新着記事

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

ジェンダー ニュートラルで進化する英文法(後編)【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編8】

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

好きな40代女優ランキング|3位 は木村佳乃 、2位は内田有紀 、1位は?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

【ビジネスの極意】「ガバナンス」と「コンプライアンス」の違い、わかりますか?

東京歯科大学口腔健康科学講座スポーツ歯学研究室 武田友孝教授(左)。右は筆者。

【キーパーソンに聞く|東京歯科大学 武田友孝教授】「正しく噛むことが怪我予防につながる」

傷だらけの天使

さえない場面でも、ブザマな状況でも全部カッコよかったショーケン『傷だらけの天使』【面白すぎる日本映画 第29回・特別編】

サライ読者に聞いた「最近始めた趣味/やめた趣味」ランキング

サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。

スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

史上初のゴールデンウィーク10連休! どこに行く? 今から行ける旅先は?

ゴールデンウィーク10連休、旅行の予定ありますか?| 海外旅行先、人気ナンバー1はやっぱり「ハワイ」!

災害時、愛猫さんをどう守る?|猫を飼うなら知っておくべき事前の準備と訓練

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

スケスケ!日本で唯一「塔の骨組み」が見られる日石寺の三重塔(富山県)【にっぽん穴場紀行6】

文・写真/佐竹敦

五重塔、三重塔といえば、窓や扉が付いているとしても、その窓や扉は固く閉ざされていて中を伺い知ることはできません。しかし実は富山県に、内部構造が筒抜けになって見ることができるという、世にも珍しい摩訶不思議な三重塔があるのです。

それがこの、日石寺(にっせきじ)の三重塔です。

ご覧のとおり、仏塔の中心に建てられている心柱もはっきりと見ることができます。

この日石寺の三重塔は、資金難で完成できなかったとも、製作途中で未完のままともいわれていますが、いずれにしても本来あってしかるべきの壁がまったくないため、スケルトン状態となっていて、内部構造が丸見えの状態となっています。

全国広しといえども、内部構造が丸見えとなっている仏塔は日本で唯一、この日石寺の三重塔のみです。



さらに背後の山に回り込むことで、塔の二層目の高さから見ることもできます。このアングルはとても稀少な角度で、この位置からだと中の様子がさらにはっきりと見えます。

ちなみにこの塔はお寺の境内の外れにあり、参拝するためには長い長い石段を登って行く必要があるためか、日石寺を訪ねた方でも残念ながら知らずに立ち寄らずに帰ってしまう方も少なくないようです。

日本全国でも、このように仏塔の骨組みが丸見えになってる塔はこの日石寺の三重塔ただ一つです。機会があれば、一度訪ねてみてはいかがでしょうか。

【日石寺三重塔】
所在地/富山県中新川郡上市町大岩153
アクセス/富山地方鉄道「上市」駅から大岩山日石寺まで町営バスで30分
http://ooiwasan.com/home.html

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP