Search results for - 佐竹敦

  1. 神の足跡|神の存在を実感?できる不思議スポット【にっぽん穴場紀行】

    文・写真/佐竹敦昔から姿かたちが見えず「本当にいるのか? いないのか?」よくわからないのが神様ですが、福井県の越前海岸に神様の実在を裏付けるその「動かぬ証拠」である、その名も『神の足跡』というスポットがあります。…

  2. 溝ノ口岩穴|天孫降臨の高千穂につながる!?神秘的な穴【にっぽん穴場紀行】

    文・写真/佐竹敦にっぽん穴場紀行、今回は文字通り「穴」場をご紹介しましょう。鹿児島県…

  3. 下栗の里|南信州の山中にある「天空の里」の絶景【にっぽん穴場紀行】

    文・写真/佐竹敦南信州(長野県南部)の遠山郷というところに、“日本のチロル”と呼ばれている集…

  4. モネの池|あの名画の世界にしか見えない幻想的な池【にっぽん穴場紀行】

    文・写真/佐竹敦岐阜県関市板取にある名もなき池が、幻想的な美しさで「とてもこの世のものとは思…

  5. 男鹿大滝|滝が穴を通って落ちてくる摩訶不思議な滝【にっぽん穴場紀行】

    文・写真/佐竹敦秋田県の男鹿半島は、奇祭として有名な『なまはげ祭り』をはじめとして、「寒風山…

  6. 真山の万体仏|1万体以上の木彫りの仏像に圧倒される【にっぽん穴場紀行】

  7. 韓竈神社|幅45cmの岩穴を潜り抜けて参拝する不思議な神社【にっぽん穴場紀行】

  8. 屋根を石で葺いた世にも珍しい『石屋根倉庫群』を訪ねた【にっぽん穴場紀行】

  9. 丸山千枚田|千枚以上の田んぼを一望できる圧倒的な絶景【にっぽん穴場紀行】

  10. おしらじの滝|息を飲む美しさ!神秘的な青き滝壺を訪ねる【にっぽん穴場紀行】

  11. もうひとつの投入堂!大分県の『龍岩寺奥院礼堂』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

  12. もう一つの五稜郭!長野県の『龍岡城五稜郭』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

  13. ご神木に無数の鎌が!恐ろしげな「鎌八幡宮」を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

  14. 滝と列車の夢のコラボが見られる『龍門の滝』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

  15. わが国唯一!”四方懸造”の『笠森観音』観音堂を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

  16. 田浦駅|トンネルに飲み込まれる不思議な駅(神奈川県)【にっぽん穴場紀行】

  17. 狩浜の段々畑|見渡す限りの段々畑の大パノラマ(愛媛県)【にっぽん穴場紀行】

  18. “人”という字に見える癒やしの大滝『神洞滝』を訪ねてみた(静岡県)【にっぽん穴場紀行】

  19. 幻の大滝「梅花皮大滝」が秘瀑中の秘瀑である理由【にっぽん穴場紀行14】

  20. 上野三碑|謎に満ちた日本最古級の石碑を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行13】

  21. そっくり!岐阜のマチュピチュ『天空の茶畑』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行12】

  22. 日本昔話の世界そのもの!京都・美山の「かやぶきの里」を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行11】

  23. 白糸の滝|鳥海山に幻の巨大な滝を訪ねた【にっぽん穴場紀行10】

  24. 勝元、宗全、義政!京都で『応仁の乱』主要人物の墓を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行9】

  25. たどり着けない神秘の湖!男鹿半島の『三ノ目潟』に行ってみたらスゴかった【にっぽん穴場紀行8】

  26. 今に残る桃源郷!平家落人伝説に満ちた秘境・祖谷の「落合集落」を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行7】

  27. スケスケ!日本で唯一「塔の骨組み」が見られる日石寺の三重塔(富山県)【にっぽん穴場紀行6】

  28. 埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行5】

  29. スケール感が半端ない!沖縄・琉球王国が残した巨大墓2つ

  30. 知られざる日光最高の聖地!神秘の島「上野島」を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行4】

新着記事

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

拾った猫の扱いや地域猫活動は法律的にどうなのか?|『ねこの法律とお金』

拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』

文/鈴木拓也いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、…

ものぐさでもOK!後ろからでも前からでも履ける画期的スリッパ

ベランダにスリッパで出ようとして、いざ履こうとすると前後が逆になっている……というのはよくあ…

死絵展・八代目市川団十郎安政元年(1854)頃①

有名人の訃報を知らせる錦絵|もっとも多く死絵の題材となったのは八代目市川団十郎【企画展「死絵 ~明るく笑ってさようなら~」】

取材・文/池田充枝死絵(しにえ)とは、江戸時代後期に盛んになった浮世絵の一分野で、人気の歌舞…

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

【家族のかたち】姉が離婚後に独身を貫く理由。子供の頃の記憶は大人になっても忘れることはない~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。前後で家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

【家族のかたち】異父姉弟の事実を知ったのは小学生の頃。家族の仲に変化はないように見えていた~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

アメリカ訪問時の一葉(前列左からふたり目が小栗上野介・東善寺蔵)

明治政府が最も恐れた男・小栗上野介が罪なくして抹殺された理由【検証 「徳川近代」 原田伊織氏インタビュー 3】

幕末の日本でいち早く近代化を推進した小栗上野介忠順は、「徳川近代」を象徴する幕臣である。その小栗が維…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

PAGE TOP