新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 明治維新の立役者「大久保利通」の座右の銘とは【漱石と明治人のことば335】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「為政清明」--大久…

  2. 嫁姑問題に悩んでいた森鴎外が小説にもらした本音【漱石と明治人のことば334】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  3. 高見順が病床で書きとめた切なすぎる詩の一節【漱石と明治人のことば333】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  4. 「漫画は大人にならなければ描けません」(田河水泡)【漱石と明治人のことば332】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5. 漱石も認めた美貌の才女が『吾輩は猫である』に物申したことば【漱石と明治人のことば331】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6. 「ああ寒いほど独りぼっちだ!」(井伏鱒二)【漱石と明治人のことば330】

  7. 夏目漱石が仏師・運慶の巧みな技を活写したことば【漱石と明治人のことば329】

  8. 武者小路実篤が病床の妻にあてて綴った愛のことば【漱石と明治人のことば328】

  9. 「書物の必要性は一年一年と感じてくるもの」(正岡子規)【漱石と明治人のことば327】

  10. 「夫婦は親しきを以て原則とし、親しからざるを以て常態とす」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば326】

  11. 「小説で成功するには日本橋の真ん中で素裸になる勇気が要る」(岡本一平)【漱石と明治人のことば325】

  12. 「小学生が遠足に出るような気持ちだね」(十河信二)【漱石と明治人のことば324】

  13. 「今の奈良は、名画の残欠が美しいように美しい」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば323】

  14. 「文学者たらんと欲せば漫然として年をとるべからず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば322】

  15. 「心に太陽を持て」(山本有三)【漱石と明治人のことば321】

  16. 「慶喜は徳川を潰した人、私は建てた人」(徳川家達)【漱石と明治人のことば320】

  17. 「みな着飾って歩む中に、食う米のない己がいる」(島田清次郎)【漱石と明治人のことば319】

  18. 「ひかり列車の便所に入りゃキバる間に五里走る」(砂川捨丸)【漱石と明治人のことば318】

  19. 「朝は少々早く起きるように注意ありたし」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば317】

  20. 「自分は生きている。それが一切なのだ」(椎名麟三)【漱石と明治人のことば316】

  21. 「すべての人が、師であり友であった」(中谷宇吉郎)【漱石と明治人のことば315】

  22. 「家は十坪、庭は三坪、それでも青空を仰ぎ永遠を思うに足る」(徳冨蘆花)【漱石と明治人のことば314】

  23. 「女たちはみな一人ひとり天才である」(平塚らいてう)【漱石と明治人のことば313】

  24. 「信実と誠実となくしては、礼儀は茶番であり芝居である」(新渡戸稲造)【漱石と明治人のことば312】

  25. 「恋しつつ、別離して、身を震わせつつ堪える」(堀辰雄)【漱石と明治人のことば311】

  26. 「戦うよりもゆるすことの修養をしませんか」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば310】

  27. 「君は知つてゐるか/全力で働いたあとで飯を食ふ喜びを」(千家元麿)【漱石と明治人のことば309】

  28. 「人生の本舞台は常に将来にあり」(尾崎行雄)【漱石と明治人のことば308】

  29. 美貌の女流歌人が残した悪女の香り漂う妖艶な歌【漱石と明治人のことば307】

  30. 夏目漱石のやさしさあふれる門弟・寺田寅彦への手紙【漱石と明治人のことば306】

PAGE TOP