新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

モネの池|あの名画の世界にしか見えない幻想的な池【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

岐阜県関市板取にある名もなき池が、幻想的な美しさで「とてもこの世のものとは思えない!」と話題になっているとの噂を聞き付け、早速訪ねてみました。

これが『モネの池』と呼ばれている名もなき池です。

印象派を代表する画家クロード・モネが描いた絵画の世界のようにしか見えませんが、これは絵画ではありません。現地の写真です。

この「モネの池」は、岐阜県関市板取にある根道神社の鳥居の横にある池で、本来は名もなき池でしたが、モネが描いた絵画『睡蓮』の世界を彷彿とさせることから、いつしか“モネの池”と呼ばれるようになったそうです。

この池は水源を不純物の少ない山からの湧水によっているため、池の水は常に青く透き通って、池の底まで見透せる美しさです。さらに池の中に生息している色鮮やかな鯉や水草が、この美しい池をより一層神秘的で幻想的な景観へと誘っています。

その息を飲むような景観は、この世のものとは思えない、まるで絵画の世界という表現がピッタリの情景であり、一見の価値があります。

最後に動画でもご覧下さい。

幻想的で神秘的な美しさを誇っているこの『モネの池』、皆さんも是非一度訪ねて、まるで絵画の世界のような情景をご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか?

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。Webサイト「日本秘境探訪」(http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
  2. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  3. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  4. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  5. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
PAGE TOP