新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

狩浜の段々畑|見渡す限りの段々畑の大パノラマ(愛媛県)【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

愛媛県の宇和海沿岸はリアス式海岸と段々畑が有名で、山の斜面を埋め尽くすように段々畑が作られている景観を至るところで目にすることができますが、その中でも特に景観が優れているのが、四国西予ジオパークの見所の一つである西予市明浜町の『狩浜地区の段々畑』です。

狩江地区の後背地の山の斜面に階段状の田んぼが作られていて、主に柑橘類が栽培されています。段々畑の中には車が通れる道が整備されているので、その農道を利用して段々畑の中をぐるぐると散策することができます。

集落の後背地の山の斜面すべてを埋め尽くすように階段状に田んぼが作られていて、まるで「山そのもの」が段々畑となっているかのような光景です。

前を見ても、後ろを振り返って見ても、辺り一面すべてがもうどこを見ても段々畑という景観が広がっています。

ふと、この段々畑は何段あるのだろうか?と思い、数えてみることを試みてみましたが、とてもじゃないですが数え切れるものではありませんでした。

ゆうに100段はありそうです。数えることですら気が遠くなりそうなこの段々畑を作るのに一体どれだけの年月と労力を要したのでしょうか?想像も付きません。

この段々畑の中を車で登って行いった一番奥の高いところからは、海を背景に段々畑を見下ろすことができます。宇和海のリアス式海岸をバックに見下ろす雄大な景観は、まさに圧巻の絶景です。

動画でもご覧ください。

現在でも圧巻の景観ですが、ここ狩浜地区では往時はこの倍くらいの田んぼや石垣があったそうです。しかしながら年々徐々に減ってきてしまっているそうで、私がお話をお伺いした方も後継者がいないので、自分が死んだらウチの田んぼも終わりだとさびしそうに話をしていました。

この素晴らしい景観がこれからも長く残ってほしいと、強く願わずにはいられませんでした。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP