新着記事

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

埋蔵金伝説も!一夜にして埋没した幻の城「帰雲城」跡を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行5】

文・写真/佐竹敦

世界遺産の合掌造りの集落で有名な岐阜県の白川郷に、「帰雲城(かえりくもじょう)」というお城があったことは、あまり知られていないでしょう。実はこの城、大地震により山が大崩落して一夜にして大量の財宝と共に埋没し跡形もなく消滅してしまったという、まさに日本のポンペイ(ヴェスヴィオ火山の大噴火による火砕流によって地中に埋もれた古代都市)ともいうべき運命をたどった悲劇の城なのです。

現在どうなっているのか、実際に現地を訪ねてみました。

白川郷といえば世界遺産の合掌造りの集落で有名な集落。帰雲城はそんなあのあまりにも有名な白川郷にあったとされるお城です。

かつて帰雲城があったとされる場所は、白川郷から南に5キロくらいのところにあります。

帰雲城趾の石碑は国道156号線からすぐのところに建てられています。

帰雲城趾の石碑がある後ろの山が帰雲山(かえりくもやま)です。その名の由来は「流れる雲は常にこの山頂に至りもと来た空に帰る」ためだといわれています。何とも得もいわれぬ幻想的な雰囲気とロマンを感じさせる山です。

天正13(1585)年旧11月29日の深夜、東海・北陸・近畿に及ぶ広範な地域を襲った巨大大地震により、帰雲城趾の石碑の後ろに写っている帰雲山が大崩落しました。それに巻き込まれる形で麓にあった帰雲城は埋没してしまい、影も形もなくなってしまったと言われています。

帰雲山の大崩落箇所。完全に山肌がえぐられています。いかにスゴい大崩落だったのかがよくわかります。

この大地震により、帰雲城とその城下町は一夜にして埋没・消滅し、時の城主・内ヶ島氏理を含む数百人が一瞬にして生き埋めになったとされています。

実は現在でも帰雲城がどこにあったのかは正確にはわかっていません。白川郷を流れる庄川の右岸にあったのか、左岸にあったのかさえもわかっていません。

帰雲城趾の石碑は、地勢・堆積土砂等から推定・推測した場所に建てられているものです。

今となっては、帰雲城主であった内ヶ島氏の出自・系譜なども諸説あり、正確なことがわかっていません。埋没前の帰雲城の所在地も正確な位置も判明してないこともあわせ、現在でも「幻の帰雲城」と言われています。

残っているものは何もありませんが、内ヶ島氏の領内には金山があったことから、帰雲城には大量の金銀財宝も一緒に埋まっているという埋蔵金伝説が、現在まで語り継がれています。

世界遺産・白川郷を訪ねる機会があれば、謎とロマンに満ちた帰雲城跡にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。まだ発掘されていない幻の帰雲城の遺構と埋蔵金を発見することができたら、億万長者になれるかも知れませんよ!

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP