新着記事

常滑焼黒土九十九急須|99個の茶漉し穴で、香り高いお茶を抽出できる

常滑焼(愛知県)の急須で淹れたお茶はおいしい。1000℃を超える焼成温度で焼き上げ、釉薬をか…

理想のデート

7割以上の女性が理想のデート未経験|オトナ女子の理想のデートとは?

一昔前は流行していた合コンや街コン。しかし、最近では賢く効率的に相性が良い相手を探せる「結婚…

荀彧~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

荀彧(じゅんいく)~曹操をささえた悲劇の名参謀【中国歴史夜話 6】

文/砂原浩太朗(小説家)三国志の魅力は多々あるが、軍師や参謀といったブレーンたちの活…

画面ロックしないと起こる危険なこと【スマホ基本のき 第5回】

いまや生活必需品家電のひとつといっても過言ではない、スマートフォン(略してスマホ)。様々な機能が…

アルパカミニマフラー|ベビーアルパカの原毛を使用したマフラー。抜群の暖かさ

そろそろマフラーが恋しい季節になってきた。そこで今シーズンは、滑らかな感触で暖かいベビーアル…

いまや常識「単数形のthey」をさらに正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

いまや常識「単数形のthey」をより正しく理解しよう|米語辞典から学ぶ新しい英語(1)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編30】

文/晏生莉衣世界中から多くの人々が訪れるTOKYO2020の開催が近づいてきました。楽しく有意義…

全国のドライバー「2019年あおり運転実態調査」

制限速度で走る、車線変更をした…「あおり運転」をされた理不尽なきっかけ

近年、社会問題となっている「あおり運転」。被害に遭うことは避けたいところだが、運悪く巻き込まれる可能…

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

「モチベーション理論」を活用することで、作業の効率を上げる。よく言われることである。しかし、…

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

寝具は軽い方がいい──そんな常識を覆すブランケットである。中材にガラスビーズが使われて、ずっ…

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

報道では芸能人の離婚が派手に扱われたりしていますが、実際にも厚生労働省が実施している人口動態調査…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  美味についての記事一覧

  1.  

    知ればさらに味わい深くなる年越し蕎麦の起源とは?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第15回】

         

    町の雰囲気が気ぜわしくなり、また日本人がこぞって蕎麦を食べる、あの日が近付いている。今年もなんとか、年越し蕎麦を食べることができそうで、よかったなあと思う。一年の終わりに蕎麦を食べると、この年を大過なく過ごせたという安堵の気…

  2.  

    コクと風味が絶品! 「液体の宝石」と称されるスペイン・カネナ社の稀少な早摘みオリーブオイル

         

     ヌーボーといえばワインのボジョレー・ヌーボー(フランスのボジョレーで収穫された葡萄を短…

  3.  

    東京・京橋の洋食店『サカキ』の絶品カキフライ

         

    【ひと皿の歳時記~第112回】東京・京橋の洋食店『サカキ』のカキフライディナーはフランス料理ですが、…

  4.  

    一杯の「かけ蕎麦」で店主の技量がわかってしまうのはなぜか?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第27回】

         

    京都の蕎麦店を取材した時、「ぜひ、かけ蕎麦を味わってください。汁に力を入れましたので」と、主人にすす…

  5.  

    白身魚や豆腐料理に旨みを添える江戸時代の調味料「煎り酒」の作り方

         

    室町時代に考案され、江戸時代中期までは定番だった調味料「煎(い)り酒」は、魚や豆腐料理な…

  6.  

    京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し

         

    【ひと皿の歳時記~第111回】京都『下鴨茶寮』のかぶら蒸し京料理の冬の名物と言えば、一番に指を折るの…

  7.  

    サライ2016年1月号|特集は「冬蕎麦」「体にいい油」「犬猫との暮らし方」とじ込み付録「美術展スケジュール」です。

         

     じつは冬は蕎麦が旨くなる季節であることをご存じですか? 秋に収穫が始まる新蕎麦の実は、…

  8.  

    残ったおかずも無駄なく使える「ホットサンド」人気が再燃中です

         

    豚のしょうが焼きや麻婆豆腐など、おかずの余り物を挟んで焼いても美味。「ホットサンド」は、…

  9.  

    東京・根津「釜竹」の釜揚げうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第110回】東京・根津「釜竹」の釜揚げうどんいまから20年ほど前、大阪の羽曳野市に…

  10.  

    最近話題の麺料理「カオソーイ」を本場タイの老舗で食べてみました

         

     日本でも最近、よく知られるようになってきたタイ料理のひとつ「カオソーイ」。この料理を簡単にいうと、…

  11.  

    香川県高松『さか枝』のうどん

         

    【ひと皿の歳時記~第109回】香川県高松『さか枝』のうどん『さか枝』(さかえだ)は、セルフサービスの…

  12.  

    東京・銀座の「茨城マルシェ」で、茨城名物のあんこう鍋と「シャモゲタン」の試食会が開催

         

    全国各地で「ご当地キャラクター」というのが人気ですよね。有名なところでは、千葉県船橋市の非公認キャラ…

  13.  

    郷土蕎麦を味わう~新潟県魚沼地方の「へぎ蕎麦」【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第26回】

         

    滑らかな食感が特徴の『越後へぎそば処 粋や』のへぎ蕎麦。蕎麦というものは、面白い食べ物で…

  14.  

    フランス南西部ラングドック地方の「ラ・クラープ」の美味しいワイン

         

    今年も恒例のボジョレー・ヌーヴォ解禁となりました。が、先日のパリでのテロを受けて、今回はカウントダウ…

  15.  

    東京・西麻布『香宮』の上海蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第108回】東京・西麻布『香宮』の上海蟹上海蟹の紹興酒漬け(酔っ払い蟹)。上海蟹の…

  16.  

    東京・日本橋『たいめいけん』のラーメン

         

    【ひと皿の歳時記~第107回】東京・日本橋『たいめいけん』のラーメンラーメンの恋しい季節となりました…

  17.  

    名古屋に上海蟹の名店あり! 独自の工夫を凝らした料理の数々を楽しめます

         

    蟹好きにはたまらない季節がやってきました。中国の上海蟹(イワガニ科の蟹の一種)も、シーズン最盛期を迎…

  18.  

    エッフェル塔の完成記念公式ディナーで振る舞われたコニャックの「クルボアジェ」に新作登場

         

    有名なパリのエッフェル塔。凱旋門と同様に、パリの象徴的存在です。 1889年にフランス革命100年を…

  19.  

    横浜『はま田』の「こはだ 」の握り

         

    【ひと皿の歳時記~第106回】横浜『はま田』の「こはだ」の握り 横浜で真っ当な「江戸前」の握りずしが…

  20.  

    老舗や名店の美味が楽しめる日本橋髙島屋の「第36回 グルメのための味百選」

         

    全国津々浦々から「食の逸品」が集まる祭典「第36回 グルメのための味百選」が、11月10日(火)まで…

  21.  

    第25回:140年以上続く京都の老舗『松葉』で味わう“美味の福袋”がどんと乗った話題の「たわらそば」

         

    京都『松葉』の人気メニュー「たわらそば」。大きな「おあげ」の中身は……。蕎麦は、いろいろ…

  22.  

    東京・西麻布『マルゴット・エ・バッチャーレ』の白トリュフディナー

         

    【ひと皿の歳時記~第105回】東京・西麻布『マルゴット・エ・バッチャーレ』の白トリュフディナースライ…

  23.  

    東京・日本橋で牛鍋(ぎゅうなべ)と稀少な銘酒の数々を楽しみながら、文明開化に思いを馳せてみませんか?

         

    この季節になると恋しくなるのが鍋料理。自宅で楽しむのも良いですが、今年はちょっと気分を変えて、都会の…

  24.  

    福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜

         

    【ひと皿の歳時記~第104回】福島県いわき市の名店『Hagi』で味わう”地産地活”の野菜オーナーシェ…

  25.  

    美味の宝庫・岩手県の食と工芸に触れら れるイベントが東京「松屋銀座」で開催 中です

         

    「今、岩手県は食材の宝庫として注目されています」と語るのは、サライ本誌でもお馴染みの日本料理の名店「…

  26.  

    欧州ラトビア共和国の美味なる料理を、グランド・ハイアット東京と伊勢丹新宿店で味わってみませんか?

         

    フィンランドとポーランドに挟まれた地域、バルト三国。その中心に位置するラトビア共和国の首都リガから、…

  27.  

    イタリア・モデナ『オステリア・フランチャスカーナ』の「ニューヨークの秋」

         

    【ひと皿の歳時記~第103回】イタリア・モデナ『オステリア・フランチャスカーナ』の「ニューヨークの秋…

  28.  

    新蕎麦が出回るこの時期に、あえて「ひね蕎麦」を求める理由は?【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第24回】

         

    長野・松本市の名店『そばカフェ ぐりんでる』の「ひね蕎麦」。新蕎麦が…

  29.  

    ベルギー・ブルージュの名店『ヘルトン・ヤン』の「collection tomates 2015」

         

    【ひと皿の歳時記~第102回】ベルギー・ブルージュの名店『ヘルトン・ヤン』の「collection …

  30.  

    エスニックや中華料理と好相性なオーストラリア最古の家族経営ワイナリー『ヤルンバ』の芳醇なワインが発売開始

         

    オーストラリア最古の家族経営ワイナリー、『ヤルンバ』のワインが、この10月6日から日本でも発売される…

PAGE TOP