新着記事

ダイナミックすぎる『オメガパーク』で体重約1トンの巨大野生動物に出会う

文・写真/藤木 香(カナダ在住ライター)いつかこの目で本物のカリブー(トナカイ)を見…

キリシタン大名・高山右近と加賀前田家との意外な深イイ関係とは【にっぽん歴史夜話5】

 文/砂原浩太朗(小説家)キリシタン大名として著名な高山右近(たかやま・うこん、1552~1…

【夕刊サライ/福澤朗】カレーに合う日本酒!? 知る人ぞ知る「貴醸酒」に脱帽(福澤朗の美味・料理コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

軽症うつ病の治療にも効果的な「不眠解消」の具体的方法【名医に聞く健康の秘訣】

取材・文/わたなべあや人生、どうしても壁にぶち当たることがあります。離婚や介護、過労…

白洲次郎夫妻の旧邸「武相荘」を味わい尽くす写真イベント《Art of Life(日常の美)》

終戦直後、GHQとの折衝を担った実業家・白洲次郎と、日本の美意識を探究しつづけた稀代の随筆家…

【夕刊サライ/パラダイス山元】突き抜けた、極端なことだらけの生まれ故郷への旅(パラダイス山元の旅行コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

美味

のんべえにおすすめ!江戸時代の「粕漬け卵」の作り方【再現!江戸飯レシピ9】

文・料理再現/小野寺佑子

日本人が鶏卵を食べるようになったのはいつからでしょう? 記録が残っているのは江戸時代からといわれています。しかしながら、仏教の戒律の影響で、肉食は禁忌とされていたので、江戸時代前半は闘鶏を目的として飼われていた鶏からしか採卵できず希少なものだったそうです。

時代が下り、江戸時代後半になると、採卵を目的に鶏が飼育されるようになり、卵食は庶民の食卓に上がるようになってきました。

それでも、卵は高級品でした。江戸時代後期の風俗随筆『守貞謾稿』によると、茹で卵売りが大き目のサイズの卵1個を20文で売っていたとあります。蕎麦1杯が16文だったことを考えると……その価値がわかりますよね。

さて、今回はそんな江戸時代に発行された料理書『万宝料理秘密箱』から、「粕漬け卵」をご紹介します。作り方はいたってシンプルで、ゆで卵を酒粕に漬けるだけ。でもこれが実に旨いのです。

では、さっそく作ってみましょう。

【粕漬け卵の材料】は下記の通りです。

茹で卵(半熟) 2個
酒粕 150g
50g
青のり (お好みで)

まず酒粕に酒を加えてやわらかくしたものに、殻をむいた茹で卵を漬けこみます。このときラップを使うと、酒粕の量が少なくてすむのでおすすめです。

これをパックに入れて丸2日漬けこめば完成です。

切って皿に盛り付け、お好みで青のりをかけていただきましょう!

ひと口食べると、口の中に酒粕の芳醇な風味が広がります。のんべえのつまみにぴったりです!

ご紹介したレシピは、『万宝料理秘密箱』通りに作りましたが、正直なところ筆者はちょっと物足りなく感ました。そこで後日、塩とみりんを加えて再チャレンジしてみたところ、味がグッとしまってより美味しくなりました。

お好みの味つけで楽しんでみてください!

【参考文献】
『料理百珍集』(校註・解説 原田信男/八坂書房)
『江戸の料理と食生活』(編 原田信男/小学館)
『江戸料理読本』(著者・松下幸子/ちくま学芸文庫)
※分量や細かい作り方は原本に記載されていないため、筆者が作った方法でご紹介しています。

文/小野寺佑子
撮影/五十嵐美弥

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 自宅で蟹三昧!知っておきたい毛ガニの上手なむきかた
  2. 自宅で蟹三昧!知っておきたいタラバガニのむきかた
  3. 名人直伝!ズワイガニの上手なむきかた【動画あり】
  4. 粉チーズで栄養補給!毎日3食「カル足し!」健康生活のススメ[PR…
  5. 元まぐろ船コック長が教える豪快まぐろ料理のレシピ7つ
PAGE TOP