新着記事

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

洗剤

「風呂の残り湯は使わない」「毎日洗濯しない」|令和時代の洗い方

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「世の中は根気の前に頭を下げる事を知っています」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば360】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「根気づくでお出でなさい。世の中は根気の前に頭を下げる事を知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。それだけです」
--夏目漱石

夏目漱石が大正5年(1916)8月24日付で、芥川龍之介と久米正雄宛てに送った手紙の一節である。芥川と久米のふたりは、この7月に東京帝国大学を卒業したばかり。一緒に千葉の一の宮海岸に避暑に出かけて同じ宿に泊まり、そこから漱石宛てにしきりと手紙を書き送っていた。この手紙はそれに対する返書の一通であり、

「この手紙をもう一本君等に上げます。君等の手紙があまりに溌剌としているので、無精の僕ももう一度君等に向って何か云いたくなったのです」

とはじまっている。芥川や久米の若々しい青春の気が、老境に入らんとする漱石に刺激を与え、若返ったような心持ちにさせていたのである。漱石が、同人誌に掲載された芥川の『鼻』を激賞して文壇デビューへの後押しをしてから、半年ほどが過ぎていた。

漱石は彼らに、「牛になれ」と説く。あせらず黙々と、「ただ牛のように図々しく進んで行くのが大事です」と説く。根気よく、うんうんと、死ぬまで押していけと励ます。

「決して相手を拵えて押しちゃいけません。相手はいくらでも後から後からと出て来ます。そうして吾々を悩ませます。牛は超然として押して行くのです。何を押すかと聞くなら申します。人間を押すのです」

人生山あり谷あり、思うに任せぬことも多い。誰か相手をこしらえて打ち負かそうとするのでなく、根気強く、自分という人間を押して、押して、押し通して、人生を渡っていけということだろう。

これは、若い門下生たちにぜひとも言い残しておきたいことば、ある意味では遺言のようなものではなかったか。そしてそれはそのまま、私たち現代人へのメッセージになっている。慈愛と教訓に満ちたやさしい言葉遣いの向こうには、肩肘はるのをやめて温和な表情で端座している漱石の姿が感じられる。

漱石はこの頃、髪も髭も白くなり体も弱ってきている。己の遠からぬ死も意識している。それは自ずと手紙文の行間にもにじみ、芥川はこの返書を受け取った直後、8月28日付の手紙でこんなふうに書かずにはおれなかった。

「どうかお体を大事になすって下さい。修善寺の御病気以来、実際、我々は、先生がねてお出でになるというと、ひやひやします。先生は少なくとも我々ライズィングジェネレエションの為めに、何時も御丈夫でなければいけません」

しかし、芥川たちのこうした願いも空しく、漱石は芥川の第一短編集『羅生門』が世に出るのを見届けることもなく、この年の12月9日、黄泉路をたどるのである。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  3. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  4. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  5. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
PAGE TOP