新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

今に残る桃源郷!平家落人伝説に満ちた秘境・祖谷の「落合集落」を訪ねてみた【にっぽん穴場紀行7】

文・写真/佐竹敦

落合集落は、日本三大秘境の一つとされる「祖谷」(いや、徳島県三好市)にある、平家の落人が隠れ住んだと伝えられている山村集落です。国の重要伝統的建造物群保存地区にも選ばれています。

そもそも祖谷地方は、日本三大秘境の一つとされ、日本有数の圧倒的な質と量の平家落人伝説が語り継がれている地です。

現在でも、源氏の追討軍が攻め寄せてきた場合に切り落として侵入を防げるよう、野生のシラクチカズラという植物の蔓を編んで架けたと伝えられている日本三奇橋の一つ「かずら橋」や、日本最古の軍旗といわれている「平家の赤旗」、源氏の追及を避けるために墓碑が建てられていない「平家の墓」など、平家落人伝説にまつわる伝説・伝承や史跡が数多く残されています。

まさに現在に残る隠れ里といった趣があります。

かずら橋

そんな祖谷にある落合集落の高低差は、なんと約390mもあるとのことです。東京スカイツリーには及びませんが、333mの東京タワーよりも「はるかに高い」ことになります。

そんな高低差を、一体どうやって集落内の人は行き来しているのでしょう?

実はこの落合集落は、谷沿いに通っている国道からは一切その姿を見ることができません。あらかじめその場所を知ってないと「たどり着くことは不可能」と思われるほどです。

まさに現在に残された数少ない隠れ里であり、桃源郷と言える場所です。

谷底の川沿いを走る国道(といっても酷道といった方が適当である)からは、落合集落のことを伺い知ることはできません。そもそもどこから落合集落に入ればいいのかもよくわかりません。何度も迷いに迷い、疑心暗鬼にかられつつ悪戦苦闘した末に、九十九折とおぼしき道を延々と登っていくと、ようやく落合集落にたどり着くことができます。

一体なぜこのようなところに集落が……。これぞ、まさしく隠れ里という趣きがあります。

しかしながら、落合集落の中に入って行ったところで、急傾斜地にところ狭しと「へばり付く」ように集落が形成されていることはわかるものの、高低差が390mもあるため、やはりこの落合集落の全容を把握することはできません。

逆に川を挟んで対岸の急傾斜地にある中上集落のことの方がよく見渡せます。そう、実はこの落合集落の全景を展望しようと思ったら、対岸の中上集落側から遠望しないとよくわからないのです。

では改めて、中上集落から落合集落を眺めてみましょう。

中上集落を登って行くと、色々なアングルで落合集落を遠望することができます。一番上には展望台も作られています。

一体この集落の人たちはどうやってコミュニケーションを取っているのでしょうか? 一番下の人が一番上の人に会いに行くだけでも大変ですよね……。この対岸から眺めた落合集落の景観は、にわかには信じられない圧巻の絶景です。

祖谷を訪ねても、有名な「かずら橋」までしか行ったことがないという人が大多数だと思いますが、ぜひそこからさらに足を伸ばして 、日本に残された数少ない本当の隠れ里である落合集落まで訪ねてみてはいかがでしょうか?

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 真田信之ゆかりの地!美しき河岸段丘の街・沼田(群馬県)の見どころ…
  2. 小型船「バルジ」で行くブルゴーニュ地方の運河クルーズ
  3. プチトラン・ジョーヌ|ピレネー山脈の麓を走る黄色い絶景列車
  4. 南フランス「オクシタニー地方」訪ねてみたい8つの美しい街
  5. 神の足跡|神の存在を実感?できる不思議スポット【にっぽん穴場紀行…
PAGE TOP