新着記事

ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧対応マニュアル ギックリ腰を早く治す!やっていいこと悪いこと完璧マニュアル【川口陽海の腰痛改善教室 第6回】 アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド アメリカで広く実践される究極のストレスコントロール・メソッド【予防医療最前線】 100歳以上の百寿者 いまや約7万人!100歳以上の百寿者が身につけている生活習慣とは? コンプライアンス 【ビジネスの極意】もし、あなたの部下が「道頓堀ダイブ」したら、どうする? 日本の美術館 日本の美術館ランキング2018 トップ20 JAZZ遺言状 寺島靖国氏が語るジャズ7箇条|『JAZZ遺言状』 死亡率は1割ほど 「10数えてズドン!」は大間違い。アメリカのリアルな「決闘」ルールとは? 隣り合っていながら絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 静岡vs山梨、千葉vs埼玉|絶対に負けられない「犬猿県」の終わりなき戦い 山本益博|「江戸前」の握り鮨は、「まぐろ」がないと始まらない。【食いしん坊の作法 第13回】 快適に過ごせる靴との出会い 実践!正しい靴の履き方講座【快適に過ごせる靴との出会い vol.1】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

料理レシピ

のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯レシピ9】

文・料理再現/小野寺佑子

日本人が鶏卵を食べるようになったのはいつからでしょう? 記録が残っているのは江戸時代からといわれています。しかしながら、仏教の戒律の影響で、肉食は禁忌とされていたので、江戸時代前半は闘鶏を目的として飼われていた鶏からしか採卵できず希少なものだったそうです。

時代が下り、江戸時代後半になると、採卵を目的に鶏が飼育されるようになり、卵食は庶民の食卓に上がるようになってきました。

それでも、卵は高級品でした。江戸時代後期の風俗随筆『守貞謾稿』によると、茹で卵売りが大き目のサイズの卵1個を20文で売っていたとあります。蕎麦1杯が16文だったことを考えると……その価値がわかりますよね。

さて、今回はそんな江戸時代に発行された料理書『万宝料理秘密箱』から、「粕漬け卵」をご紹介します。作り方はいたってシンプルで、ゆで卵を酒粕に漬けるだけ。でもこれが実に旨いのです。

では、さっそく作ってみましょう。

【粕漬け卵の材料】は下記の通りです。

茹で卵(半熟) 2個
酒粕 150g
50g
青のり (お好みで)

まず酒粕に酒を加えてやわらかくしたものに、殻をむいた茹で卵を漬けこみます。このときラップを使うと、酒粕の量が少なくてすむのでおすすめです。

これをパックに入れて丸2日漬けこめば完成です。

切って皿に盛り付け、お好みで青のりをかけていただきましょう!

ひと口食べると、口の中に酒粕の芳醇な風味が広がります。のんべえのつまみにぴったりです!

ご紹介したレシピは、『万宝料理秘密箱』通りに作りましたが、正直なところ筆者はちょっと物足りなく感ました。そこで後日、塩とみりんを加えて再チャレンジしてみたところ、味がグッとしまってより美味しくなりました。

お好みの味つけで楽しんでみてください!

【参考文献】
『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房)
『江戸の料理と食生活』(編 原田信男/小学館)
『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)
※分量や細かい作り方は原本に記載されていないため、筆者が作った方法でご紹介しています。

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ふき味噌との相性抜群!江戸流「牡蠣田楽」の作り方【再現!江戸飯レ…
  2. 鴨肉と味噌が相性抜群!江戸時代の「ことり雑炊」の作り方【再現!江…
  3. 独特な香りと旨味がクセに!滋賀の「鮒寿司」を使った簡単酒肴の作り…
  4. 臭いの向こうの奥深き旨み!「焼きくさや」を使ったオツな酒肴の作り…
  5. 江戸っ子は蕎麦もうどんもコレで食べてた!滋味深い江戸の味噌つゆ「…
PAGE TOP