新着記事

主婦が最も心掛けているのはエコバッグ持参

主婦が実践している「エコ活」|3位「電気をこまめに消す」、2位「水の出しっぱなしに注意」、1位は?

あなたが環境問題のために、日頃から気をつけていることは? リビング新聞グループのシンクタンクであ…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』10月号で掲載している「マカオ 創刊30周年特別紀行」の記事について、記事のご感想…

ジビエ

日本のジビエを考える、そして食べる|地方が直面する問題と都市も注目する食材

鹿や猪による農作物被害が止まらない。猿や熊、烏などの食害分も合わせると、全国で年間160億円…

『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』

オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

介護施設の種類と費用は【今からはじめるリタイアメントプランニング】

要介護認定の有無で利用できるかどうかが決まる|介護施設の種類と費用【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】介護施設の種類と費用は親も自分たちも元気…

世代ごとのBS視聴傾向をTV局ごとに深掘り! BSファンの実態とは!?

BS放送世代別視聴率ベスト5|50代1位は「おぎやはぎの愛車遍歴」

テレビ放送には、従来からあった地上波放送とBSとCSの衛星放送があります。衛星放送の中でもBS放…

アリ・シェフェール《フリデリク・ショパンの肖像》1847年 油彩、カンヴァス credit:Dordrechts Museum

“ピアノの詩人”の音楽と生涯をたどる【「ショパン―200年の肖像」展】

取材・文/池田充枝19世紀ロマン主義音楽を代表する作曲家、ピアニストとして広く知られ…

科学者が語る人生論|『138億年の人生論』

科学者が説く、トラブルに煩わされない「宇宙スケール」の考え方

文/印南敦史『138億年の人生論』(松井孝典著、飛鳥新社)の著者は、「惑星科学」…

山

紅葉が楽しめる!秋の登山・ハイキング人気スポットランキング

夏の暑さも過ぎ去り、秋本番となってきました。各地で木々が色づき始め、紅葉の見頃が訪れようとし…

ねっとり里芋の焼きコロッケ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】栄養満点! ねっとり食感を生かした「里芋のグラタン&コロッケ」

写真・文/矢崎海里ねっとりとした食感が特徴の里芋は、今が旬の食材です。里芋は芋類の中…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    名店といわれる老舗蕎麦店の「ざるそば」はなぜ量が少ないのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第37回】

         

    昔から、蕎麦は「小腹が空いたときに、さっと手繰るもの」といわれる。しかし、小腹が空くのはたいてい午後3時過ぎ。中休みをとらず通しで営業している店が見当たらないときは、蕎麦好きは困り果てることになる。東京・…

  2.  

    東京・上野で100年以上続く洋食の老舗『ぽん多 本家』

         

    【私のお気に入り~第116回】 東京・上野の老舗洋食店『ぽん多 本家』     最後にタ…

  3.  

    素材の滋味を引き出す技が冴える、名古屋の割烹料理店『吉い』の「まながつおと花山椒」

         

    【ひと皿の歳時記~第128回】名古屋の割烹料理店『吉い』の「まながつおと花山椒」名古屋・…

  4.  

    混雑時の相席体験で納得! 浅草『並木藪蕎麦』が東京屈指の名店といわれる理由【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第36回】

         

    蕎麦屋で長居することは、「蕎麦屋の長尻(ながっちり)」と呼ばれ、無粋な行動の典型のようにいわ…

  5.  

    羽釜で炊いた香り高いご飯が格別! 沖縄「カヌチャリゾート」の和食店で味わう朝食

         

    【私のお気に入り~第115回】沖縄・名護市「カヌチャリゾート」    2日目の夕食は『広東名菜 龍宮…

  6.  

    登録有形文化財の古民家で味わう沖縄『しむじょう』の滋味深いソーキそば

         

    【ひと皿の歳時記~第127回】沖縄・首里『しむじょう』のソーキそば 【しむじょう】住所/…

  7.  

    ブツブツと切れる蕎麦なのに評判! 出雲の名人が打つ極上の「釜上げ蕎麦」とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第35回】

         

    蕎麦は本来、長くつながっているものだ。だからこそ昔から歳時などに、「細く長く」の縁起をかつい…

  8.  

    「旨すぎる乾麺」と評判! かの偉大な評論家も愛した新潟・十日町の「妻有そば」

         

    文・写真/片山虎之介某雑誌の編集部にBさんという、酒と旨いものに、ちょっとうるさい編…

  9.  

    決して驕らず小細工もなし、シェフの真摯な姿勢がひと皿に宿る宇部市の本格フランス料理店『NABI』

         

    【私のお気に入り~第114回】山口・宇部のフランス料理店『NABI』&nbs…

  10.  

    京都の老舗料亭『下鴨茶寮』が東京に初出店! 『銀座 下鴨茶寮 東のはなれ』の焼き筍

         

    【ひと皿の歳時記~第126回】『銀座  下鴨茶寮  東のはなれ』の焼き筍3月31日、銀座…

  11.  

    蕎麦屋の不思議~香り豊かな蕎麦の風味を消してしまうワサビが薬味に用意されるのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第34回】

         

    蕎麦屋には、よくわからない謎がいっぱいある。僕はその謎の最たるものを七つ選び、「蕎麦屋の七不…

  12.  

    京都『とり安』のふんわり親子丼

         

    【私のお気に入り~第113回】京都『とり安』の親子丼ここで鶏肉を購入して自宅に持ち帰ると…

  13.  

    京都・祇園の板前割烹『浜作』の桜鱒の焼き物

         

    【ひと皿の歳時記~第125回】京都・祇園の板前割烹『浜作』の桜鱒の焼き物続いて出てきたの…

  14.  

    葉の付いている方から? それとも下から? 意外と知らないワサビの正しいおろし方【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    蕎麦の脇に置かれた小皿。これに乗せられた、刻みネギ、ワサビ、大根おろしなどが、蕎麦好きなら誰…

  15.  

    ニューヨーク『Brushstroke』の黒トリュフ入り茶碗蒸し

         

    【私のお気に入り~第112回】ニューヨーク『Brushstroke』の黒トリュフ入り茶碗蒸しニューヨ…

  16.  

    ニューヨーク「Per Se」の「Oyster and Perles」

         

    【ひと皿の歳時記~第124回】ニューヨーク『Per Se』の「Oyster and Perles」『…

  17.  

    ”うまい”とされる蕎麦は江戸の昔と今では正反対だった!?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第33回】

         

    コシが強くて、しっかり角が立った手打ち蕎麦こそ「良い蕎麦」と評価される今の時代、ふにゃふにゃ…

  18.  

    東京・四谷『北島亭』の正統派フランス料理

         

    【私のお気に入り~第111回】東京・四谷『北島亭』の正統派フランス料理また、『北島亭』は…

  19.  

    青森・八戸市『カーサ・デル・チーボ』の期間限定ブイヤベース

         

    【ひと皿の歳時記~第123回】青森・八戸市『カーサ・デル・チーボ』のブイヤベース2月1日から3月31…

  20.  

    老舗のルーツを辿ってわかった、蕎麦の本場はうどん文化圏の西日本?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第32回】

         

    著書が一冊出版されるたびに、僕は岡山の父に送っている。蕎麦の本を受け取った父が、電話で語る感想は…

  21.  

    鳥取『トゥジュール』のパン・ド・カンパーニュ

         

    【私のお気に入り~第110回】鳥取『トゥジュール』のパン・ド・カンパーニュ】住所/鳥取県岩美郡岩美町…

  22.  

    浅草『龍圓』の香り高い「トリュフ入り春巻き」

         

    【ひと皿の歳時記~第122回】浅草『龍圓』の「トリュフ入り春巻き」12:00~14:00(L.O.1…

  23.  

    蕎麦打ちの楽しみは「ひとを幸福にする贈り物」を自分の手で作るというところにある 【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第31回】

         

     銀座にある長野県のアンテナショッブ「銀座NAGANO」で、蕎麦打ち教室「蕎麦のソムリエ講座」をスタ…

  24.  

    リピーター急増中! 桜島の世界一小さな蜜柑と天日干しで仕上げる風味豊かなひじき

         

    コンビニほどではないけれど、スーパーと肩を並べるくらいに多い店、それが「農産物直売所」です。文字どお…

  25.  

    店主が納得できる肉が入らない日は休業となる荻窪『たつみ亭』のとんかつ

         

    【私のお気に入り~第109回】東京・荻窪のとんかつ店『たつみ亭』他にもいろいろメニューが…

  26.  

    箱根『竹やぶ』のコーヒーミルで挽いた香り豊かな「粗挽きそばがき」

         

    【ひと皿の歳時記~第121回】箱根『竹やぶ』の「粗挽きそばがき」  蕎麦処『竹やぶ』本店は千葉県の柏…

  27.  

    滋賀県・浜市余呉町の『徳山鮓』で味わえる冬期限定の熊鍋

         

    【ひと皿の歳時記~第120回】滋賀・長浜市余呉町『徳山鮓』の熊鍋 日本最古の「すし」は琵琶湖周辺近江…

  28.  

    京都『草喰 なかひがし』で味わう早春の滋味

         

    【私のお気に入り~第108回】京都『草喰  なかひがし』 京都の北部、花背(はなせ)出身の中東久雄さ…

  29.  

    熟成させた鱒の旨味がきわだつ富山の名店『まつ川』の「鱒の寿し」

         

    【私のお気に入り~第107回】 富山『まつ川』の「鱒の寿し」北陸新幹線が開通したおかげで…

  30.  

    この冬に味わいたい富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん

         

    【ひと皿の歳時記~第119回】富山『ふじ居』の熊肉入り氷見うどん『ふじ居』のご主人、藤井…

PAGE TOP