新着記事

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

ココロとカラダの健康のために! 意識すべき3つの「ホルモン」

文/中村康宏現代病と言われるうつ病や生活習慣病。これらの原因になっているのは、残業な…

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

新潟県の「亀田郷」(現新潟市)に約300年前から伝わる綿織物が「亀田縞」だ。農民が織りはじめ…

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

文/印南敦史「昔にくらべ、なにかに感動しなくなった」とか、嫌なことがあると、ずっと引きず…

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

取材・文/末原美裕春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと…

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

人は誰でも褒められばうれしいもの。だが、褒めて伸ばす、とモットーとしても、そればかりでいいのだろ…

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

取材・文/藤田麻希京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると…

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

文/一乗谷かおり 猫にもあるPTSD昨年発生した大阪府北部地震の際、SNSなどをチェック…

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

江戸料理

  1.  

    ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レシピ11】

         

    文・料理再現/小野寺佑子磯の香りたっぷりで、濃厚でクリーミーな味わいがたまらない牡蠣。江戸時代の人たちも牡蠣が大好きでした。江戸時代中期には広島湾で養殖が始められ、大阪の川筋には牡蠣料理が楽しめる「牡蠣船」が浮かべられ、大い…

  2.  

    鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江戸飯レシピ10】

         

    肉食への禁忌が強かった江戸時代ですが、鳥肉には比較的寛容だったようです。その証拠に、寛永20…

  3.  

    のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯レシピ9】

         

    文・料理再現/小野寺佑子日本人が鶏卵を食べるようになったのはいつからでしょう? 記録…

  4.  

    独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理3】

         

    文・写真/馬場吉成滋賀県の名産品である「鮒寿司」(ふなずし)は、魚を塩とご飯とを使い…

  5.  

    臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り方【酒がすすむ醸し料理2】

         

    文・写真/馬場吉成“臭い食べ物”といって思いつくものを挙げてもらうと、かなり上位に名…

  6.  

    江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「煮貫」(にぬき)【酒がすすむ醸し料理1】

         

    文・写真/馬場吉成蕎麦やうどんを食べる際には、今では醤油や砂糖、味醂などを使って作る…

  7.  

    いわば江戸版クレープ!利休好みの菓子「ふのやき」の作り方【再現!江戸飯レシピ8】

         

    茶人千利休が茶会でよく用いたといわれる茶菓子のひとつ「ふのやき」。「麩の焼き」と書き、「麩」…

  8.  

    握り寿司誕生の裏に「お酢の革命」あり!寿司酢に砂糖を入れるワケ【江戸庶民の食の知恵】

         

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、すし(鮨/鮓/寿司)といえば…

  9.  

    雷鳴のようなバリバリ音が食欲をそそる!豆腐の油炒め「雷豆腐」【再現!江戸飯レシピ7】

         

    本連載の第1回目で、豆腐料理ばかりを100種類紹介する料理本『豆腐百珍』をご紹介しましたが、…

  10.  

    1日3食は江戸時代から!その意外な2つの理由とは【江戸庶民の食の知恵】

         

    文/車浮代(江戸料理・文化研究家)現代では、基本的に1日3食が当たり前ですが、これが…

  11.  

    江戸時代に「魚の毒を消す」と信じられていた意外な食品とは【江戸庶民の食の知恵】

         

    昨今、和食に注目が集まっていますが、和食のルーツ・江戸時代の食文化についての解説はほとんどあ…

  12.  

    万能調味料・煎り酒で食す江戸版ポーチドエッグ磯菜卵(いそなたまご)の作り方【再現!江戸飯レシピ6】

         

    かつて日本では、仏教の戒律により肉や卵などを食べることは禁忌とされていました。しかし、江戸時…

  13.  

    これぞ江戸ッ子のスタミナ料理!ニラたっぷり「ニラ雑炊」の作り方【再現!江戸飯レシピ5】

         

    疲労回復に効果的なスタミナ野菜といえばニラです。東アジアが原産ですが、『古事記』や『万葉集』…

  14.  

    しょうがの香りがやみつきに!江戸の料理書『甘藷百珍』の「衣かけ芋」【再現!江戸飯レシピ4】

         

    さつま芋が日本に渡ってきたのは江戸時代初期で、普及したのは中期といわれています。享保の大飢饉…

  15.  

    お酒の〆に乙な味!4種の薬味で変化を楽しむ江戸時代の「玉子粥(がゆ)」【再現!江戸飯レシピ3】

         

    飲み過ぎた後に、二日酔いの朝に、体に嬉しい「玉子粥(がゆ)」。ごはんを煮て、かき玉子を加えて…

  16.  

    江戸っ子の遊び心!精進料理の逆をいく「イカうどんもどき」の作り方【再現!江戸飯レシピ第2回】

         

    精進料理では生臭物を使った料理はタブー。そのため、野菜を使って、肉や魚に見立てた“もどき料理…

  17.  

    お酒のアテにぴったり!一晩でできる『豆腐百珍』の「味噌漬豆腐」【再現!江戸飯レシピ 第1回】

         

    今回から始まるシリーズ「再現!江戸飯レシピ」。江戸時代の料理本を元に、筆者が当時の料理を再現…

PAGE TOP