新着記事

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明治人のことば364】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
《年々歳々に人間と云うものは、年の暮れには過去の追憶をしたり回想をしたりしないわけには行かず、また年の初めには希望をかけたり志を振い興したりしないわけには行かないものである》
--幸田露伴

今年も残すところわずか。まもなく新しい年が来る。

年末には去りゆく年を振り返りつつ正月の準備に追われ、年が明けると1年の抱負や目標を立てたりする。それをはるか昔から繰り返している人間というものに、幸田露伴は改めて目を向け、掲出のようなことばを綴るのである(随筆『新年言志について』より)。

この繰り返しは、一見愚にもつかないもののように思えるが、露伴はこれを否定せず、むしろ肯定的にとらえる。一年に四季があって樹木にも年輪ができ、竹にも節ができる。大晦日や正月があって、仮定的ではあるが年の関というものができるのだから、ちょっと思い入れをもってその関門を通った方がよい。そう説いていくのである。

そんな露伴の住む「蝸牛庵」の正月は、家族にとって気の抜けない空気に満ちていた。そもそも庵主の露伴は、あらゆる有職故実に通じ、徹底した行儀作法や立ち居振る舞いを、次女の幸田文に叩き込んだうるさ型。お気楽な寝正月など、あり得るはずもなかった。

元旦、主は客間の床近い座に、いつにも増して厳めしくよそよそしい様子で座している。そこに正装した子供たちがやってきて、新年の挨拶を高らかにする。そこから、幸田家の正月は始まる。

屠蘇を酌み交わすにも厄介な手続きが要る。家族の前に順に膳が配られるのを待って、文だけが立って通い口にいったん着座して一礼。おもむろに部屋のまんなかを床前へ行く。床にある塗り物の道具を、おおいを払って広蓋ごと露伴の前に捧げ、ようやっと盃が登場してくるという次第。この間、露伴の射るような視線を全身に浴びて、文は極度の緊張でがたがたと、ふるえ通しにふるえてしまうというのだった。

露伴は食にもうるさかった。だから、幸田家では正月用の馳走の準備も大変だった。「正月の酒肴は保存食で事足りる」とばかり、露伴は暮れのうちにあれこれ指図して準備させる。ある年の正月に用意した酒肴を、次女の幸田文が書き留めている。それによると、からすみ、雲丹、このわた、紅葉子(もみじこ)、はららご、カヴィヤ、鮭のスモーク、チーズ、タン、ピクルス、おきまりの口取り、数の子、野菜の甘煮、豆のいろいろ、ゆばに菊のり、生椎茸、鮎の煮びたし、雉の味噌漬。ダシにもやかましく、かつお、昆布、鶏骨をそろえる。なかなか大層なものである。

ところが、そうしておきながら、いざ年始の客を迎えて飲み出すと、庵主はあっさりと前言を忘れる。いまつくり立ての新鮮な皿を欲するのである。給仕する側は翻弄されつつ働き、結果として、気ばかりか肩までが張る正月となるのだった。

だが、これを押し通し、周りにも「しなければ」と思わせてしまうところに露伴の大きさがあった。深い教養に裏付けられた万般への目配りが、作品のみならず生き方の底に漲っていて、人を魅了し動かしたのだろう。

年頭の抱負なども、露伴は「よし」としている。新年に志を表明したりすれば、誰しもそれをできる限り履行しようと努めることになる。それが、自己を完成する上にはひとつの良策となる。そんなふうに指摘するのである。

さて、皆さんは、ゆく年をどう振り返り、くる年にどんな抱負をいだくのだろうか。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

「サライおみくじ」で今日の運勢をチェック!おみくじには「漱石と明治人のことば」からの選りすぐりの名言が表示されます。どの言葉が出てくるか、クリックしてお試しください。
↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば…
  2. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  3. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  4. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
  5. 「世の中は根気の前に頭を下げる事を知っています」(夏目漱石)【漱…
PAGE TOP