食いしん坊の作法 第3回】 

         

    文/山本益博江戸の古川柳に「握られて出来て食いつく鮨の飯」というのがあります。握り鮨…

  14.  

    【名門校の青春食堂 第2回】麻布高等学校×那須飯店の肉定食(東京・広尾)

         

    文/鈴木隆祐40代以上の麻布OBなら誰もが知っている『那須飯店』の肉定食。失われたはずの味が…

  15.  

    料理家コウケンテツ、思い出の初レシピ(コウケンテツの料理コラム 第6回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  16.  

    【名門校の青春食堂 第1回】開成高等学校×フィレンツェの喫茶洋食(東京・西日暮里)

         

    文/鈴木隆祐オタク系開成生の根城『フィレンツェ』で名物ママの繰り出すザ・喫茶洋食に癒される。…

  17.  

    挫折の20代、料理が切り開いてくれた道(コウケンテツの料理コラム 第5回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  18.  

    【日本ワイン生産者の肖像3】ブルース・ガットラヴさん(10Rワイナリー)|北海道・空知でつむぐ理想のワイン造り

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワイン“中興の祖”。ブルース・ガットラヴさんには、そんな形容…

  19.  

    花見の日には気合いの入った鮨屋の卵焼きを味わいたい

         

    取材・文/片山虎之介花見に持参する御馳走には、向き不向きがある。食べるときに調理、加…

  20.  

    故郷の記憶を蘇らせた済州島のスープ(コウケンテツの料理コラム 第4回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  21.  

    花見で食べる美味しいものといえば昔も今も「すし」が人気

         

    取材・文/片山虎之介桜の花を鑑賞しながら、たくさんの人が集まって酒を飲み交わす「花見…

  22.  

    鮨屋のカウンターに秘められた絶妙な間合いとは【食いしん坊の作法 第2回】 

         

    文/山本益博「江戸前」の鮨屋でしたら、のれんが店の玄関のほかに、つけ台、つまり、カウ…

  23.  

    料理家になる息子へ、母がくれた言葉(コウケンテツの料理コラム 第3回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  24.  

    おいしい減塩食が簡単に作れる!国循「かるしおレシピ」の極意

         

    取材・文/わたなべあや大阪の国立循環器病研究センター(国循)では、心臓病や脳卒中などの循環器…

  25.  

    作家・町田康さんと歩いた北九州市・小倉の「旨いもの」巡り

         

    取材・文/編集部森鷗外(1862-1922)は、明治32年(1899年)6月、小倉第一二師団…

  26.  

    母の愛情がこもった野菜料理(コウケンテツの料理コラム 第2回)

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  27.  

    すべてのことを食卓で学んだ子ども時代【コウケンテツの料理コラム 第1回】

         

    夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

  28.  

    日本盛「生原酒ボトル缶」を友にSL花見紀行|車窓を流れる桜を肴に本物の日本酒で乾杯[PR]

         

    江戸時代、「箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川」と謳われた大井川。古くは駿河国と遠江国の境…

  29.  

    美味いものを美しく食べるための大人の作法とは?【食いしん坊の作法 第1回】 

         

    文/山本益博「グルメ」というフランス語がいまや誰もが「食いしん坊」「料理にうるさい奴…

  30.  

    チキンライスの上に花が咲く!根津『タケル』のオムライス 【新ひと皿の歳時記20】

         

    取材・文/山本益博根津にある『タケル』は、うどんの名店『釜竹』が経営する、オムライスが売り物…

PAGE TOP