新着記事

専門家と歩く江戸城特別ツアー、江戸時代の幻の菓子に参加者驚く!

家康が作った江戸城をCGで完全再現したサライ・ムック『サライの江戸 江戸城と大奥』の発売にあ…

ほとんどの日本人が知らない「老眼」最新治療トレーニング

文/鈴木拓也多くの人が40~50代にかけて老眼にかかる。そして、大半の人は「年だから…

シチリア料理の定番中の定番!本格「イワシのパスタ」の作り方

取材・文/わたなべあやイタリア南部、地中海に囲まれたシチリア島。オリーブオイルやワイ…

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

モネの池|あの名画の世界にしか見えない幻想的な池【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

岐阜県関市板取にある名もなき池が、幻想的な美しさで「とてもこの世のものとは思えない!」と話題になっているとの噂を聞き付け、早速訪ねてみました。

これが『モネの池』と呼ばれている名もなき池です。

印象派を代表する画家クロード・モネが描いた絵画の世界のようにしか見えませんが、これは絵画ではありません。現地の写真です。

この「モネの池」は、岐阜県関市板取にある根道神社の鳥居の横にある池で、本来は名もなき池でしたが、モネが描いた絵画『睡蓮』の世界を彷彿とさせることから、いつしか“モネの池”と呼ばれるようになったそうです。

この池は水源を不純物の少ない山からの湧水によっているため、池の水は常に青く透き通って、池の底まで見透せる美しさです。さらに池の中に生息している色鮮やかな鯉や水草が、この美しい池をより一層神秘的で幻想的な景観へと誘っています。

その息を飲むような景観は、この世のものとは思えない、まるで絵画の世界という表現がピッタリの情景であり、一見の価値があります。

最後に動画でもご覧下さい。

幻想的で神秘的な美しさを誇っているこの『モネの池』、皆さんも是非一度訪ねて、まるで絵画の世界のような情景をご自身の目で確かめてみてはいかがでしょうか?

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。Webサイト「日本秘境探訪」(http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  2. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  3. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  4. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  5. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
PAGE TOP