新着記事

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

【最後の恋】10年前にリストラをした、20歳年下の女性部下とのロマンス……定年退職の日の特別な出来事~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ドレッシング利用者は9割弱。「週に2~3回」がボリュームゾーン

チャーハン? 刺身? 漬け物? サラダだけじゃないドレッシングの意外な利用法

健康や美容のためにも、毎日食べたいサラダ。そんなサラダに欠かせないものといえばドレッシングですが、ス…

電話に出られない時に知っておきたい3つの対応方法【スマホ基本のき 第1回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

サライ・オリジナル手帳カバーとペンケース|付録の手帳が装着できる革製カバーとペンケース

『サライ』特製のスケジュール手帳は、その使いやすさで毎年大好評をいただいている、サライ名物の…

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27 】

ラグビー ワールドカップで学ぼう!(2) 国歌から知る出場国の歴史(前編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編27】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

レトルト食品を利用して料理をする人は全体の9割弱

男性は「カレー」、女性は「パスタソース」が人気! みんなが「レトルト食品」を買う理由

お湯で温めたり、電子レンジでチンするだけで、簡単に食べられるレトルト食品。最近は、種類も豊富で、…

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

【ビジネスの極意】コミュニケーションが苦手な人に必要な「聞く」技術とは?

ビジネスパーソンにとってコミュニケーションは重要な要素であり、時には武器にもなる。だが、中に…

老後は笑顔で「平気で生きていく」|『おじいさんになったね』

南伸坊『おじいさんになったね』に学ぶ「平気で生きていく」ということ

文/印南敦史まず、タイトルのセンスが秀逸である。これには、定年を過ぎた人、あるいは定年を間近に迎…

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬“はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

血液ドロドロの自覚症状がないゆえに“コレステロール薬”はよく飲まれる|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第3回】

コレステロールと聞くと、あまりよくないイメージを抱く人が多いことと思います。善玉コレステロール、悪玉…

ピックアップ記事

  1. リラックスを追求し、日々を快適にする『シンラ』。103万5000円~(工事費別)。椅子と桶は23年前の新築時に友人から贈られたもの。
  2. 幅60㎝、広い庫内空間と高い収納力で12人分84点に対応する『SMI69N75JP』。年間で水道代・電気 代が約35%節約可能(※)。34万円(ドア面材、工事費別)。 ※(一財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」より
  3. リビングから0.5階上がると、『タタミスペース』が用意される。1階とは違った設えが、暮らしに豊かさをもたらしてくれる。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    金沢「鮨木場谷」のあなごの握り【ひと皿の歳時記135】

         

    富山で出張料理のすし職人だった木場谷光洋(きばたに・みつひろ)さんが、この4月に念願の店を持ちました。店は富山ではなく、金沢の彦三町というところ。粋な街並みが軒を連ねる一角です。最初に富山で木場谷さんの「江戸前」の握りを楽し…

  2.  

    言われてみればよくわからない?「盛り蕎麦」とは何に盛られているものなのか【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第39回】

         

    わかっているようで、意外とわからないのが、蕎麦の名前だ。「盛り蕎麦(もりそば)」「笊…

  3.  

    ありふれた食材から生み出される奇跡!銀座『厲家菜』の「豚肉と白菜のスープ仕立て」【私のお気に入り122】

         

    六本木ヒルズにあった中華の名店「厲家菜(れいかさい)」が閉店して、約2年半。ついにこの6月1…

  4.  

    天正遣欧少年使節・伊東マンショの肖像画初公開を祝う食のイベントが銀座で開催

         

    今年は日伊国交樹立150周年という節目であることを記念し、日本とイタリアを結ぶ最初の架け橋と…

  5.  

    京都の初夏のご馳走といえば!京都『浜作』の「鱧となすのお椀」【ひと皿の歳時記134】

         

    京都の夏のご馳走と言えば、まず最初に指を折るのが「鱧(はも)」ですね。7月の祇園祭の…

  6.  

    黄身の旨みがぎゅっと凝縮!塩漬け卵を使った「塩玉子飯」の作り方

         

    冷蔵庫がなかった時代、野菜や肉などの食材は塩漬けして日持ちさせていた。塩漬けにすることで保存…

  7.  

    菊鷹 純米無濾過生 Hummingbird|口に含めばハミングしたくなるほどうまい日本酒【今宵の一献 第3回】

         

    日本全国に大小1500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)す酒は種…

  8.  

    栄誉ある日本酒はこの9本!今年の「IWC」SAKE部門の受賞酒が発表に

         

    日本酒好きにとっては毎年気になる、「IWC」SAKE部門の受賞酒が発表される季節になりました…

  9.  

    黒すぎるチーズケーキに衝撃!こんなにあった「世界の面白チーズケーキ」4つ

         

    昔ながらの昭和の香りが漂う喫茶店、若者に人気の瀟洒(しょうしゃ)なカフェ、低価格のコーヒーシ…

  10.  

    名物カツレツと並ぶ傑作!上野『ぽん多 本家』のポークソテー【私のお気に入り121】

         

    明治38年創業の「ぽん多 本家」(東京・上野)は、カツレツ(とんかつ)の生みの親の洋食店とし…

  11.  

    池波正太郎も舌鼓!赤穂浪士が討ち入り前に食べた「玉子かけご飯」を再現

         

    《いまも私は、大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)が食べたようにして間鴨(あいがも)と生卵を食…

  12.  

    なんと10年ぶりの新ネタ登場!銀座『すきやばし次郎』の「あじす」【ひと皿の歳時記133】

         

    「すきやばし次郎」で、ほぼ10年ぶりに新しいすし種が誕生しました。それが、真鯵を酢〆にした「…

  13.  

    卵の達人が伝授!いつもの玉子かけご飯が「格段に旨くなる」ひと手間とは

         

    特別な素材を用意したり、複雑な調理をせずとも、普段味わっている玉子かけご飯が、さらに美味しく…

  14.  

    沖縄伝統の「島野菜」を使った手軽な琉球料理レシピ【沖縄ぬちぐすい紀行2】

         

    伝統野菜と聞いて、真っ先に思い浮かぶのは京都の「京野菜」ではないでしょうか。千枚漬けに使われ…

  15.  

    えっポリ袋で簡単にパンがつくれる!? 話題の「ポリパン」講座に参加してみた

         

    こねたり発酵させたり、手間がかかる――自家製の天然酵母パンづくりと聞くと、ちょっとハードルが…

  16.  

    江戸後期の料理書を再現!「江戸前」極上玉子かけご飯の作り方

         

    豊かさに憧れていた昭和20年代、卵は特別な日にしか味わえない贅沢品だった。溶いた卵に醤油を垂…

  17.  

    大阪・堂島『ほうば』の「バチコとはまぐり」のスープ

         

    今日ご紹介するのは、大阪は北区堂島浜にある韓国料理店『ほうば』さんです。韓国料理、とはいって…

  18.  

    うどんに混ぜる?砂糖を入れる?「納豆」の食べ方いろいろ

         

    納豆は日本人にとって、欠かすことのできない伝統食です。しかしながら、その好みや食べ方は地域に…

  19.  

    極太を超越した幅広さに驚き!埼玉の新名物「川幅うどん」

         

    「うどん県」という印象深いキャッチフレーズでおなじみなのは、「讃岐うどん」が有名な香川県。と…

  20.  

    美味すぎて目が醒める!富山・速星『お多福』の極上ホルモン【ひと皿の歳時記132】

         

    今回ご紹介したいのは、富山県の速星というところにある、『お多福』さんの極上ホルモンです。…

  21.  

    浅田真央ちゃんもハマった!? 愛知・豊田市の隠れ名物「五平餅」

         

    愛知県豊田市といえば、「トヨタ自動車」で知られる自動車産業の盛んな街。お隣の名古屋市といえば…

  22.  

    うどん県の香川に「うまい蕎麦」はあるのか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第38回】

         

    香川県といえば、「うどん県」を名乗るほど、うどんへの思い入れの強いところだ。私は蕎麦だけでな…

  23.  

    悦凱陣 純米無濾過生原酒KU16|柔らかな旨味と後口のよさ!つい杯を重ねてしまう香川の銘酒【今宵の一献 第2回】

         

    日本全国に大小1500の酒蔵があるといわれています。しかも、ひとつの酒蔵で醸(かも)す酒は種類がいく…

  24.  

    野菜なのに食感はアワビ!? 新潟『龍寿し』の「椎茸のコンフィ」

         

    【山本益博の「ひと皿の歳時記」~第131回】日本一の米どころとして知られる新潟県の南…

  25.  

    日本一美味しい土鍋ご飯を味わえる、新潟・南魚沼の山間にたたずむ隠れ宿

         

    【山本益博の「私のお気に入り」~第119回】  新潟・南魚沼の湯宿『里山十帖』 東京…

  26.  

    台湾の伝統料理を基礎に斬新なメニューを繰り広げる台北のビストロ『RAW』

         

    【私のお気に入り~第118回】   台北のビストロ『RAW』 【RAW】住所/台北市樂群…

  27.  

    小籠包で有名な『鼎泰豊』の台北本店で味わう「豚肉入りちまき」

         

    【ひと皿の歳時記~第130回】台北『鼎泰豊』の「豚肉入りちまき」…

  28.  

    旦 純米吟醸無濾過生原酒|新鮮な甘みと発泡感に舌が弾む!門出の季節にふさわしい搾りたて生原酒【今宵の一献 第1回】

         

    【今宵の一献】笹一酒造『旦  純米吟醸無濾過生原酒』日本全国に大小1500の酒蔵があるといわ…

  29.  

    大人気のパティスリー『イデミ スギノ』が支店を決してつくらない理由【山本益博の私のお気に入り】

         

    文・写真/山本益博【私のお気に入り~第117回】 東京・京橋のパティスリー『…

  30.  

    鶏や鴨より滋味深し!銀座『ロテスリーレカン』の看板メニュー「ホロホロ鳥のロースト」

         

    【ひと皿の歳時記~第129回】銀座『ロテスリーレカン』のホロホロ鳥のロースト銀座4丁目にあるフランス…

PAGE TOP