新着記事

甘えん坊の猫さんに試してみてくださいね 猫の運動不足&ストレス解消には「キャットアジリティー」が効果的【にゃんこサライ特別編】

自由に気ままに生きる動物――そう思われてきた猫。ところが最新の研究では、どうもいろいろと様子…

造園家・小杉左岐さん(72歳)の朝めし自慢「60代に入ってから塩分と油分を控えた献立です」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆現場を退いた60歳から、血圧と腎臓に配慮した食生活を実践。醤…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|日本の伝統皮革・鹿革製のスニーカー

大和の靴づくりの技術と日本の伝統皮革・鹿革が出会って完成した、メイド・イン・ナラのディアスキ…

Culture NIPPON シンポジウム2018 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東京大会が行なわれました

来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック東京大会。この大会は、今年日本で開催されるラグビ…

角野栄子さん 角野栄子さん講演会「現在進行形で生きる」のお知らせ[PR]

セミナー シニアの暮らしを考える『現在進行形で生きる』角野栄子さん講演会2018…

親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉

取材・文/坂口鈴香先日、有料老人ホームを運営していた「未来設計」が経営破たんした。介…

腰丸めストレッチ 1日10回で反り腰を改善!イスに座ってできる簡単腰丸めストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第12回】

文/川口陽海腰の反りが強いと、腰痛の原因になります。今回はいつでもどこでも簡…

アウディ/A7 スポーツバック アウディ A7 スポーツバック|色気を纏った車体に革新技術を詰め込んだ最先端の個性派クーペ【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 旗艦車種A8に次ぐ上級車のA7。その流れるような車体造型…

鯖江のバングルウォッチ|眼鏡職人と漆器職人が作った驚きの時計

1982年創業、鯖江の漆器メーカーである「サンユー」は、漆器作りの技術を活かした新しい製品と…

松茸(てんぷら みかわ 山本益博|「秋のてん種」【食いしん坊の作法 第19回】

写真・文/山本益博今から40年ほど前、「東京味のグランプリ」という食べ歩きのガイドブ…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん
  2. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば365】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「秋立つや一巻の書の読み…

  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明治人のことば364】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝田樗陰)【漱石と明治人のことば363】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重吉)【漱石と明治人のことば362】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば361】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6. 「世の中は根気の前に頭を下げる事を知っています」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば360】

  7. 「名言とは、古来なによりの心の糧だった」(古谷綱武)【漱石と明治人のことば359】

  8. 「柊を幸多かれと飾りけり」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば358】

  9. 「競馬場はもっときれいにしなくちゃいけない」(有馬頼寧)【漱石と明治人のことば357】

  10. 「あはれひとつの息を息づく」(永井ふさ子)【漱石と明治人のことば356】

  11. 新田次郎が婚約者に送ったラブレターのことば【漱石と明治人のことば355】

  12. 「人間が権力にしがみつく、というのはウソだ」(太田垣士郎)【漱石と明治人のことば354】

  13. 「史劇というものは……」(岡本綺堂)【漱石と明治人のことば353】

  14. 「年を取る前に何か好きなことを一つこさえとけ」(横溝正史)【漱石と明治人のことば352】

  15. 「涙を流して苦しむほどに客を笑わせたい」(初代・桂春団治)【漱石と明治人のことば351】

  16. 「わしはゴルフしながらも、常に構想を練っとるんだ」(丹羽文雄)【漱石と明治人のことば350】

  17. 「功業は百歳の後に価値が定まる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば349】

  18. 「芸術は衣食の手段にするものではない」(青山二郎)【漱石と明治人のことば348】

  19. 「時代に没頭していては時代を批評する事ができない」(石川啄木)【漱石と明治人のことば347】

  20. 岩波書店創立者・岩波茂雄が開業挨拶に記した決意のことば【漱石と明治人のことば346】

  21. 「俺は中学を一番で出た。もっともビリから数えての話だが」(正力松太郎)【漱石と明治人のことば345】

  22. 「親があっても、子は育つ」(坂口安吾)【漱石と明治人のことば344】

  23. 「世界主義も国家主義も、どちらにも相当の理由がある」(上田敏)【漱石と明治人のことば343】

  24. 「いろんな男の人をみてきたけど…」(夏目漱石の妻)【漱石と明治人のことば342】

  25. 「新聞記者など、てるてる坊主のようなもの」(成島柳北)【漱石と明治人のことば341】

  26. 「この地上で、買い出しほど好きな仕事はない」(檀一雄)【漱石と明治人のことば340】

  27. 「報酬は月二百円、ただし盆暮の賞与は頂戴致したく候」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば339】

  28. 「年を取ってから後の夫婦の絆とは…」(石川達三)【漱石と明治人のことば338】

  29. 「江戸っ子になろうと思って、江戸っ子のまねをした」(エリセーエフ)【漱石と明治人のことば337】

  30. 「私の一生は多幸だったと思います」(菊池寛)【漱石と明治人のことば336】

PAGE TOP