新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

もうひとつの投入堂!大分県の『龍岩寺奥院礼堂』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

投入堂(なげいれどう)といえば、鳥取県三朝町にあり国宝にも指定されている「三徳山三仏寺の投入堂」が有名ですが、実は大分県にも、日本三大投入堂の一つと言われているものがあります。

それが宇佐市院内町にある『龍岩寺の奥院礼堂』です。

この龍岩寺にある奥院礼堂は、大分県内では唯一の鎌倉時代の木造建築で、昭和の修理の際に弘安9(1286)年の年記が発見されて鎌倉時代に建てられたことが確認されました。

建築年代がはっきりしている木造建造物では九州最古級で、国の重要文化財にも指定されています。

この奥院礼堂は、本堂から250mほど登った先の洞窟の中にあります。急な岩場に柱を立て、その上に建てられている懸造りのお堂です。

礼堂の下に回り込んでみると、本当にスゴいところに建てられていることがわかります。

礼堂の前に懸けられているはしご状の「きざはし」(市指定有形文化財)は、原始的作法の階段で、全国でも伊勢神宮とここだけにしかない大変珍しい遺構です。往時は参詣道として利用されていたものであるとのことです。

ただ、とてもじゃないですが、怖くてこんなところ登って行くなんて無理です。

でもご心配には及びません。現在ではきざはしは昇らずに、右手の崖を回りこんで礼堂に参詣するようになっています。

それでは奥院礼堂を実際に訪ねてみましょう!

何と龍岩寺では、三徳山三仏寺の投入堂と違って、実際に礼堂内の中に入って参拝することができます。

礼堂内には開祖行基が一夜にして彫ったと伝えられる像高約3mの薬師如来坐像、阿弥陀如来坐像、不動明王坐像が安置されています。この三尊仏はいずれも一本のクスの木から使られた一木造りで、いずれも平安時代後期の作とみられていて、国の重要文化財に指定されています。

また、礼堂の前に掛けられているきざはしは、この三尊仏を刻んだ残りの丸太を削って造られたものと伝えられています。

 

礼堂内で三尊仏と相対していると心が洗われるような気がします。

以上、今回はもうひとつの投入堂こと大分県の『龍岩寺奥院礼堂』をご紹介しました。

この龍岩寺の奥院礼堂は、山奥の辺鄙なところにあるせいかほとんど人が訪ねてこないところですが、お堂だけでなく見どころが満載です。皆さんも一度訪ねてみてはいかがでしょうか?


文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  2. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  3. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  4. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  5. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
PAGE TOP