新着記事

シアサッカー・サマートラベルジャケット|汗をかいてもべとつかない爽やかな夏の上着

旅に持って出たい、爽やかな着心地のサマージャケットである。凹凸になった「シアサッカー」生地で…

“戦国一の傾奇者”前田慶次、謎多き快男児の正体とは【にっぽん歴史夜話4】

文/砂原浩太朗(小説家)前田慶次(まえだ・けいじ)――加賀百万石の藩祖・前田利家の甥にして、…

『終わった人』中途半端なプライドが生んだ醜すぎる定年男の物語【印南敦史の定年本イッキ読み20】

文/印南敦史2015年に発表された内館牧子のベストセラー『終わった人』は、定年を迎え…

知られざる漂泊の画家・長谷川利行が描いた「七色の東京」を見る

取材・文/池田充枝戦前の日本を破天荒に生きた画家、長谷川利行(はせかわ・としゆき1891-1…

デニムの風呂敷|リアルなジーンズ柄の愉快な風呂敷

昭和15年創業、日本で初めてジーンズを作ったのが「ビッグジョン」だ。メーカーロゴに親しみを覚…

【朝めし自慢】山口香代子さん(画家)「料理好きな夫が調える白粥が主食の献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆本格的に絵を描き始めたのは5年前。にもかかわらず、わずか2年…

天空の列車「アンデス中央鉄道」で南米大陸の屋根を行く(ペルー)

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)世界文化遺産の街リマ旧市街と、ペルー有数の穀…

【名門校の青春食堂 第5回】駒場東邦中学校高等学校×三島のたこ焼き(東京・駒場)

文/鈴木隆祐食べ応えある『三島』の関東風たこ焼きには生徒への想いが込められていた…

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の…

有田焼の布のような器|布のような質感を湛えた軽くて丈夫な磁器の酒器

布を押し固めたような質感を見せるが、1300℃の高温でしっかりと焼き締められた磁器である。手…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行5】

文・写真/佐竹敦

世界遺産の合掌造りの集落で有名な岐阜県の白川郷に、「帰雲城(かえりくもじょう)」というお城があったことは、あまり知られていないでしょう。実はこの城、大地震により山が大崩落して一夜にして大量の財宝と共に埋没し跡形もなく消滅してしまったという、まさに日本のポンペイ(ヴェスヴィオ火山の大噴火による火砕流によって地中に埋もれた古代都市)ともいうべき運命をたどった悲劇の城なのです。

現在どうなっているのか、実際に現地を訪ねてみました。

白川郷といえば世界遺産の合掌造りの集落で有名な集落。帰雲城はそんなあのあまりにも有名な白川郷にあったとされるお城です。

かつて帰雲城があったとされる場所は、白川郷から南に5キロくらいのところにあります。

帰雲城趾の石碑は国道156号線からすぐのところに建てられています。

帰雲城趾の石碑がある後ろの山が帰雲山(かえりくもやま)です。その名の由来は「流れる雲は常にこの山頂に至りもと来た空に帰る」ためだといわれています。何とも得もいわれぬ幻想的な雰囲気とロマンを感じさせる山です。

天正13(1585)年旧11月29日の深夜、東海・北陸・近畿に及ぶ広範な地域を襲った巨大大地震により、帰雲城趾の石碑の後ろに写っている帰雲山が大崩落しました。それに巻き込まれる形で麓にあった帰雲城は埋没してしまい、影も形もなくなってしまったと言われています。

帰雲山の大崩落箇所。完全に山肌がえぐられています。いかにスゴい大崩落だったのかがよくわかります。

この大地震により、帰雲城とその城下町は一夜にして埋没・消滅し、時の城主・内ヶ島氏理を含む数百人が一瞬にして生き埋めになったとされています。

実は現在でも帰雲城がどこにあったのかは正確にはわかっていません。白川郷を流れる庄川の右岸にあったのか、左岸にあったのかさえもわかっていません。

帰雲城趾の石碑は、地勢・堆積土砂等から推定・推測した場所に建てられているものです。

今となっては、帰雲城主であった内ヶ島氏の出自・系譜なども諸説あり、正確なことがわかっていません。埋没前の帰雲城の所在地も正確な位置も判明してないこともあわせ、現在でも「幻の帰雲城」と言われています。

残っているものは何もありませんが、内ヶ島氏の領内には金山があったことから、帰雲城には大量の金銀財宝も一緒に埋まっているという埋蔵金伝説が、現在まで語り継がれています。

世界遺産・白川郷を訪ねる機会があれば、謎とロマンに満ちた帰雲城跡にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。まだ発掘されていない幻の帰雲城の遺構と埋蔵金を発見することができたら、億万長者になれるかも知れませんよ!

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  2. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  3. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
  4. 大分・耶馬溪探勝の基点「中津」の料亭と見どころ【天下の奇勝・耶馬…
  5. 大分・耶馬溪周辺の神秘スポットを巡る【天下の奇勝・耶馬溪を遊覧す…
PAGE TOP