新着記事

大判おあげのゆず胡椒風味うどん

【管理栄養士が教える減塩レシピ】食欲のない夏の救世主!麺の種類別塩分比較と減塩レシピ

写真・文/矢崎海里食欲のない夏、そうめんやざるそばなど、つるっと食べられる麺類を選び…

退職金・企業年金・私的年金も忘れずに。セカンドライフの収支もチェック【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後にもらえるお金はいくら!?|年金だけでなく、退職金・企業年金・私的年金の受け取れる総額を知る【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

【ビジネスの極意】管理職の仕事とは何か?

「管理職」とはいったい何を「管理」するのか考えたことがあるだろうか? 「管理職」について、リ…

常滑焼の炭化焼成の急須と湯呑み2客組|コクがあり柔らかな味が楽しめる炭化焼成のセット

急須といえば常滑焼(愛知県常滑市)といわれるくらい、朱色の茶器はお馴染みの日用品だ。ところが…

佐世保鎮守府関連の日本遺産を巡る特別な徒歩ツアー|長崎県佐世保・日本近代化の躍動を体感できる街【1】

構成・文/山津京子 佐世保市内に点在する、迫力満点の遺構27群2019年7月発行の『サライ8…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【後編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする? 両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合

【人生100年時代の生き方】100歳までのお金をどうする?|両親が「住宅型有料老人ホーム」に入居した大島さんの場合【前編】

取材・文/坂口鈴香「親の終の棲家をどう選ぶ? 壊れていく母、追い詰められる父」で紹介…

同窓会で気になること第1位は「友人のおばさん化」!?

高校時代、あんなにキレイだったのに……|同窓会で気になったこと第1位は「友人のおばさん化」

学生時代の友人や恩師と会える同窓会。当時の楽しかった出来事や、淡い恋愛の思い出などがプレイバ…

八幡堀に沿って白壁の土蔵や旧家が立ち並び、往時の賑わいが偲ばれる

水運で潤う城下町を全国に残す|三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城【田中吉政編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと進んだ織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三英…

関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵

「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」】

取材・文/池田充枝日本が弥生時代といわれた、遥か1800年も昔の中国に起こった「三国志」は、…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    旨い酒を知り、味わい、学ぶ。居酒屋は日本酒の世界を楽しむ男のホームグラウンド

         

    灯ともし頃、居酒屋の行灯看板に明かりが点くのを見ると心躍る。東京・大塚の居酒屋『きたやま』の暖簾を分け、ガラス戸越しに中を窺うのは早稲田大学教授の橋本健二さん。居酒屋愛好家だ。「入口から壁に掲げられた酒名札を見るのが…

  2.  

    濱田屋の「胡麻豆腐」|聖地・高野山の清らかな水で育まれた逸品【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあやその昔、空海が開創した高野山。世界遺産としても知られ、歴史を静…

  3.  

    保存版!サライが選んだ「まぐろのお取り寄せ」逸品6つ

         

    取材・文/北吉洋一自宅で楽しめ、贈り物にも向く“お取り寄せまぐろ”の逸品まぐろは…

  4.  

    街中華の隠れた名店を発見!東京・大井町の『萬来園』【山本益博の新ひと皿の歳時記16】

         

    文・写真/山本益博東京の大井町に、家族3人でまかなう小さな中国料理店『萬来園(ばんらいえん)…

  5.  

    サライ1月号|特集は「日本酒」と「鮭」特別付録は北斎ブルーの万年筆です

         

    『サライ』2018年1月号は、本誌恒例「日本酒いま呑むべき30本」の大特集に、いまこそ味わい…

  6.  

    本場福岡『稚加榮』の明太子|辛さの中に出しの旨みが効いたご飯の友【魅惑のお取り寄せ】

         

    熱々の炊きたてご飯と美味しいご飯のお供、それだけあれば他には何もいらない。そんな時、日本に生…

  7.  

    保存版!一度は味わいたい名店の絶品まぐろ料理6つ

         

    日本人は、数々の調理法を編みだし、まぐろのあらゆる部位を味わい尽くしてきた。まぐろを極める東西6店の…

  8.  

    【日本ワイン生産者の肖像1】曽我貴彦さん(ドメーヌ・タカヒコ)|日本の風土に合うピノ・ノワールを求めて

         

    取材・文/鳥海美奈子日本ワインにおける、ピノ・ノワールの可能性を切り拓いた人物。ドメ…

  9.  

    稲庭中華そば|秋田「稲庭うどん」の伝統製法で作られたラーメン【魅惑のお取り寄せ】

         

    手がかじかんでマフラーや手袋が恋しくなる季節。ふんわりスープの湯気が立ち上る中華そばに、チャ…

  10.  

    元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ

         

    取材・文/北吉洋一 撮影/宮地 工千葉県船橋市でまぐろ料理を中心にした居酒屋『炊屋(かしきや…

  11.  

    極上まぐろが食べられる港町の名店3つ

         

    旨いまぐろを食べるには、漁の盛んな港町を訪れるのがいちばん。水揚げされたばかりの見事なまぐろが待って…

  12.  

    六本木「ジムビームヒルズバー」で”特別なハイボール”を味わう

         

    取材・文/編集部北風が吹くなか、六本木ヒルズを歩いていたら、ホットな看板を発見。「好…

  13.  

    『こんぶ土居』の十倍出し|大阪の老舗がつくる便利な本格昆布出し【魅惑のお取り寄せ】

         

    取材・文/わたなべあや日々何かと忙しくても、食事をする時はふっと緊張の糸を緩めてみたくなりま…

  14.  

    『まい泉』のポークジャーキー|ウイスキーのつまみに好適な「甘い誘惑」

         

    取材・文/編集部とんかつの名店として名高い『とんかつ まい泉』が、ポークジャーキーを出してい…

  15.  

    小野二郎さんも感嘆!宮崎・延岡『きたうら善漁。』の鮮魚2品【新ひと皿の歳時記15】

         

    文・写真/山本益博今年の11月3日~5日の3日間、宮崎県・延岡市で『のべおか国際食卓会議』が…

  16.  

    定年後に厨房に入る男子のための手引書『かんたん、手抜き、うまい「おとこ飯」』【定年本イッキ読み16】

         

    文/印南敦史家の料理を誰が作るのかと問われれば、多くの方は「妻」と答えるかもしれない…

  17.  

    酒盃に柚子一片の色気を添えて「うるめいわしの丸干」を頂く【辰巳芳子の「私のおすすめ」第10回】

         

    談/辰巳芳子(料理家)脂の乗った鰯が出回る季節になったので、高知の知人に電話をしたら…

  18.  

    ワインにも合う「八丁味噌の田楽」をガラス鍋で楽しむ【辰巳芳子の「私のおすすめ」第9回】

         

    談/辰巳芳子(料理家)八丁味噌は、愛知県岡崎市発祥の豆味噌の銘柄です。水気が少なく運…

  19.  

    蕎麦好きなら挑戦!「蕎麦にまつわる雑学クイズ」10問

         

    日本人にとって馴染みの深い食べ物、蕎麦。とくにサライ世代には蕎麦好きは多いことでしょう。…

  20.  

    ハワイの最高級ラム酒「コハナ」をオアフ島の蒸留所で楽しむ【大人のハワイの楽しみ方】

         

    取材・文/相馬佳(ホノルル在住)ハワイでは地産の農産物を使って多くのお酒が作られている事実を…

  21.  

    落語家・柳家小満ん師匠が指南する「もり蕎麦をいただく作法」

         

    蕎麦職人の技と工夫の結晶であり、蕎麦店の看板とも言える「もり蕎麦」は、どのように食せば、正しい食べ方…

  22.  

    「もり蕎麦」の旨い店7軒に“蕎麦の旨さの秘密”を探った

         

    取材・文・撮影/片山虎之介江戸時代初期にその名が付いた「もり蕎麦」。蕎麦の食べ方として、これ…

  23.  

    破格の値段で見事なてんぷらを堪能!東京・富岡『ふく庵』【新ひと皿の歳時記14】

         

    文・写真/山本益博東京・冨岡にてんぷら屋『ふく庵』が開店したのは、今年の6月のこと。…

  24.  

    いい生鮭が手に入ったら作ってみたい酒肴2つ【辰巳芳子の「私のおすすめ」第8回】

         

    談/辰巳芳子(料理家)北海道から立派な生の鮭が届きました。漁船で獲れたばかりの鮭を船上で〆め…

  25.  

    東京駅で本格イタリア食材が買える!味わえる!『EATALY グランスタ丸の内店』を訪ねた

         

    取材・文/藤田信吾(美味サライ担当)自宅で本格イタリアンを楽しみたい人たちの間で話題…

  26.  

    進化する美食の街「銀座」を徹底取材『美味サライTOKYO』発売中

         

    文/編集部食にフォーカスしたサライの別冊ムック『美味サライTOKYO』を発売しました…

  27.  

    京都・祇園『にくの匠 三芳』で関西の和食の底力を実感【山本益博ひと皿の歳時記13】

         

    文・写真/山本益博牛肉と言えば、関西です。そこで、牛肉をステーキでなく、いろいろな部位を楽し…

  28.  

    東京・小石川『洋食フリッツ』|通わずにはいられない復活の洋食屋【新ひと皿の歳時記12】

         

    文・写真/山本益博かつて、赤坂に『フリッツ』という洋食屋があった。「フリッツ」はフラ…

  29.  

    保存版!奥深き京の珈琲文化を感じる「京都の喫茶店」7軒

         

    取材・文/関屋淳子大手コーヒーチェーン店やコンビニエンスストアの安価なコーヒーが伝播し、昔な…

  30.  

    保存版!京都人が通いつめる「ふだん遣いの美味処」10軒

         

    取材・文/中井シノブ数多の料理店がひしめく京都は、食の都でもある。そのなかで地元の名士たちが…

PAGE TOP