新着記事

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

男鹿大滝|滝が穴を通って落ちてくる摩訶不思議な滝【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

秋田県の男鹿半島は、奇祭として有名な『なまはげ祭り』をはじめとして、「寒風山」や「入道崎」といった景勝地も枚挙に暇がないほどの、全国的に名高い一大観光地です。

そんな男鹿半島の最深部には、滅多に人が立ち寄ることがない『男鹿大滝』という滝があります。

落差は10m程度のこじんまりとした滝ですが、実はこの滝は、滝が岩盤に空いた穴を経由して落ちてくるという全国的にも非常に珍しい滝であるだけでなく、その滝が落ちてくる様子を裏側からも見られるという、まさに奇跡的な滝なのです。

滝の裏側から見ると、本当に神秘的で幻想的な景観です。

やはり、この男鹿大滝はできる限り近付いて滝が穴を経由して落ちてくる様子を見ていただきたい滝です。

それではこの神秘的で幻想的な滝を動画でじっくりとご覧下さい。

この男鹿大滝に行くためは、駐車場から川を約600mほど遡行する必要があります。滝へのルートは特に難しいコースではありませんが、滝にたどり着くまでに川を9回渡る必要があります。

健脚に自信のある方は、長靴等をご用意の上、この神秘的で幻想的な奇跡の滝である男鹿大滝を訪ねてみてはいかがでしょうか。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。Webサイト「日本秘境探訪」(http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 富山県・魚津の町で魚三昧!訪ねて行きたい魚市場見学と美味処3軒
  2. うまさぎっしりの新潟県、旅するなら訪ねて行きたい旨い店4軒
  3. 富山で錫器&マイぐい呑み作りを楽しむ【アート&クラフトを楽しむ富…
  4. 富山で美術館巡り&アートブック作りを楽しむ【アート&クラフトを楽…
  5. 大分・耶馬渓の玄関口「玖珠」周辺の見どころ【天下の奇勝・耶馬溪を…
PAGE TOP