新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

真山の万体仏|1万体以上の木彫りの仏像に圧倒される【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

秋田県の男鹿半島は、奇祭として有名な『なまはげ祭り』をはじめとして、寒風山や入道崎などといった景勝地も枚挙に暇がないほどあり、全国的に名高い一大観光地です。

そんな男鹿半島に、滅多に人が立ち寄らない『真山の万体仏』と呼ばれている穴場スポットがあります。

一見すると単なる小さなお堂で、特別なことはないような気がしますが……。

ところがお堂の中に入ってビックリ仰天! お堂の中を埋め尽くすように、木彫りの仏像が整然と並んで安置されています。

この万体仏は、三間四面の堂舎の入口と床下を除く四方の壁・屋根裏に、蟻の這い出る隙もないほどにビッシリと整然と安置されてます。すべて杉の木彫りの地蔵菩薩で、その数は約1万3000体と言われています。

薄暗いお堂の中を埋め尽くすように、1万体を越える木彫りの地蔵菩薩がビッシリと並んでいる様子は、ひと言でいえば異様であり、堂内は見るものを威圧する圧倒的な緊張感・緊迫感が漂っています。

ただただ圧倒されます。

地蔵菩薩の中には、赤い帽子を被ってるものもあります。

天井も地蔵菩薩でビッシリと埋め尽くされています。

よく見ると、首のない地蔵菩薩もあります。

真っ白く、首がない地蔵菩薩には、何か意味があるのでしょうか?

右を見ても左を見てもどこを見ても、木彫りの仏像で埋め尽くされています。

言葉が出てきません。

これは一体、誰が何のために作ったのでしょうか? 菅江真澄(1754~1829)の『男鹿の春風』によると、この万体仏は正徳4(1714)年に僧・普明が不幸な死を遂げた愛弟子の菩提を弔うとともに、幼くしてこの世を去った子どもたちの供養のために刻んだ木端仏(こばぼとけ)との伝承が紹介されているそうですが、詳細は定かではないとのことです。

結局のところ、詳しいことはよくわかってないようです。動画でもご覧下さい。

男鹿半島といえば、天下の奇祭・なまはげ祭りが有名で、その他にも「寒風山」や「入道崎」といった魅力的な観光スポットが目白押しですが、ぜひ皆さんも男鹿半島に行かれた際には、見るものを圧倒する『真山の万体仏』も併せて訪ねてみてください。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。Webサイト「日本秘境探訪」(http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP