日本の喫茶店では定番のベークドチーズケーキ。生クリームや果物のソースが添えられることも多い。

日本の喫茶店では定番のベークドチーズケーキ。生クリームや果物のソースが添えられることも多い。

昔ながらの昭和の香りが漂う喫茶店、若者に人気の瀟洒(しょうしゃ)なカフェ、低価格のコーヒーショップ。いずれの店でも高確率で出会える洋菓子、それがチーズケーキだ。老若男女、幅広い世代に好まれる菓子である。食事の合間に、ほどよく空腹も満たしてくれる。オーブンで焼いたベークドチーズケーキもいいが、ゼラチンでかためたレアチーズケーキも冷たくて滑らかで、舌にやさしい。

世界で最初にチーズケーキが誕生したのは、紀元前の古代ギリシャ!?

時代を遡(さかのぼ)れば、世界で最初にチーズケーキが誕生したのは、紀元前の古代ギリシャという説があって驚く。確かに歴史が古いだけあり、チーズ入りの菓子は、世界でも広く愛されている。

フランスは、「ガトー・オ・フロマージュ・ブラン」と呼ばれる、日本のベークドチーズケーキに近いタイプのほか、地域ごとに様々な名品があるのが面白い。タルト生地が下に敷かれるのは、アルザス地方。ポワトゥ・シャラント地方の「トゥルトゥ・フロマジェ」は、石窯(いしがま)で真っ黒に焼かれる珍しいチーズケーキだ。

イタリアでは、チーズの生成過程で出たホエーを煮つめてつくるリコッタチーズを使う菓子が多い。なかでもナポリ地方の名物「スフォリアテッレ」は、貝殻の形をした絶品のチーズパイだ。定番の「ティラミス」にも、マスカルポーネという生クリームのようなフレッシュチーズが用いられている。ロシアには「パスハ」というレアチーズケーキがある。そのほか、「ブリヌイ」というパンケーキにも、チーズを入れて焼く。

日本のチーズケーキは1969年、洋菓子メーカー「モロゾフ」が発売したものが最初という説が有力だ。そのことから、日本のベークドチーズケーキの原形は、ドイツの「ケーゼ・クーヘン」だといわれている。たった半世紀ほどの間にここまで市民権を得た菓子の背景には、世界中の人に愛されてきた歴史があったのだ。

写真・文/大沼聡子

 


サライ公式通販人気ランキング


ランキング

サライ最新号
2024年
3月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

和田秀樹 最新刊

75歳からの生き方ノート

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店