新着記事

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

大音楽家バーンスタインの破天荒でカラフルな祈りの音楽を聴く【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)今年はレナード・バーンスタインの生誕100年である。20…

江戸城4代天守はなぜ再建されなかったのか|幻となった不遇の城をCGで再現

家綱の叔父・保科正之が天守無用論を唱えて中止3代将軍家光が没し、嫡男家綱…

純銀製の玉盃|酒を注ぐと球体の中に餅つきうさぎが浮かぶ盃

酒を注ぐと銀盃の真ん中に、レンズのような「玉」が浮かび上がる。玉の中には、餅つきをするうさぎ…

腰痛改善は「お尻」の筋肉から!簡単ストレッチを紹介【川口陽海の腰痛改善教室 第1回】

文/川口陽海人生で誰もが一度は悩まされるという腰痛。もしあなたがなかなか治ら…

缶詰そのままはもう古い|「サバ缶」ブームを支える新しい食べ方

サバの缶詰、通称「サバ缶」の人気がすごい。2年ほど前からサバの人気が高まり始め、同時に手軽で安く…

知れば知るほど奥が深い。今輝く、神秘の国・ミャンマーを訪ねる【3】インレー湖

取材・文/関屋淳子インドシナ半島西部、タイ、ラオス、中国、インド、バングラデシュと国境を接するミ…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

漱石と明治人のことば

  1. 明治維新の立役者「大久保利通」の座右の銘とは【漱石と明治人のことば335】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「為政清明」--大久…

  2. 嫁姑問題に悩んでいた森鴎外が小説にもらした本音【漱石と明治人のことば334】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  3. 高見順が病床で書きとめた切なすぎる詩の一節【漱石と明治人のことば333】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  4. 「漫画は大人にならなければ描けません」(田河水泡)【漱石と明治人のことば332】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  5. 漱石も認めた美貌の才女が『吾輩は猫である』に物申したことば【漱石と明治人のことば331】

    文/矢島裕紀彦今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、…

  6. 「ああ寒いほど独りぼっちだ!」(井伏鱒二)【漱石と明治人のことば330】

  7. 夏目漱石が仏師・運慶の巧みな技を活写したことば【漱石と明治人のことば329】

  8. 武者小路実篤が病床の妻にあてて綴った愛のことば【漱石と明治人のことば328】

  9. 「書物の必要性は一年一年と感じてくるもの」(正岡子規)【漱石と明治人のことば327】

  10. 「夫婦は親しきを以て原則とし、親しからざるを以て常態とす」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば326】

  11. 「小説で成功するには日本橋の真ん中で素裸になる勇気が要る」(岡本一平)【漱石と明治人のことば325】

  12. 「小学生が遠足に出るような気持ちだね」(十河信二)【漱石と明治人のことば324】

  13. 「今の奈良は、名画の残欠が美しいように美しい」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば323】

  14. 「文学者たらんと欲せば漫然として年をとるべからず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば322】

  15. 「心に太陽を持て」(山本有三)【漱石と明治人のことば321】

  16. 「慶喜は徳川を潰した人、私は建てた人」(徳川家達)【漱石と明治人のことば320】

  17. 「みな着飾って歩む中に、食う米のない己がいる」(島田清次郎)【漱石と明治人のことば319】

  18. 「ひかり列車の便所に入りゃキバる間に五里走る」(砂川捨丸)【漱石と明治人のことば318】

  19. 「朝は少々早く起きるように注意ありたし」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば317】

  20. 「自分は生きている。それが一切なのだ」(椎名麟三)【漱石と明治人のことば316】

  21. 「すべての人が、師であり友であった」(中谷宇吉郎)【漱石と明治人のことば315】

  22. 「家は十坪、庭は三坪、それでも青空を仰ぎ永遠を思うに足る」(徳冨蘆花)【漱石と明治人のことば314】

  23. 「女たちはみな一人ひとり天才である」(平塚らいてう)【漱石と明治人のことば313】

  24. 「信実と誠実となくしては、礼儀は茶番であり芝居である」(新渡戸稲造)【漱石と明治人のことば312】

  25. 「恋しつつ、別離して、身を震わせつつ堪える」(堀辰雄)【漱石と明治人のことば311】

  26. 「戦うよりもゆるすことの修養をしませんか」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば310】

  27. 「君は知つてゐるか/全力で働いたあとで飯を食ふ喜びを」(千家元麿)【漱石と明治人のことば309】

  28. 「人生の本舞台は常に将来にあり」(尾崎行雄)【漱石と明治人のことば308】

  29. 美貌の女流歌人が残した悪女の香り漂う妖艶な歌【漱石と明治人のことば307】

  30. 夏目漱石のやさしさあふれる門弟・寺田寅彦への手紙【漱石と明治人のことば306】

PAGE TOP