新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

「秋立つや一巻の書の読み残し」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば365】

sousekiKotobaBanner2

文/矢島裕紀彦

今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。

【今日のことば】
「秋立つや一巻の書の読み残し」
--夏目漱石

その日の朝、漱石はいつものように、自宅書斎の紫檀の文机に向かった。午前中のうちに朝日新聞に連載進行中の『明暗』1回分の執筆を終えるのが、この頃の漱石の日課だった。

ところが、1文字も書かぬうちに倒れた。家政婦のひとりが昼食前に服用する持薬をもっていくと、机の前の絨毯の上にうつ伏せに倒れている漱石を発見したのである。漱石は、胃潰瘍の発作にじっと耐えていたのだった。

駆けつけた鏡子夫人が漱石の傍らで言った。

「具合が悪いようでしたら床をとりましょうか?」

漱石は「ああ」と返事をして、こうつづけた。

「人間もなんだな、死ぬなんてことは何でもないもんだな。俺はこうやって苦しんでいながら辞世を考えたよ」

縁起でもないと思った鏡子はその言葉にとりあわず、床を延べ漱石を寝かせた。机の上の原稿用紙はまっさらなままで、右肩に「189 」という数字だけが書かれていた。前日に『明暗』第188 回の原稿を書き上げ、次の原稿用紙に心覚えの数字を記しておいたものであった。時に、大正5年(1916)11月26日。この病臥が、そのまま漱石の臨終につながっていく。

それから2週間後の12月9日の夕刻、家族や門弟、主治医に看取られ漱石は逝く。満年齢で50歳に2か月ほど足りない生涯だった。

これより3か月ほど前、大正5年(1916)9月2日付で、漱石は芥川龍之介あてに一通の手紙を書き送っている。芥川の小説『芋粥』を読んだ感想を記したもので、全体の出来栄えを称讃しながらも、あえて細かな難点を指摘している。「この批評は君の参考の為です。僕自身を標準にする訳ではありません。自分の事は棚へ上げて君のために(未来の)一言するのです」とある通り、芥川の才能の素晴らしさを認め、その将来に大きな期待を寄せるが故の批評であった。

そして、その手紙の末尾に綴り込んだのが掲出の句。そこには、鏡子が聞き取ることのなかった漱石の辞世に似た味わいが、すでにして現われている。

文/矢島裕紀彦
1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 100の言葉』(監修/宝島社)などがある。2016年には、『サライ.jp』で夏目漱石の日々の事跡を描く「日めくり漱石」を年間連載した。

【読者のみなさまへ】
これまで1年を通して毎日お届けしてきた『漱石と明治人のことば』は、今回をもって最終回となります。長らくのご愛読、ありがとうございました。ご感想や筆者・矢島裕紀彦さんへのメッセージなど、ぜひ下記へメールにてお送りいただければ幸いです。宛先メールアドレスは serai@shogakukan.co.jp です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「年の暮れには追憶を、年の初めには希望を」(幸田露伴)【漱石と明…
  2. 「見果てねど はた見あきねど我が夢は 四十余年の夢多き日々」(滝…
  3. 「子供のために一流の文学者が進んで執筆しなければ嘘だ」(鈴木三重…
  4. 最晩年の谷崎潤一郎が愛する風景を詠んだ歌【漱石と明治人のことば3…
  5. 「世の中は根気の前に頭を下げる事を知っています」(夏目漱石)【漱…
PAGE TOP