新着記事

ナット・キング・コール『ザ・クリスマス・ソング』

「クリスマス・ジャズ」はなぜこんなに楽しいのか【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道33】

玉の輿婚

「玉の輿」に乗った女性たち、出会いの場はどこ?|3位は学校、2位は職場、1位は?

大賞と各部門賞の選考を終え、記念のカメラに収まる審査員のみなさん。「あったらいいな」の視点から、議論を戦わせた。

第18回 2019年 「サライ大賞」発表|読者が選んだ「サライ世代に優しい商品」

退職時・退職後の税金の申告は?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

会社員でも要注意! 退職時・退職後に税金の申告が必要になる場合とは?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

鶏肉とじゃがいものローズマリーグリル

【管理栄養士が教える減塩レシピ】春だけじゃない!秋も旬のじゃがいもを使った料理2品

副業

年収800万円以上のビジネスマンの約2割が副業している!|副業での年収は「100万円以上~499万円以下」が最多

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(11/18~11/24)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

【ビジネスの極意】「報連相」「CC文化」が招く弊害

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

旅行

丸山千枚田|千枚以上の田んぼを一望できる圧倒的な絶景【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

三重県熊野市にある『丸山千枚田』は、日本の棚田百選にも選ばれている、わが国を代表する棚田景観のひとつです。

見晴台からの景観

この棚田の最大の魅力は、何といっても全景を一望できる見晴台からの景観です。丸山千枚田を目指して車を走らせていると、突如として目の前に広がる実にスケールの大きな棚田景観は、誰でも心の底から感動すること請け合いです。

田んぼの枚数は何と1340枚を数えるとのこと。まさに絶景ですね。

また、この千枚田のちょうど真ん中付近には、見晴台から遠望していてもはっきりとその存在が認識できる大岩があります。写真の真ん中に大岩が写っているのがわかりますね。

大岩に近付いてみましょう。

大岩に近寄ってみると、何でこんなに大きな岩が田んぼの真ん中にポツンとあるんだろう?と不思議な気持ちを抱かせるほどの大きさ。まるでこの千枚田の守り神、主(ぬし)であるかのごとき存在感があります。

この岩の存在によって、棚田景観に一層の重厚感を醸し出しています。

千枚田の中には、車が通ることができる道も整備されていて、駐車スペースも数ヶ所あるので、実に色々な角度からこの棚田景観を堪能することができます。まさに“千枚田”という名前に恥じない景観です。

田んぼが階段状に作られているのがよくわかりますね。

丸山千枚田を下の方から見上げてみました。

さらに熊野古道の通り峠を約25分ほど登って行くと千枚田展望所があり、千枚田をはるか上空から見下ろすようなアングルで全景を俯瞰することができます。

まるで航空写真のようですね!ここまで登っていくのはかなり大変ですが一見の価値はあります。

動画も見てみましょう。

田んぼの枚数が1340枚を数える「丸山千枚田」の圧倒的な景観を目にしたならば、棚田に興味があるなしに関わらず心の底から感動すること請け合いです。紀伊半島・熊野古道を訪ねた際には、この「丸山千枚田」にも足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。HP「日本秘境探訪」http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP