新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

そっくり!岐阜のマチュピチュ『天空の茶畑』を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行12】

文・写真/佐竹敦

岐阜県揖斐川町に、あの世界遺産にも指定されているペルーの「マチュピチュ遺跡」を彷彿とさせる、“岐阜のマチュピチュ”があると聞いて、訪ねてみました。

“岐阜のマチュピチュ”と言われるのは、斐川町春日六合の上ヶ流(かみがれ)地区にある『天空の茶畑』というスポットです。県道32号線から、細く勾配の急な曲がりくねった山道を約3キロほど上ったところにあります。

途中、本当にこの先に何かあるのだろうか? と心細く不安になりながら走ること約10分。一気に展望が開けて、辺り一面に茶畑が広がっている絶景が目に飛び込んできました。

まさに人里から遠く離れ、隔絶された隠れ里、天空の里といった趣がある地でした。

この「天空の茶畑」を見下ろす絶景ポイントへは、駐車場に車を停めてから「天空の遊歩道」と名付けられた山道を約20分登ります。

そして展望スポットに到着!

岐阜のマチュピチュと呼ばれている理由がよくわかりますね!

この「岐阜のマチュピチュ」こと『天空の茶畑』は、2016年の3月に誕生した新しいスポットです。

もともと周辺は茶の栽培が盛んなエリアで、見渡す限りの茶畑自体は以前からあったものですが、地元の方々が町おこしのボランティアを募り、約1年がかりで遊歩道を整備し、全景が俯瞰できる絶景ポイントを開放したのです。

動画でも見てみましょう!

現在では週末や休日になると大勢の方が訪ねてくるようになったそうです。

現地では集落の方がボランティアで駐車場への誘導や、絶景ポイントまでの道案内などをしてくれていました。何かあるといけないので、最後の一人が山を降りてくるまで見守って下さっているそうです。

そして周辺の看板、トイレ、木の枝で作った杖なども、何から何まで地元の方々のボランティア・手作りで維持管理されているものだとか。地元の方々のご厚意に感謝です。

さあ、日本でマチュピチュにいるかのような秘境気分が味わえる“天空の茶畑”へ、一度訪ねてみてはいかがでしょうか?

【参考リンク】
「岐阜のマチュピチュ 天空の茶畑」へ行こう!- 岐阜県池田町役場

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP