新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

旅行

溝ノ口岩穴|天孫降臨の高千穂につながる!?神秘的な穴【にっぽん穴場紀行】

文・写真/佐竹敦

にっぽん穴場紀行、今回は文字通り「穴」場をご紹介しましょう。

鹿児島県曽於市財部町の下財部に、かの高千穂峰につながっていると言い伝えられている溝ノ口岩穴(洞穴)という岩穴があります。

高千穂峰(標高1574m)といえば日本神話で天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が天照大神(アマテラスオオミカミ)の命により、葦原の中つ国を統治するため、三種の神器ととも高天原から天孫降臨したとされる場所で、山頂には霧島東神社の社宝で日本三奇の一つとされている天逆鉾が突き立てられています。

高千穂峰を望む霧島神宮古宮址(高千穂河原)は、⽂暦元(1234)年まで霧島神宮が鎮座していた旧境内地です。霧島山の大噴火により消失してしまいましたが、この古宮址は神籬斎場として現在でも祭祀が継続されていて、毎月10日には月次祭が⾏われ、特に11月10日には天孫降臨御神火祭が峰の頂上と斎場で斎⾏されているなど、社殿を失ったあとも神聖視されてきたことが伺えます。

霧島神宮古宮址

そんな日本屈指の聖地の一つである高千穂峰に通じていると言われている岩穴(溝ノ口岩穴)が、こちらです。

本当に高千穂峰に通じているのでしょうか? 中に入ってみましょう!

この岩穴は霧島山系の地下水により凝灰岩が浸食され、数千年の長い年月をかけてつくられた岩穴で、入口は横13.8m、高さ8.6m、全長は224mとのことです。実際に岩穴の中に⼊ってみたところ想像以上に広く大きい空間となっています。

穴というよりは洞窟といった感じで、思いの外に奥の方まで光が届いていて6~70mくらい進んでも高さは頭がぶつからないほどの高さがあり、地面も平坦で、幅も10m以上はありそうな感じでこのままどこまでも続いていそうな感じです。

洞窟の中から振り返ってみると⼊口の穴の先には⿃居が建っていてその姿はとても幻想的な何ともいえない神々しい雰囲気を醸し出していて、不思議と怖い、不気味という気持ちは⼀切抱かず、逆にその場を離れがたいものがあります。

日が差すとさらに一層幻想的な景観を目にすることができます。

穴の中はこの穴を作った地下水が流れる以外の音は⼀切なく、⼼が無になるような静寂の空間で、心が浄化されるような錯覚を覚えます。さらに進んで入口から200m附近には膳棚に似た形があり、地元に伝わる話によると、犬を中に入れたら高千穂峰に出てきたという伝説があるそうです。

最後に動画でもご覧ください。

この溝ノ口岩穴(洞穴)はまだあまり知られていないため、行けばこの神秘的な空間をひとり占めできる可能性が高いです。ぜひ皆さんも、⼀度訪ねてみてはいかがでしょうか。

文・写真/佐竹敦
日本全国の即身仏・一之宮・五重塔・三重塔・滝百選・棚田百選・国分寺跡をすべて訪ね歩いた一人旅の達人。テレビチャンピオン滝通選手権出場。主な著書に「この滝がすごい!」「日本の滝めぐり」等。テレビ東京の「厳選!いい宿ナビ」のコラム執筆、@nifty温泉の記事執筆等、ライターとしても各メディアで活躍中。Webサイト「日本秘境探訪」(http://syakeassi.xsrv.jp/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 北九州市立いのちのたび博物館 日本の博物館ランキング2018 トップ20|旅好きが選ぶ第1位は…
  2. 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング 2018年 評価の高い隠れ宿ランキング|1位は「下呂温泉 今宵天…
  3. 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅…
  4. 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルー…
  5. 日本人は世界一「シャワー室に落ちている髪の毛」が許せない!
PAGE TOP