新着記事

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒

取材・文/関屋淳子富山県東部、富山湾に面する魚津市(うおづし)は古来、魚の産地としてその…

新発見の史料で判明!初代江戸城は「日本最強の要塞」だった

新発見の『江戸始図(えどはじめず)』から、徳川家康が築城した初代江戸城の実像が浮かび上がった。それは…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

たどり着けない神秘の湖!男鹿半島の『三ノ目潟』に行ってみたらスゴかった【にっぽん穴場紀行8】

文・写真/佐竹敦

秋田県の男鹿半島は、奇祭として有名な『なまはげ祭り』をはじめとして、寒風山や入道崎などといった景勝地も枚挙に暇がないほどあり、全国的に名高い一大観光地です。

この男鹿半島には「マール」と呼ばれる、噴火後に地下水が火口を満たして形成された湖が3つあります。一ノ目潟、二ノ目潟、そして三ノ目潟です。

このうち、一ノ目潟と二ノ目潟については、高松宮殿下が命名されたという「八望台」という展望台から見ることができます。

「八望台」から見た一ノ目潟

「八望台」から見た二ノ目潟

ところが三ノ目潟については、この八望台から見ることができないばかりか、実はどこからもその姿を見ることができないのです。

道路地図などを見ても、三ノ目潟へと続く道は出ていません。実際に三ノ目潟湖畔についての情報は、皆無に等しいのです。

航空写真などでは三ノ目潟の姿を確認することができるので、存在していることは確かなのですが、なぜ地上のどこからも見えないのでしょうか?

実は江戸時代の紀行家である菅江真澄は、この三ノ目潟を訪ねたという記録を残しています。江戸時代の人が訪ねているというのに、現代人である我々が三ノ目潟に行くことができないというのは、なんともおかしな話です。

ということで、GPSと地形図を頼りに三ノ目潟の湖畔まで行ってみることにしました。

……のですが、やはり結局のところ湖畔へと降りていく道は存在していなかったため、道なき道を薮こぎに次ぐ薮こぎを強いられながらも、何とか三ノ目潟の湖畔へと降り立つことができました。

それでは男鹿半島のマール群の中で「最も透明度が高く」「最も美しい湖」とされる三ノ目潟の写真をとくとご覧下さい!

湖の中にある倒木がキレイに見ることができる透明度ですね!


湖面も実に美しいです!

日本にも「まだこんなところが残ってたのか!」と心から感動しました。

本邦初公開!? 三ノ目潟の動画もご覧ください。

この三ノ目潟は、男鹿半島のマール群の中で「最も透明度が高く」「最も美しい」とされている湖です。湖畔へと至る道はありませんので、湖畔に降り立つのは困難を極めますが、ひとたび湖畔に降り立てば、他に誰もいない静寂に包まれた神秘的で幻想的な空間と、眼前に広がるエメラルドグリーンの美しい湖を、心行くまで堪能することができます。

日本に残る正真正銘の秘境、三ノ目潟。健脚自慢の方であれば、しっかりと装備を調えたうえで、道なき道を歩いて目指してみてはいかがでしょうか。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  2. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  3. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  4. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  5. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
PAGE TOP