新着記事

ピエール・ブーレーズ・ザール ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 【ビジネスの極意】「働き方改革」では解決できない「人手不足」問題 木工房のデスクペン|木のぬくもりにあふれた手作りの卓上ペン お葬式をどう考えるか|『和尚が教える 極上のお葬式』 「葬式不要論」「直葬」、お葬式をどう考えるか?|『和尚が教える 極上のお葬式』 行ってみたい! 東京のホテルのアフタヌーンティー 自分へのご褒美! 東京で人気の「ホテルのアフタヌーンティー」4選 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係 インパクトの瞬間に噛むことでパワーが最大に!|格闘技と顎の関係

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

白糸の滝|鳥海山に幻の巨大な滝を訪ねた【にっぽん穴場紀行10】

文・写真/佐竹敦

鳥海山は日本海に面した山形県と秋田県の県境にそびえる、出羽富士とも呼ばれている名峰です。そんな鳥海山に、雪解けの時期限定で出現する「白糸の滝」という落差100mの幻の滝があるというので、見に行ってきました。

この白糸の滝は、標高1200mを超えるところにある「鉾立展望台」から遠望することができます。

標高1200mを超えるところまで登山をするなんて無理!と思いますよね。ところが鳥海山には「鳥海ブルーライン」という山岳観光道路があり、鳥海山の登山口にもなっている標高1150mの鉾立駐車場まで、車で登って行くことができるのです。

そこから鉾立展望台までは約400mほどの舗装路となっていますので、とくに健脚自慢の方でなくても、ゆっくりと歩いて行けば問題なくたどり着くことができます。

途中、登山道を振り返れば眼下には日本海が見えるなどとても美しい景観が広がっています。

そしてこれが、鉾立展望台からの眺望です!

この鳥海山を望む雄大な景観が見られるだけでも行く価値ありと思わせる、大満足の絶景です。

さて、実はこの景観の中に、雪解けの時期限定の落差100mの「幻の滝」が出現しているのですが、一体どこにあるのかわかりますか?

少しアップで見てみましょう!

 

画面の中央に、滝が出現しているのがお分かりになりますでしょうか。

ではもっと、滝にズームインしてみましょう!

見えましたね! これが幻の「白糸の滝」です。いやはや、落差100mというのはダテじゃない大きさですね。

ぜひ動画でもご覧ください。

私が訪ねた時には、白糸の滝の左側にも、同じくらいの落差の滝がもう一本出現していました。合わせて、圧巻の景観を目にすることができました。

鳥海山は日本百名山にも選ばれている名峰ですが、鳥海ブルーラインにより眼下に日本海の絶景を望みながら五合目まで車で登って行くことができます。またそこから鳥海山の大パノラマを目にすることができる鉾立展望台へも約10分と、意外なほど気軽に訪ねることができます。

この白糸の滝を見られるのはちょうど今の時期だけで、後は来年の雪解け時期まで見られなくなります。雄大な絶景の眺望を目当てに、鳥海山を訪ねてみてはいかがでしょうか?

【鉾立展望台】
にかほ市象潟町小滝
アクセス:JR象潟駅より車で50分
http://www.akitafan.com/archive/tourism/913

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP